英語の不定冠詞a/anの使い方はこれでバッチリ!練習問題付きで徹底解説

英語の不定冠詞a/anの使い方はこれでバッチリ!練習問題付きで徹底解説

英語の不定冠詞a/anの使い方を練習問題付きで詳しく解説していきます。

英文法が苦手な方はぜひ参考にしてみてください。

英語の不定冠詞a/anの主な使い方

英語の不定冠詞a/anの主な使い方を見ていきましょう。

特定しない1人(1つ)を意味する

不定冠詞と呼ばれる「a」や「an」は特定しない1人(1つ)を意味します。

Helen has been married for 3 years and has a child.
ヘレンは結婚して3年目で、子どもが1人います。

Could you do me a favor?
お願いを聞いてもらえない?

It’s a good question.
それはいい質問ですね。

A whale is a mammal.
鯨は哺乳類です。

Michelle is an English teacher. She teaches at WWV University.
ミッシェルは英語教師です。WWV大学で教えています。

Paul is going to be a grandfather soon.
ポールはもうすぐお爺ちゃんになる。(孫が生まれる)

She spent her senior year of high school as an exchange student in Australia.
彼女は高校3年の時、交換留学生としてオーストラリアで1年間過ごした。

たくさんあるうちの1人(1つ)を意味する

「a」や「an」 は同じような人や物が他にもたくさんあり、その人(それ)がその1人(1つ)であることを表します。

I’ll go shopping and buy a pair of jeans.
買い物に行ってジーンズを一本買おう。

“How will you get there?”
“I’ll take a bus.”
「どうやってそこへ行くの?」
「バスで行くわ。」

英語の不定冠詞の注意点

後に続く単語の発音が母音 a/e/i/o/u の場合は a ではなく anを使います。

She gave me an apple.
彼女はリンゴを一つくれた。

Rudy is an old friend of mine.
ルーディは古い友人の一人です。

発音しない h で始まる hour のような単語にも an を使います。1時間は a hour ではなく an hour です。8 や M など、見た目では気づかない母音にも気をつけましょう。(どちらも母音「エ」で始まる)

Nancy is an 8-year-old girl.
ナンシーは8歳の女の子です。

Her name starts with an M, but I can’t remember it for the life of me!
彼女の名前はMで始まるんだけど、どうしても思い出せない…

反対に、母音で始まっていても発音が母音でなければ a を使います。

例えばユニフォームの綴りは uniform ですが、「ユ」の音で始まっているので、1枚のユニフォーム(制服)は a uniform。同様に、1円玉1つは a one-yen coin です。

ちなみに「もう一つ」や「別の」という意味で使われる another は母音で始まる other の前に冠詞 an が付いたものです。

Could you show me another picture?
写真をもう一枚見せてくれませんか。
*複数の他の写真を見せてもらうなら”some other pictures”です

不定冠詞a/anの使い方がわかる練習問題

不定冠詞a/anの使い方がわかる練習問題です。

Q1. [ ]内の語句を使って次の質問に対する答えの文章を書いてください。それぞれ絵が表す内容に合わせてください。

不定冠詞a/anの挿絵

[ pilot dentist nurse hairdresser engineer ]

例)What do you do for a living?
答え:I’m a singer.

1. What do you do (for a living)?

2. How’s your son doing? What does he do?

3. What’s his job?

4. Can I ask you what your profession is?

5. How’s your daughter doing? What does she do?

Q2. [ ]内の語句を並べ替えて意味の分かる文章を完成させてください。ただし、それぞれ必要な冠詞aまたはanを補ってください。(1つとは限りません。)

1. I [ coffee / of / myself / cup / made ].

2. Did you know [ tomato / fruit / is / that ]?

3. You [ horse / water / can / to / lead ], but you can’t make him drink.
*him:馬

4. [ boy / is / 8-year-old / Frank ].

5. One [ their / architect / of / became / sons ].

Q3. 次の文章にはそれぞれ1ヶ所ずつ冠詞の使い方に誤りがあります。(a/anが抜けているもの、不必要な冠詞が使われているものなど)例にならって訂正してください。

例)He has cat. ( cat → a cat )
It’s a ten o’clock. ( a ten → ten )
*冠詞に続く単語を記入してください。

1. There was a old castle near the river.
( → )

2. I prefer a bread for breakfast.
( → )

3. Are you waiting for your a husband to come home?
( → )

4. The name of the file starts with a “s”.
( → )

5. He’s American actor and film director.
( → )

不定冠詞a/anの使い方がわかる練習問題の解説

不定冠詞a/anの使い方がわかる練習問題の解説です。

Q1. [ ]内の語句を使って次の質問に対する答えの文章を書いてください。それぞれ絵が表す内容に合わせてください。

不定冠詞a/anの挿絵

[ pilot dentist nurse hairdresser engineer ]

1. What do you do (for a living)?
I’m a hairdresser.
ご職業は?
美容師です。

2. How’s your son doing? What does he do?
He’s a pilot.
息子さんはお元気ですか。何をしていらっしゃるの?
パイロットです。

3. What’s his job?
He’s an engineer.
彼の仕事は何ですか。
エンジニアです。

4. Can I ask you what your profession is?
I’m a dentist.
ご職業を伺ってもよろしいですか。
歯医者です。

5. How’s your daughter doing? What does she do?
She’s a nurse.
娘さんはどうしていますか。何をされているのですか。
看護婦をしています。

Q2. [ ]内の語句を並べ替えて意味の分かる文章を完成させてください。ただし、それぞれ必要な冠詞aまたはanを補ってください。(1つとは限りません。)

1. I [ coffee / of / myself / cup / made ].
I made myself a cup of coffee.
私は自分(のため)にコーヒーを淹れた。

2. Did you know [ tomato / fruit / is / that ]?
Did you know that a tomato is a fruit?
トマトは果物だって知ってた?

3. You [ horse / water / can / to / lead ], but you can’t make him drink.
You can lead a horse to water, but you can’t make him drink.
馬を水辺に連れて行くことはできるが水を飲ませることはできない。

*人に機会を与えることはできても、その人にやりたいという気持ちがなければ結局どうにもならないという意味のことわざ。

4. [ boy / is / 8-year-old / Frank ].
Frank is an 8-year-old boy.
フランクは8歳の男の子です。

8 は eight と書けば母音で始まることがわかりますが、数字だと見逃してしまうかもしれません。また、8-year-old は boy を修飾する形容詞なので year は単数、それぞれの単語の間にハイフン(-)が必要です。

5. One [ their / architect / of / became / sons ].
One of their sons became an architect.
彼らの息子の一人は建築家になった。

Q3. 次の文章にはそれぞれ1ヶ所ずつ冠詞の使い方に誤りがあります。(a/anが抜けているもの、不必要な冠詞が使われているものなど)例にならって訂正してください。

1. There was a old castle near the river.
a oldan old
川の近くに古い城があった。

2. I prefer a bread for breakfast.
a breadbread
朝食にはパンの方がいいです。

breadは不可算名詞(数えられない)なので a は使いません。toast, rice, cereal も同じです。

3. Are you waiting for your a husband to come home?
a husband husband
ご主人の帰りを待っているのですか。

所有格の代名詞(your)の後に冠詞は不要です。

4. The name of the file starts with a “s”.
a “s.”an “s.”
ファイルの名前は「s」で始まります。

f, h, l, m, n, r, s, x は「見た目」は子音ですが、音は母音で始まっています。

5. He’s American actor and film director.
American an American
彼はアメリカ人の俳優で、映画監督もしています。

actor も film director も同じ人で、複数ではないことに注意しましょう。

まとめ

不定冠詞a/anは少し難しい部分があるかもしれませんが、覚えてしまえば簡単です。これを機会にマスターしてしまいましょう。

超怪しいけど詐欺?1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「見るからに怪しい…」「詐欺なんじゃないの?」「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。