目指せ英単語14,000語 | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

英語の単語は暗記不要?簡単に覚える方法を無料でお届け!

英単語が苦手・覚えられない・忘れてしまう・・・そんなお悩みありませんか?
英単語力を一気にアップしたいなら語源を活用した単語学習法が最適!!
当サイトの英単語学習法を学んだ方の声
膨大な量の英単語を覚えるよりこれを覚えた方が絶対いいです!!!

こんなので本当に英語の単語の意味が分かるようになるの???
と疑っていましたが、これで分かるようになったらお得だと思って半信半疑ながら始めてみることに。

毎日少しずつこの勉強法で覚えていくようになっていましたが、ちょうどテストと重なってしまったため、時期を少しずらしてスタート。

最初はなかなか覚えられなかったのですが、写真などのお陰でなんとか覚えることができました。

一度覚えてしまえばとても分かり易く、便利です。

とにかく、膨大な量の英単語を覚えるよりこれを覚えた方が絶対いいです!!!

また、為になるものが多く、色々と情報収集させて頂いています。

Fuyumiさんに紹介して頂いたことは未知の世界であったことも多く、メルマガを読むようになってからより世界が広がった気がします。

Fuyumiさんがメールで何か問いかけてそれに対して読者が答えるというタイプのメールも時々ありますが、それも面白くて好きです♪

いつもありがとうございます!

大変な思いをしなくても単語はたくさん知ることができる

「単語の勉強法は暗記だけではないんだ」、と実感。

まず始めてみて最初はどう扱っていいかわからなくて三日坊主止まり。

でも一週間か二週間くらいメールが来ていたので所々でやる気を出して、まず意味だけでも、とやって辞書でパッと開いたところの意味をとってみたところ、

当たっていました。

このことからこの勉強法はきちんと使えるとわかり、もっと詳しくそれぞれの中身(派生語や説明文、例文)を勉強するようになり、ここで知ったもの以外でも薦めていただいた本も買ったりしてどんどん学んでいくことに。

大変な思いをしなくても単語はたくさん知ることができるととてもわかりました。

このメルマガは英語の単語だけに限らず、日常に役立つ様々な情報がもらえてとてもよかったです。

セミナーの情報や速読、旅行に関することなど、英語の方では勉強法から教材・参考書の情報がもらえたので、これからも毎日見ていきたいと思います。

自分の限界を超えられるように頑張りたい

海外との交流をきっかけに英語を続けてきてはいますが、ただでさえ単語を覚えるのが苦手な私。

なかなか限界を超えられないものかとずっと悩んでいたんです。

しかし、学生時代に何気なく勉強した英語の記憶が、このメルマガを通じ再び重要ポイントとして登場したのは正直驚きました。苦手分野なのですぐに全部の習得は難しいですが、コツみたいなのを少しずつつかめてきた気がします。

自分の限界を超えられるように頑張りたいと思います。

当サイトVocaBoost(ボキャブースト)ではあなたに、りす君と一緒に短期間で14,000語以上の単語力の習得を目指してもらうよ。

14,000語以上、と言われてもあまりピンと来ないかもしれないけど、TOEICで高得点を狙うために必要な単語力は「8,000~10,000語」と言われているから、それ以上の単語力を身につけることができる、ということだよ。

ちなみにこの学習方法は、

TOEIC・TOEFL・英検・IELTS・ケンブリッジ英語検定

などなど、どの英語試験に役立つのはもちろんのこと、高校や大学英語、受験対策、そして『日常英会話の習得』やビジネス英語の上達にも非常に役立つ方法です。

英語初心者の方からでも活用し、短期間で英語力をアップさせることができる学習方法ですので、ぜひ活用して下さいね。

「でも・・・英語初心者って、一体どのくらいのレベルから大丈夫なの??」

と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、初心者の目安としては、

中学で習った英語がなんとなくわかる程度で大丈夫!!

例えば、

  • 現在形(進行形含む)
  • 過去形(進行形含む)
  • 未来形(will, be going to)
  • 助動詞(can, could, shouldなど)
  • 受動態
  • 比較級
  • 現在完了形

これらの英語が、なんとなくわかる程度で大丈夫。
完璧に理解している必要はありません。これから覚えていけば良いわけですからね。

中学をすでに卒業しているのであれば、当サイトでお伝えする学習法で『TOEICハイスコアを狙う』事ができる以上の単語力を目指すことが十分にできますよ。

TOEICハイスコア取得

それでは、この英語勉強法がいかに単語力をアップさせるために有効か、
についてお話ししていきますね。

英単語も漢字と一緒

あるテレビ番組でこんなことを言っていました。「最近漢字検定を受ける人が急増している」と。 その理由は一体なぜなのか?

1つはテレビのクイズ番組が影響し、もう一度漢字を勉強しようと思った人が増えたこと。

そしてもう1つは、英語は単語を見ただけでは意味がわからないけど、
漢字は英語の単語とは違い、その漢字のつくりから意味を想像することができるので、その楽しさから漢字検定を受ける人が増えているのだろう、とコメントしていました。

漢字のつくりから意味を想像するっていうのは、例えば日本語の漢字は、「てへん」や「もんがまえ」、 「くさかんむり」等、様々なパーツからできてるよね。「てへん」が付いている漢字は、手を使った動作、のように意味を推測して捉えることができるんだ。

漢字の造りから意味を理解する

でも、このコメントには間違いがあるのよ。
実は、英語の単語も漢字と同じように、その英単語のつくりから意味を想像し、捉えることができるの。

たとえその英単語を【初めて見た】のだとしても、意味を理解することができるんだ。

なんで初めて見た単語でも意味がわかるの??

では英単語のつくりとは言っても、一体何を見て、単語の意味が分かるようになるのか、というと、もう気がついているかもしれませんが、それは「語源」よ。英語も語源を知っていれば、たとえその英単語を初めて見たのだとしても、意味を理解することができるようになるの。

英語の語源がキーポイント!

「英語の語源って何??」
と、語源について知らない人もいると思うから、ここでわかりやすく例を挙げるね。

例えば、「sympathetic」という単語があるけど、
これを分解すると、

sym+path+ic

の3つの語源に分解することができるんだ。

そして、これらの語源はそれぞれ、

sym(together)+path(feeling)+ic(adjective)

という意味を持っているんだよ。

もっと細かく言うと、先頭にきている sym を接頭辞、真ん中の path を語根、最後の ic を接尾辞というんだけど、このことは覚えなくても大丈夫。これらの言葉を覚えなくても、英単語の意味はわかるからね

分解の仕方や語源の意味はこれからお話しして行きますので、今はわからなくても気にしないで大丈夫ですよ。

英語辞典を使わなくても単語力が身につく

それぞれの語源からsympathetic の全体の意味を推測すると、「feeling together」

つまり、to feel together と推測でき、最後の ic からこの単語の品詞はadjective(形容詞) と判断できるんだ。

ちなみに和訳の意味は、「同情的な、思いやりのある」という意味で、『英英辞典』の場合の意味は、
「caring and feeling sorry about someone's problems」 になるよ。
(Longman Web Dictionary より引用)

どうかな?
「feeling together」から簡単に sympathetic の意味がわかるよね。

このように、英語の語源で覚えていくと、知らない単語でも意味を推測して捉えることができるようになるのよ。

意味を想像する力を飛躍的にアップさせることができるし、英語の辞典を使って単語を覚えなくても、語彙力を増やしていくことができるの。

14の魔法の英単語

また、この覚え方のメリットはそれだけじゃなくて、
【語源を覚えれば覚えるだけ、意味が分かる英語の単語の数が一気に増えていく】ということなんだ。

例えば、さっきの ic が付いている他の単語も、adjective(形容詞) だと判断することができるし、sym が付いている単語は「together」という意味が含まれているから、こんな意味だなと推測ができるよね。

英語の語源勉強法について、このような有名な話があります。

語源を理解すればするだけ、一気に語彙力をアップさせることができるのね。

英単語力をアップさせるための
語源学習の進め方

当サイトでは、まずはミネソタ大学の James I. Brown 教授が提示した、14の単語(14 Master Words)に含まれている 20の接頭辞と14の語根を、関連付けて覚えていくことができるように、1つ1つの語源に画像を付けてお伝えしていくよ。

「14の単語」と、「20の接頭辞と14の語根」は以下の通りです。

単語 接頭辞 語根
precept pre- cept
detain de- tain
intermittent inter- mit
offer ob- fer
insist in- sist
monograph mono- graph
epilogue epi- log
aspect ad- spect
uncomplicated un- ply
com-
nonextended non- tend
ex-
reproduction re- duct
pro-
indisposed in- pose
dis-
oversufficient over- fic
sub-
mistranscribe mis- scribe
trans-

1つ1つの語源に、その語源が含まれている単語の例を2つ用意しているわ。
その単語の例のほぼ全ては、上記の20の接頭辞と14の語根を2つ以上使って構成されている単語だから、上記以外の語源はほぼ掲載されていません。

「なぜそうしたのか?」と言うと、最短で14,000以上の英単語を推測できる力をつけてもらうためよ。

20の接頭辞と14の語根以外の語源が含まれている単語の例を用いてしまうと、当然ながら覚えなければいけない語源は増えてしまうの。

覚える語源が増えるということは、覚えるために費やす時間も増えるから、純粋に14,000以上の英単語を推測できる力だけをつけるためには、少し遠回りです。
そのため、20の接頭辞と14の語根だけにフォーカスし、回り道をすることなく、最短で語彙力をアップさせることができるようにしているのよ。

英語力アップに最適な辞典

英語を英語で覚えていくために、語源の説明、単語の意味等は全て英語でお伝えしているよ。 単語の意味は、主に「Longman Web Dictionary」から引用しているからね。

Longman Web Dictionary
 http://www.ldoceonline.com/

この辞典は56,000語の収録語の定義を、基本2,000単語でしているから、中学英語がわかれば十分に理解することができるんだ。
英英辞典が苦手な人でも使いやすい辞典だから、普段から是非活用してみてね。

語源の説明、単語の意味等、他に使用し、引用した辞典は以下の通りです。

Oxford Advanced Learner's Dictionary
 http://oald8.oxfordlearnersdictionaries.com/

Merriam-Webster Collegiate Dictionary
 http://www.merriam-webster.com/

Dictionary.com
 http://dictionary.reference.com/

画像と一緒に覚えて下さい

ページ上部に、お伝えする語源と、その語源の意味があります。
そしてその下に、その語源を簡単にイメージすることができる画像があります。

ページサンプル例1

語源の意味を文字だけで覚えるよりも、画像を使って覚える方がすごく簡単よ。
文字を思い出すことができなくても、画像を覚えていれば意味がわかる画像を用意してあるから、語源を覚える時には文字だけで覚えるのではなく、画像と一緒に覚えていってね。

英単語を分解しましょう

画像の下には、お伝えする語源が含まれている単語の例が2つあります。
ほとんどが14,000以上の英単語を推測できる力をつけるための、20の接頭辞と14の語根を2つ以上使って構成されている単語よ。

単語の下には、その単語を構成している語源と、それぞれの意味があります。
さらにその下には、構成している語源からの、単語の意味の想像の仕方の例をお伝えし、最後にその単語の英英辞典の意味が載っているわ。わかりやすく例を挙げましょうね。

例)
complicate   ・・・単語
com (together) + plic(to fold) + ate(verb)   ・・・構成している語源と意味
to fold together → to make something difficult   ・・・意味の推測方法
<v> to make a problem or situation more difficult   ・・・英英辞典の意味
※ 補足
上記の「構成している語源と意味」にはate(verb)とありますが、
このverbは「この単語は動詞である」、ということを表しています。
なお、形容詞の場合はadjective、名詞の場合はnounと記載しています。
また、英英辞典の意味の先頭にある<v>は、verbのv、
つまり動詞ということです。形容詞の場合は<adj>、名詞の場合は<n>と記載しています。

ページ上ではこのようになっています。

ページサンプル例2

Variantsとは、他のスペルのこと。つまり、語源のcomは、co-, col-, con- のスペルでも使われるということね。ちなみに、Variantsでお伝えしているスペルが全てではないわ。本サイトでは、あまり見かけないスペルは省いて、よく見かけるスペルを掲載しているわ。

それでは早速1つ目の単語「precept」の語源を覚えて行こう!

単語「precept」の語源へ移動する

VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。