英英辞典を英語学習で使う7つのメリット|瞬間的に英語が出てくるようになる英単語の覚え方を徹底解説

英英辞典を英語学習で使う7つのメリット|瞬間的に英語が出てくるようになる英単語の覚え方を徹底解説

ついつい英語だらけの文を見ると拒否反応を起こしてしまう方もいると思いますが、実際に英英辞典で使われている単語は中学生の時に習った基本的な単語が多いので、想像しているよりもずっと簡単です。

中学3年生程度の英語力があれば英英辞典を十分に使うことができますし、中学生でも使うことは可能です。

でも実際には使っている人はほとんどいません。それは学校の授業で「英語は日本語で訳す」ことが当たり前になっていますし、先生も英英辞典をすすめないからです。

英英辞典を使うことができる英語力というのはハードルが高いものではありません。

この記事では英英辞典を英語学習で使う7つのメリットや、瞬間的に英語が出てくるようになる英単語の覚え方など、具体的な覚え方やコツをまとめました。

英英辞典を英語学習で使う7つのメリット

英英辞典を使うとなぜ英語の上達が早いのか。その理由を見ていきましょう。

メリット1 早く英語に慣れる

和英・英和辞典の場合は日本語が多いので、どうしても英語よりも日本語に目がいってしまいます。英語の勉強をしているのではなく、日本語で英語を理解しようとしてしまうため、英語に全然慣れません。

英英辞典の場合は純粋に英語を英語のみで説明しているので、早く英語に慣れることができます。

海外のパーティー

メリット2 自然と英語のニュアンスを理解できる

日本語で英語を勉強した場合、英語のニュアンスを覚えることはできませんが、英英辞典で勉強をした場合は英語の正しいニュアンスを覚えることができます。

和英・英和辞典を使うと日本語で英語を覚えてしまうので、間違ったニュアンスで英語を理解してしまいます。日本語で英語を勉強した場合、英語のニュアンスを覚えることはできませんが、英英辞典で勉強をした場合は英語の正しいニュアンスを覚えることができます。

ネイティブのように英会話ができるようになるためにも、英語の正しいニュアンスを覚えることは重要です。

メリット3 類義語をたくさん覚えることができる

和英・英和辞典を使っていると日本語で意味を覚えてしまうため、類義語を気にする人は少ないですが、類義語にフォーカスすることはボキャブラリーを強化するためにとても重要です。類義語を覚えることによって表現の幅が広がるからです。

特にTOEICなどの試験を受ける方にとっては、ボキャブラリー強化は非常に重要なので、それを自然に覚えていくことができる英英辞典は非常に役立ちます。

喜んでいる女性

メリット4 対義語もたくさん覚えることができる

類義語と同じで、対義語を覚えることもボキャブラリーを強化するために大切なことです。英英辞典を使うと対義語も自然に覚えることができるので、表現の幅がすごく広がります。

メリット5 リーディングスピードが上がる

英英辞典を使うようにするだけでも、リーディングのスピードはかなり上がります。

勉強している子供

和英・英和辞典を使っていると日本語を読んでいることになるので、英語のリーディングスピードは上がりませんが、英英辞典の場合は意味を英文で理解していくことになるため、リーディングスピードも自然に上がっていきます。

メリット6 基礎文法を覚えることができる

英英辞典では英文で意味を理解していくことになるため、知らず知らずの内に文法力も身につきます。使い始めは文法が苦手だったとしても、使い続けることによって基本的な英文法が分かるようになるでしょう。

英英辞典で使われているのは英文法の基礎ばかりなので、1か月と経たずに覚えることが十分に可能です。

メリット7 英語脳ができる

英語を英語で考える頭を作ることが英語を短期間で習得するためには大切なことです。英英辞典では日本語に触れることがなくなるので、英語脳を簡単に作ることができます。

瞬間的に英語が出てくるようになる英単語の覚え方

瞬間的に英語が出てくるようになる英単語の覚え方を詳しくご紹介します。

働いている女性

ステップ1 英単語を辞典で調べる

英英辞典で単語を調べるとたくさんの意味が出てきます。例えばgiveを調べるとこのような形です。

1.~ sth to sb| ~ sb sth to hand sth to sb so that they can look at it, use it or keep it for a time 2.~ sth to sb| ~ sb sth to hand sth to sb as a present; to allow sb to have sth as a present 3.~ sth to sb| ~ sb sth to provide sb with sth

この時にすべての意味を覚える必要はもちろんありません。まずは調べる単語が含まれていた文章の内容に合った意味を探しましょう。これは日本の国語辞典を使う時と同じです。

ステップ2 単語の意味を想像して覚える

探したら次は単語の意味を覚えるわけですが、実際に意味を覚える時には「辞典に載っているままの意味」で覚える必要はありません。

意味の説明の後に載っている例文を使い、その単語が使われている場面を頭の中で想像し、単語の意味を覚えていきます。

例えばgiveの場合、「Give your mother the letter.」と例文があったとします。この意味を覚える場合、母親に手紙を渡している場面を思い浮かべ、その想像した場面から単語の意味を覚えます。大体こんな意味かなくらいで構いません。

コスプレしている女性

英語の単語の意味の覚え方を難しく考えすぎる必要はありません。日本語も同じですが、単語の意味は想像して覚えてきているものです。

例えば「嬉しい」という単語の意味を考えてみてください。辞典に載っている意味は次の通りです。

「物事が自分の望みどおりになって満足であり、喜ばしい。」
「自分にとってよいことが起き、愉快で、楽しい。」

このような意味ではまず覚えていないと思います。日本語でも辞典に載っている通りの意味で覚えている単語はほとんどないのです。

この理由は簡単で、単語の意味は「その単語が使われているシチュエーション」などから想像して覚えてきているからです。

例えば母親が誕生日に父親からプレゼントを受け取ったとします。プレゼントを受け取った後に、母親がにっこりと笑って「嬉しい」と言いました。このようなシチュエーションから「嬉しい」という単語の意味を想像して覚えてきたわけです。

もっとわかりやすく言うと、母親が「嬉しい」と言った時の表情や口調、プレゼントを受け取ってにっこりと笑っている場面などから、「嬉しい」という単語の意味を「大体こんな意味か」と想像して覚えてきたわけです。

ステップ3 自分がその単語を使うシチュエーションを想像する

意味を想像することができたら、次は自分がその単語を使うシチュエーションを想像してみます。

意味を覚えるだけなら、単語を書いたり、単語の意味をただ見ているだけでもたしかに可能です。しかしこのように覚えた単語は、実際にその単語を使えるシチュエーションが起こった時、その単語が頭からとっさに出てきません。

シャボン玉をしている女性

単語の意味がわかっていたとしても、「どこで、どのように」使っていいのかがわからなければ、そのシチュエーションに合った表現の単語をその時に頭の中で探してしまうからです。それでは仕方がありません。

自分がその単語を使うシチュエーションを想像して覚えていくことにより、想像したシチュエーションが実際に起きた時に、何も考えなくてもその単語が頭からとっさに出てくるようになります。自分がその単語を使うシチュエーションは必ず想像するようにしてください。

ステップ4 声に出して練習する

想像したら次はそれを声に出します。英語は声に出すと覚えるのが非常に早いです。単語だけを声に出すのではなく、想像したシチュエーションの文章すべてを声に出してください。

そうすることによって早く覚えることができるだけではなく、実際にその単語を使えるシチュエーションが起きた時、頭からだけでなく口からもその単語がとっさに出るようになります。これだけで英会話が非常に早く上達します。

ボキャブラリーを強化したい時の英単語の覚え方

英単語の覚え方はいろいろな方法がありますが、効率よく単語を覚えていくことが大切だということは言うまでもありません。

ボキャブラリーを強化したい時は、英英辞典を使ってわからない単語を調べた際、類義語と対義語を拾っていきましょう。1つの単語を調べた時に、似た意味の単語と反対の意味の単語を覚えていくようにするだけです。もちろん1回で完璧に覚えてしまう必要はありません。

調べた単語と「似た意味の単語と反対の意味の単語」は使う頻度が多いので、英語で表現できる幅がかなり広がります。

喜んでいる男性

1つ例を挙げてみましょう。「like」という単語があります。反対語には「hate」があります。

あなたは「日本が好きだ」と相手に伝えたいとします。好きという単語「like」がわかりませんが、嫌いという単語「hate」は知っているとします。そうすると「日本が好きだ」ということを次のように表現することができます。

I don’t hate Japan.

このようにピンポイントの意味の単語を知らなくても、類義語や対義語を知っていれば表現することが可能です。表現することができる単語は1つではないのです。

特にTOEICなどの英語の試験を受ける場合には、類義語や対義語にフォーカスすることは重要なので、ぜひ実践してみてください。

英英辞典で英語を早く上達させる4つのコツ

英英辞典を勉強に活用し、英語を早く上達させるコツを4つご紹介します。

コツ1 基本的には和英・英和辞典は使わない

初心者の方でも基本的には和英・英和辞典は使わないことをおすすめします。

仕事などで英語のメールや文書を日本語に訳す必要がある場合は仕方ないですが、和英・英和辞典で調べた後に、同じ単語を必ず英英辞典で調べ直すようにしましょう。これは日本語で間違えたニュアンスの英語を覚えていかないようにするためです。

コツ2 ストレスがたまる場合は無理をしない

人によってはいきなり英英辞典を使用するとストレスがたまる方もいると思います。

そのような場合、まずは和英・英和辞典を使い、そのあとに同じ単語を必ず英英辞典で調べなおすことを習慣にして、徐々に英英辞典に慣れていきましょう。慣れてきたら英英辞典のみを使用するようにしてください。

コツ3 自分が覚えやすい方法で覚える

  • 書くよりも見て覚えた方が覚えやすい人は辞典で見て覚える
  • 書いた方が覚えやすい人は書いて覚える
  • 単語帳を作って覚える人は単語帳を作る

など、人によって覚えやすい方法は違うので、自分に合った方法で単語を覚えましょう。

ただし、その単語を覚えるまでたくさん書いて練習するやり方はおすすめしません。書いて覚えるのは基本的に単語のスペルくらいですし、単語の中には自分にとって覚えやすい単語と覚えにくい単語があります。

落ち込んでいる女性

覚えやすい単語はすぐに覚えられますが、覚えにくい単語を無理して覚えようとしてもストレスがたまるだけです。覚えにくい単語は1週間に1回程度復習するくらいにしましょう。

4回くらい復習して覚えられないようであれば、その単語を勉強するのはやめると良いです。覚えやすい単語のために時間を使った方が効率的だからです。

日本語でもすべての単語を覚えている人はまずいません。覚えていない単語なんてたくさんあります。英語もすべての単語を覚える必要はないので、自分が覚えやすい単語をどんどん覚えていきましょう。

コツ4 単語の発音と発音記号を毎回チェックする

英英辞典で単語を調べる時には、単語の発音と発音記号を毎回チェックすることも習慣にしましょう。英語の発音を覚えることができるだけじゃなく、発音記号も覚えていくことができます。

発音記号を覚えると、発音を聞かなくても発音記号を見れば発音がわかるようになりますし、単語のスペルを見ただけでも大体の発音がわかるようになります。

発音記号を覚えることはあなたの発音を良くすることにつながりますのでぜひ実践してみてください。

おすすめの英英辞典一覧

おすすめの英英辞典をご紹介します。

英語学習初心者の方

英語学習初心者の方におすすめの辞典はLongmanです。

Longman English Dictionary Online

この辞典は56,000語の収録語の定義を基本2,000単語でしています。たった2,000単語で56,000語も定義されている、非常にわかりやすい辞典です。多少の中学英語がなんとなくわかる程度で十分活用できますので、ぜひチャレンジしてみてください。

なお、英英辞典に頻繁に出てくる「sb」と「sth」は、「sbはsomebody」「sthはsomething」のことです。

例えば、giveを調べると「to hand sth to sb」 と出てきます。これはつまり「to hand something to somebody」のことです。例文を出すと「I gave the book to him.」のようになります。

中学英語に自信がない方

英英辞典を使いたいけど、ロングマン現代英英辞典がちょっと難しい場合、基礎単語を増やす勉強をすることをおすすめします。その際は「english×english」を使ってみてください。

この本を使うと700もの重要単語を英語で学ぶことができるので、終了する頃には英英辞典も十分に使いこなせるようになります。内容は中2くらいでも理解できる程度なので、英英辞典をスタートするためのバイブルと言っても良いでしょう。

日本語が多少含まれている部分もありますが、そこは見ないで使えば大丈夫です。ぜひ試してみてください。

全くの英語初心者の方

今まで全く英語を勉強してこなかった英語初心者の方には「Scholastic Children’s Dictionary」がおすすめです。この英英辞典はネイティブの子供たちが使う英英辞典で、イラストが入っていてすごくわかりやすいのが特徴です。

インターネットの無料英英辞典

インターネットで使える無料の英英辞典をLongmanの他に4つご紹介します。Longmanに慣れてきたら使う辞典を変えてみて、自分に一番合った英英辞典を探してみてください。

  1. Oxford Advanced Learner’s Dictionary
  2. Cambridge Dictionaries
  3. Dictionary.com
  4. Merriam-Webster

まとめ

使う辞典を英英辞典に変えて勉強するだけで、英語の上達に多大なる効果があります。英英辞典はあなたが思っているよりもすごく簡単です。使うことを恐れず、はじめの一歩を踏み出していきましょう。

1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。