英語のリスニングが短期間で上達する5つのコツと具体的な勉強法

英語のリスニングが短期間で上達する5つのコツと具体的な勉強法

英語のリスニング力を短期間で上達させるために実践するステップは2つあります。1つ目のステップは「英語の音を覚える」こと。そして2つ目のステップは「シャドーイング」です。

まず、英語の音を覚える勉強というのは、英語の音を覚えるためにリスニングや発音の練習をします。そしてシャドーイングは世間で知られているシャドーイングです。

正しい方法で英語の音を覚える勉強をすれば、正しい方法でシャドーイングの勉強をすれば、短期間でリスニングを上達させることが可能です。

この記事では英語のリスニングが短期間で上達するコツや具体的な2つの勉強法をまとめました。

英語のリスニングが短期間で上達する5つのコツ

英語のリスニングが短期間で上達するコツを5つご紹介します。

コツ1 英単語の勉強に集中しない

  • 単語帳を使って英単語の勉強をする
  • 文法テキストで英単語の勉強をする
  • 受験用の参考書を使って英単語の勉強をする

など、リスニング力をアップさせるために英単語をたくさん覚えようとする方が多くいますが、数多くの英単語を覚えてもリスニングはなかなか上達しません。

勉強している女性

日本の学校ではほとんど文法と単語しか習わないので「リスニングを上達させるためには単語の勉強をするべき」と自然に思ってしまいます。

しかし、これでは英単語を勉強しているだけでリスニングの勉強をしているわけではないので、単語の意味やスペルはわかるようになってもリスニングができるようになるわけではありません。

仮に、英単語の勉強でその単語の発音を聞いたとしても、聞いていない時とさほど効果に大差はないと言えます。単語の勉強をしてきたけど、リスニングが全然上達しなかった経験がある方はきっと良くわかるかと思います。

コツ2 英語の発音をしっかりと覚える

「単語がわからなくても、映画やドラマでネイティブが言っていることの意味がわかるようになるのか?」

と思った方もいるかと思いますが、単語がわからなければやはり映画やドラマでネイティブの言っていることの意味がわかるようにはなりません。言っていることはわかるようになるけど、言っていることの意味はわからないということです。

図書館にいる女性

例えば、私があなたに日本語で「きちなめおあめ。」と言ったとします。意味は分からないですが、何て言ったのかはわかると思います。たぶんあなたは私に「きちなめおあめって何?」って質問するでしょう。

もちろん、この言葉は適当に文字を並べただけなので、この言葉自体に全く意味はありません。しかし、何て言ったのかははっきりとわかるはずです。

では、英語の場合はどうでしょうか。ドラマとかを見ていてわからない単語が出てきた時、「今の○○○って単語ってどういう意味?」と、その単語の発音をはっきりと言えるでしょうか。

言えるのであれば、あなたは英語の発音をしっかりと覚えている証拠です。すでに高いリスニング力を持っています。

逆に何て言ったのかわからず質問もできない場合、正しい方法で発音の勉強をすると、「今の○○○って単語ってどういう意味?」と、質問することができるレベルまでリスニング力を上げていくことができます。

ここまで来ることができればネイティブと同じくらいのかなり高いリスニング力です。

コツ3 聞き取れる英単語を増やしてから意味を覚える

「でも単語の意味がわからないんじゃ、意味ないのでは?」と思った方もいるかと思いますが、単語の意味がわかっていても、聞き取ることができなければ結局何を言っているのかがわかりません。

でも聞き取ることができれば「今のはどういう意味?」と質問ができるので、「ratargaw」のような意味のない言葉をまずは聞き取れるようにすることが大切です。

元気な女の子

私たちは音から言葉を覚えてきています。例えばあなたが赤ちゃんにいつも「おはよう」と言っているとします。何回も「おはよう」と言っていると、「お」の次には「は」という音がくるということを赤ちゃんは覚えていきます。

そうやって次の音が予想できるようになっていき、「おはよう」という音を覚えます。そして音を覚えた後に、「おはよう」と言われたシチュエーションなどで「おはよう」の意味を覚えていくわけです。

このように英語を覚える時にも、まずは英語の音を覚えていくことが大切です。音を予想する力もついていき、聞き取ることができなかった音も聞き取ることができるようになっていきます。

音を覚えていって聞き取ることができる単語を増やしていき、それから意味を覚えていけば良いのです。

コツ4 英語の音の重要性を理解する

私たち日本人は中学、高校と英語を習ってきているので、実は気がついていないだけでかなりの英語を知っています。

洋画や海外ドラマで何て言ったのかわからなかった時に、それをチェックするために英語で字幕を出して見たら、「こんな簡単な文章を今話してたのか。なんで聞き取れなかったんだろう。」と驚いた経験がある方も多いと思います。

チャットしている女性

例えばGirlという単語があります。Girlの発音は「g-r-l」のたった3つの音からしかなっていない簡単な単語です。しかし、多くの日本人の方はこの「Girl」をなかなか聞き取ることができません。聞き取ることができないだけでなく、発音も苦手だったりします。

その理由はこの3つの音の内、どれかの発音を明確に知らないからです。日本人の場合はおそらく「r-l」の音でしょう。だからこそ、リスニングを早く上達させるにはまずは英語の音を覚えることが近道なのです。

『英語の発音を勉強する』ことで、今すぐに英語を聞き取ることができるようになるとは言いませんが、Girlのように今聞き取ることができない英語の音が1つでも増えれば、あなたのリスニング力は確実にアップします。

聞き取れる音が1つ増えるだけでも、今聞き取ることができる音と組み合わされば、聞き取ることができる英単語は一気に増えていきます。

特に今まで勉強してきた単語、知っている単語は簡単に聞き取ることができるようになります。それが増えていったら、あなたのリスニング力は一気に向上するでしょう。

コツ5 覚える英語を統一する

英語の音を覚えると一言で言っても、リスニングを早く上達させるためにはポイントがあります。ただ単に、本屋さんで発音の本を買って、発音の練習をするだけではダメです。

ネイティブの英語をスムースに聞き取れるようになりたいのであれば、覚える英語を統一することが大切です。英語には

  • アメリカ英語
  • カナダ英語
  • イギリス英語
  • オーストラリア英語
  • ニュージーランド英語

など様々な英語があります。そして、あなたもご存じのようにそれぞれ発音方法や英語表現などにも違いがあります。

例えばアメリカ英語とイギリス英語がわかりやすいですが、RやTの発音方法が違かったり、英語の表現、単語のスペルも違かったりします。同じ英語でも国によって、もっと細かく言えば地方によっても英語に違いがあります。

会話している女性

日本で言えば方言のようなものです。千葉にも方言はあって標準語と少し違う部分もありますし、沖縄や北海道など地方によって同じ日本語でも違いがあります。英語もそれと同じです。そのため、リスニングを早く上達させたいのであれば、

  • 今日はアメリカ英語のドラマで勉強
  • 明日はイギリスのニュースで勉強
  • 明後日はオーストラリア英語のTVで勉強

のようにごちゃまぜで勉強するよりも、「アメリカ英語を覚える!」のように覚える英語を統一して毎日勉強をした方が上達するのが早いです。

このことは部活を思い出してみるとわかりやすいでしょう。例えば

  • サッカー部に所属しているA君
  • サッカー部と野球部を掛け持ちしているB君

では、どちらの方がサッカーが上達するのが早いでしょうか。おそらくサッカーだけに集中しているA君ですよね。野球部を掛け持ちしてサッカーの練習が半分しかできないB君よりも、サッカー1つに集中しているA君の方が早くサッカーが上達するでしょう。

悩んでいる女性

「覚える英語はどこまで統一すれば良いの?国?それとも地方まで?」と思った方もいるかと思いますが、地方まで統一する必要はありません。最低限、国を統一しましょう。

あなたがアメリカ英語を覚えたいのであればアメリカのドラマを見てリスニングを勉強する。イギリス英語を覚えたいのであればイギリスのPodcastでリスニングの勉強する、といった形です。

例えば、あなたはアメリカ英語が好きなのであれば、

  • アメリカ英語の音声でリスニング学習
  • アメリカ英語のドラマでリスニング学習
  • アメリカ英語の発音方法を練習する

このようにしてみてください。たったこれだけのことですが、リスニングの上達が早くなります。

リスニングが早く上達する具体的な2つの勉強法

具体的なリスニングの勉強法を見ていきましょう。

ステップ1 英語の音を覚える

リスニングを上達させるためにまずは英語特有の発音を「音声や発音サイト」を使って覚えていきましょう。

「リスニングをして耳だけで発音を覚えるのはダメなの?」と思った方もいるかと思いますが、だけで英語の発音を覚えるのは非常に難しいのでやめましょう。

少しだけ考えてみてください。あなたも今までに学校や普段の勉強、そして日常生活もあわせてたくさんの英語を聞いてきていると思います。学校の授業や家で英語の勉強をしている時、テレビで海外ドラマを見ている時や、ニュースなどでも英語が流れることが良くあります。

それだけの英語を聞いてきてあなたのリスニング力は早く上達したでしょうか。きっとしていませんよね。だからこそ、この記事をご覧いただいているのだと思います。

音声を聞くだけではダメです。自分でも発音の練習をしないとリスニングは早く上達しません。自分で発音できる単語は簡単に聞き取れるようになるので、リスニングと発音をセットにして勉強することが大切です。

喜んでいる女性

例えば「comfortable」の単語がありますが、アメリカのネイティブと同じようにきれいに発音ができるのに、リスニングだとこの単語を聞き取れないなんてことは普通に考えてありません。簡単に言えば、聞き取ることができない理由は「アメリカ英語特有の発音方法を知らないから」になります。

全ての理由がこれだけとは言いませんが、「学校で正しい英語の発音方法を教わったことがない」「発音方法を覚えるまで練習したことがない」のであれば、この機会にぜひ、英語の発音練習をしてみてください。

ステップ2 シャドーイング

英語の音を覚えることができたら、次はシャドーイングに進みます。シャドーイングがどのような学習方法かすでに知っている方もいると思いますが、シャドーイングとは「英語音声を再生し、聞いた文章を音声の後に続いて口に出して繰り返す学習法」です。

簡単に言えば、例えば英語の音声が「I go to the gym everyday.」と言ったら、あなた自身も「I go to the gym everyday.」と口に出して言います。

音声が言ったことをただ単に自分でも繰り返す学習法なので考え方は難しくないですが、シャドーイングでどんな音声を使ってもリスニングの上達が早い、というわけではありません。

リスニングを早く上達させたい時は「英語の発音方法を覚えることができる音声」を使ってシャドーイングをするようにしてください。

大学生の女性

ステップ1で英語の発音方法を練習していけば、あなたの発音は以前より間違いなく上手くなっています。ネイティブの発音に近づいてきたことでしょう。

しかし、発音練習をしている時は発音を意識して英語を声に出しているので、普段より上手く発音できていて当たり前です。

では、そのことを意識しなくなったらどうなるでしょうか。英語を声に出さなくなったらどうなるでしょうか。だんだんと正しい発音方法を忘れてしまい、発音が悪くなってしまいます。

やはり1週間や2週間発音を練習したくらいでは、発音方法を完璧に自分のものにできません。発音方法を常に意識し、継続して練習して行くことが大切です。

そのため、ステップ2のシャドーイングでは、ステップ1で覚えた発音を「よりネイティブのように洗練し、より自分のものにして行く」ために、発音方法を覚える音声を使います。

リスニングを早く上達させるためにも、英語の発音方法を覚えることができる音声を使ってシャドーイングをすることを、普段の学習にぜひ加えてみてください。

シャドーイングにおすすめの英語Podcast

シャドーイングにおすすめの英語Podcastは「American English Pronunciation Podcasts」です。このPodcastはアメリカ英語の発音を英語で覚えていくことができる無料のPodcastです。

American English Pronunciation Podcast

音声とたまに動画で発音方法を教えてくれます。しかも解説は全て英語なので発音方法がどう違うのかが明確にわかり、リスニングを短期間で上達させるには最適です。これをぜひリスニングだけでなく、シャドーイングに使ってみてください。

「全部英語なのか、大丈夫かな…」と心配される方もいるかもしれませんが、ナレーターの英語はきれい、そしてゆっくりなので聞き取りやすいですし、サイトでスクリプトもチェックすることができるので初心者の方でも十分に活用できます。

英語を短期間で習得するためには、英語を英語だけで覚えていくことが非常に大切です。日本語で英語を覚えてしまうと、頭の中で日本語で解釈してしまい、発音もなかなか上手くなりませんしリスニングの上達も遅いです。

英語には日本語にはない表現方法がたくさんあるので、日本語で勉強していては英語の正しいニュアンスを覚えることはできません。がんばっていきましょう。

シャドーイングをする際のポイントも4つご紹介しておきます。

ポイント1 小声でスタート

最初は少しずつで良いので聞こえた単語やフレーズを口に出していきましょう。

ポイントは「小声」で口に出していくことです。大きな声で練習すると小声で口に出すよりも自分の声が邪魔になってしまうので、リスニングをすることが難しくなってしまいます。

最初は聞こえた単語やフレーズを口にできるようにすることが大切なので、小声からスタートして慣れてきたら少しずつ声を大きくしていきましょう。

勉強している大学生

ちなみに、シャドーイングを初めてやると難しく感じる方が多いですが、それは当たり前のことなので気にする必要は全然ありません。初めてシャドーイングをしていきなり上手くできる人はいないからです。

これは英語に限った話ではなく、勉強にしろ、仕事にしろ、趣味にしろ一緒です。初めてやることを初めから上手くできる人はいませんので、気にせず練習していきましょう。

ポイント2 スピードとリズムをつかむ

小声で口に出していくことに慣れてきたら、次は小声ではなく、口を大きく使って練習していくわけですが、ここからコツが2つあります。

まず1つは音声の会話に遅れないようについていくことです。もし遅れてしまったらその部分は声に出さず、音声の会話の場所に移動し、そこからまた声に出していってください。「言えた、言えない」を気にするのではなく、「音声についていけた、いけない」に注意しましょう。

2つ目は英語のリズムをつかむことです。日本語のリズムは一定ですが、英語は音の強弱やリズムがあります。それらをつかんでいくために、音声の音の強弱やリズムをマネしていきながら声に出していきましょう。

小声で口に出すことに慣れてきて、口を大きく使って練習する段階になったら、この2つのことに気をつけて練習していってください。ただし、大きな声で練習するのは「小声」で口に出していくことに慣れてきてからにしましょう。

ポイント3 英語の音に集中

シャドーイングをしていると「聞き取ることに集中してしまって意味を捉えることに集中できない」と悩む方が多いです。要は「音を聞き取り口に出すこと」と「意味を捉えること」、どちらに集中すれば良いのかわからないということですが、ここは迷う必要はありません。

最初に集中すべきところは「音」です。まずは音に集中し、その音を自分でも再現できるようにしていきます。最初から意味も一緒に捉えることができる必要はありません。

リスニング力を上達させるためには英語の音を覚えることが大切なので、意味は後回しで良いです。音を再現することができるようになったら、音に集中するのと同時に意味を捉えることに力を入れていきましょう。

綺麗な女性

いきなり2つ同時にはできるものではありません。私もそうでしたが、最初は英語の音を聞き取り、それを音声に続いて口に出すことが精一杯で、意味は全然わかりませんでした。でもそれを継続していくと、音声を聞いて英語を口に出すことがだんだんと簡単になってきます。

そうなってくると、英語を口に出しながらでも「この単語どんな意味かな?」と、単語の意味にも意識を向けることができるようになっていきます。意味を捉えることに集中するのは、その段階になってからで構いません。まずは「音を聞き取り口に出すこと」に集中しましょう。

ポイント4 英語の意味を捉えていく

シャドーイングの練習をして音を再現することができるようになったら、いよいよ意味を捉えることに力を入れていきます。やり方は簡単で、音を再現しつつ意味にも意識を集中するだけです。

言葉で言うのは簡単ですが、実際に試してみると結構難しいです。最初のうちは理解できる部分が少ないと思いますが、気にする必要はありません。シャドーイングを継続していけば、理解できる部分が徐々に増えていきます。

日本語でも同じですが「本を普段から音読している人」と「音読していない人」では、1回の音読で理解できる内容の量に大きな差があります。英語も同じで、だんだんとできるようになっていくので、できないことを気にするのはやめましょう。

シャドーイング学習手順まとめ

1、小声でスタート
意味に集中せず音に集中。

2、口を大きく使って練習
意味に集中せず音に集中。音声の会話に遅れないようについていき英語のリズムを掴む。

3、意味を捉える
音を再現しつつ意味にも意識を集中する。

4、テキストは見ない
テキストを使わずにシャドーイングをする。

シャドーイングはこの順番で進めていくと効果的です。英語は自分のレベルに合った勉強をすることが大切です。いきなり難しいことをしてもただの遠回りです。この順番で学習していくことをおすすめします。

まとめ

私はTOEIC800点以上取った時でもアメリカ英語の聞き取りは苦手でした。イギリス英語が得意だったこともありますが、正直悲しいぐらい聞き取ることができませんでした。

「なんでアメリカ英語は聞き取れないんだ」とくやしかったです。TOEIC800点以上取れるぐらいの英語力があったのに、アメリカ英語のリスニングが苦手なんて逆に恥ずかしかったぐらいです。

でも私はそんな状態からアメリカ英語の音を覚えることに集中することで変わることができました。アメリカ英語のリスニングはイギリス英語よりも得意になりました。

音声を聞くことや発音の練習をすることは自宅ですぐにできます。もしリスニングの勉強はしているけど、発音の練習はしていないのであれば、この機会に発音練習を始めてみてください。「リスニングの勉強 + 発音練習」を一緒にしていくと驚くほど早くリスニングが上達します。

1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。