英語の否定文の作り方はこれでバッチリ!be動詞や助動詞の否定文の一覧と練習問題付きで徹底解説

英語の否定文の作り方はこれでバッチリ!be動詞や助動詞の否定文の一覧と練習問題付きで徹底解説

英語の否定文の作り方をbe動詞や助動詞の否定文の一覧と練習問題付きで詳しく解説していきます。

英文法が苦手な方はぜひ参考にしてみてください。

英語の否定文の作り方一覧

まずは英語の否定文のおさらいです。次の表をご覧ください。

肯定否定
amam not('m not)
isis not('s not)
waswas not(wasn't)
werewere not(weren't)
havehave not(haven't)
hashas not(hasn't)
willwill not(won't)
wouldwould not(wouldn't)
cancannot(can't)
couldcould not(couldn't)
mustmust not
shouldshould not(shouldn't)
had betterhad better not
maymay not
mightmight not
needneed not
ought toought not to
shallshall not
daredare not(daren’t)

英語の否定文の例文

ご存知の方も多いと思いますが、日常英会話では短縮形の方がよく使われます。例文も見てみましょう。

A: Are you OK, guys?
「君たち大丈夫?」
B: Yes, I’m OK.
「うん、大丈夫。」
C: No, I’m not OK. Ouch!
「いや、大丈夫じゃない。痛いっ!」

Did you enjoy the movie?
「映画はよかった?」
No, it wasn’t anything special.
「ううん、何てことなかった。」

So, which kind will you get, a laptop or desktop?
「で、どっちを買うの?ノートパソコン、それともデスクトップ?」
I haven’t decided yet. I can’t make up my mind.
「まだ決めてないの。決心がつかないのよ~。」
*decide ≒ make up one’s mind

Did you have a good night’s sleep?
(昨夜は)よく眠れた?
No. I woke up at 3 a.m., and couldn’t go back to sleep.
いや、朝3時に目が覚めてその後眠れなかったんだ。

I understand.
分かります。 (理解できる)
I don’t understand.
分かりません。(理解できない)

That makes sense.
なるほど。(それは意味をなす。)
That doesn’t make sense.
納得できない。(それは意味をなさない。)

He got it.
彼にはそれが分かった。
He didn’t get it.
彼にはそれが分からなかった。

なお、命令文では be動詞も一般動詞もDon’tを使って否定します。

Be easy.
落ち着きなさい。
Don’t be easy.
甘えるなよ。

Go away.
どっか(あっち)へ行け。
Don’t go away.
行かないで。

「する」や「役に立つ」などの意味で使われる do(does, did)は否定すると don’t/doesn’t/didn’t do になります。

He is a nice husband. He sometimes does the laundry.
彼はいい夫です。時々洗濯してくれます。

He’s not helpful. He doesn’t do any housework.
彼は手伝ってくれません。彼は家事を一切しないんです。

We miss him. He really did a lot of good for us.
彼がいなくて残念だ。彼は本当によくやってくれた。
*do good: 役に立つ、貢献する

We took his advice, but it didn’t do much good.
私たちは彼のアドバイスに従ったけれど、あまり役に立たなかった。

英語の否定文の作り方がわかる練習問題

英語の否定文の作り方がわかる練習問題です。

Q1. 次の文を否定文に変えてください。

1. I’m available this afternoon.
*available: (時間などが)空いている
2. Amanda is that kind of girl.
*that kind of ~: そういうタイプの ~
3. It was raining in the morning.
4. There were many people from overseas.
5. My husband does the laundry.
6. She told him the truth.
7. I’ve had enough rest.
8. He’s been here for a long time.
9. We’ll be there in time.
10. I can hear you.

Q2. 次の各組の文がほぼ同じ内容を表すように( )をうめてください。

英語の否定文の挿絵

1. Be easy on yourself.
( ) be hard on yourself.

2. Oh, no… I’ll be late for the meeting.
Oh, no… I ( ) make it to the meeting.

3. Rika is single.
Rika ( ) married.

4. I had no trouble finding her house.
I ( ) have any trouble finding her house.

5. Are they brothers? They look totally different.
Are they brothers? They ( ) look alike at all.

6. There’s no snow here.
We ( ) got any snow here.

Q3. 次の会話文の( )にあてはまる最も適切な文章を下のa~eの中から選んでください。ただし、同じものを2回以上使えません。

1. “Would you like some coffee?”
“No, thanks. ( ).”

2. “How did you like the show?”
“It was boring. ( ).”

3. “Have you done the cleaning?”
“No. ( ).”

4. “So, what do you think, Kelly?”
“I’m sorry ( ). What did you say?”

5. “Can you keep it a secret?”
“Yes. I promise ( ).”

a) I didn’t watch until the end.
b) I haven’t done the dishes either.
c) I won’t tell anyone about it.
d) Please don’t bother.
e) I wasn’t listening.

英語の否定文の作り方がわかる練習問題の解説

英語の否定文の作り方がわかる練習問題の解説です。

Q1. 次の文を否定文に変えてください。

1. I’m available this afternoon.
I’m not available this afternoon.
今日の午後は空いていません。

2. Amanda is that kind of girl.
Amanda isn’t that kind of girl.
アマンダはそういう女の子じゃありません。

3. It was raining in the morning.
It wasn’t raining in the morning.
今朝雨は降っていませんでした。

4. There were many people from overseas.
There weren’t many people from overseas.
海外からの人はあまりたくさんいませんでした。

5. My husband does the laundry.
My husband doesn’t do the laundry.
夫は洗濯をします。
*今やっているのではなく、習慣的にすることを意味します。

6. She told him the truth.
She didn’t tell him the truth.
彼女は彼に本当のことを言わなかった。

7. I’ve had enough rest.
I haven’t had enough rest.
私は十分休んでいない。

8. He’s been here for a long time.
He hasn’t been here for a long time.
彼がここに来てからまだあまり時間が経っていない。

9. We’ll be there in time.
We won’t be there in time.
私たちは時間内にそこに着かないだろう。

in timeは「間に合って」、on timeは「時間通りに」という意味のイディオムです。

10. I can hear you.
I can’t hear you.
あなたの声が聞こえません。

「I understand you.」もhearと同様「あなたの気持ちは分かります」など、言葉を補った方が自然です。

Q2. 次の各組の文がほぼ同じ内容を表すように( )をうめてください。

英語の否定文の挿絵

1. Be easy on yourself.
( Don’t ) be hard on yourself.
気楽にやりなよ。(自分に厳しくするなよ。)

2. Oh, no… I’ll be late for the meeting.
Oh, no… I ( won’t ) make it to the meeting.
うわぁ、いけない・・・会議に間に合わないよ。

3. Rika is single.
Rika ( isn’t ) married.
りかは独身です。

4. I had no trouble finding her house.
I ( didn’t ) have any trouble finding her house.
彼女の家はすぐ見つかった。(見つけるのに苦労しなかった)

5. Are they brothers? They look totally different.
Are they brothers? They ( don’t ) look alike at all.
彼らは兄弟なの?全然似てないわね。

6. There’s no snow here.
We ( haven’t ) got any snow here.
ここでは雪が全く降りません。

Q3. 次の会話文の( )にあてはまる最も適切な文章を下のa~eの中から選んでください。ただし、同じものを2回以上使えません。

1. “Would you like some coffee?”
“No, thanks. d) Please don’t bother.
「コーヒーはいかがですか。」
「いえ、結構です。どうぞお構いなく。」

botherは「~を悩ませる」などを意味する動詞です。「Don’t bother.」は日本語の「お構いなく」に当たるフレーズです。

2. “How did you like the show?”
“It was boring. a) I didn’t watch until the end.
「ショーはどうだった?」
「退屈だったよ。最後まで観なかった。」

3. “Have you done the cleaning?”
“No. b) I haven’t done the dishes either.
「掃除は(もう)した?」
「ううん。食器洗いもまだしてないの。」

housework(家事)も、その1つ1つを doを使って表します。
例)cook = do the cooking

4. “So, what do you think, Kelly?”
“I’m sorry e) I wasn’t listening. What did you say?
「で、ケリー、あなたはどう思う?」
「申し訳ない。聞いてなかった。何て言ったの?」

5. “Can you keep it a secret?”
“Yes. I promise c) I won’t tell anyone about it.”
「秘密を守れる?」
「うん、約束する。その事は誰にも言わないよ。」
*won’tはここでは意志を表します。

まとめ

英語の否定文の作り方は覚えてしまえば簡単です。これを機会にマスターしてしまいましょう。

超怪しいけど詐欺?1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「見るからに怪しい…」「詐欺なんじゃないの?」「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。