〇〇をお願いしますって英語で何て言う?海外で頼み事をするときに使える丁寧な英語表現

〇〇をお願いしますって英語で何て言う?海外で頼み事をするときに使える丁寧な英語表現

海外旅行や海外に出張に行った時など、海外で頼み事をする時は相手に心地よく聴いて頂けるように、丁寧な表現を心がけたいものです。

私たち日本人がよく間違えやすいのは、命令形にPleaseをつければ丁寧な表現だと思っていることかもしれません。

たとえPleaseをつけて「Please open the door.」と言っても、それではまだ命令調なので相手にとってあまり印象はよくありません。まずは命令形を使わないように注意したいところです。

それでは、どのような英語表現を使えば丁寧に頼み事をすることができるか見ていきましょう。

海外で頼み事をするときに使える丁寧な英語表現

海外で頼み事をするときに使える丁寧な表現をご紹介します。

Would you …?

wouldを使ってお願いすると少し丁寧な表現になります。

Would you open the door?
(ドアを開けて頂けますか?)

命令形よりは疑問形の方が丁寧な表現になりますが、Will youやCan youを使うとまだまだ命令調にとられるので、仲の良い友人などでなければ使わないようにしよう。

Could you …?

Would youよりCould youは少し丁寧な表現になります。

Could you open the door?
(ドアを開けて頂くことはできますでしょうか?)

Would you mind …?

丁寧な表現としてはWould you mindも定番です。mindでお願いすることが相手にとって「気にする」か「嫌に感じないか」確認する英語表現になるので、相手の気持ちに配慮した丁寧な表現になります。その後に続く動詞は動詞+ingの形になります。

Would you mind opening the door?
(ドアを開けて頂いても構わないでしょうか?)

I was wondering if you could…

「I was wondering if you could…」の表現は疑問形よりもさらに丁寧な表現になります。いろいろなフォーマルな場面でも使えるとても丁寧な英語表現です。

I was wondering if you could open the door.
(もしドアを開けて頂ければと思いますが。)

if possible

相手にして欲しいことではなく、自分がしたいことを伝える時には「I would like to …(~したいのですが)」の表現があります。

ただし、これだけでは自分のしたいことを伝えただけで、相手の都合を考えていないような印象を与えてしまいます。そこで「If possible」を文の最後に付け加えて相手の都合に配慮するようにしましょう。

I would like to have a meeting with you tomorrow afternoon, if possible.
(もし可能であれば、明日の午後打合せができるといいのですが。)

このように書いておけば、都合がわるい時はその旨伝えてもらうことができます。

まとめ

たとえ同じ内容であっても、少し表現を変えるだけで相手の印象は変わります。表現によって引き受けて頂けるはずの頼み事まで感情的に断られるのはとてももったいないことです。

ご紹介した丁寧な英語表現をいつでも自然に使いこなせるよう、海外に行く前にぜひ復習しておいてください。