カタカナ英語からの卒業!英語の発音がネイティブに変わる5つのコツ

カタカナ英語からの卒業!英語の発音がネイティブに変わる5つのコツ

英語の発音を学ぶ時、私たち日本人はカタカナで覚えようとしがちです。

しかし、英語には日本語にはない発音がいくつもあるので、カタカナで発音を覚える癖をつけてしまうと、実際に外国人に話す時に自分の英語が通じなかったりします。

どのようにすればカタカナ英語から卒業できるのか見ていきましょう。

英語の発音がネイティブに変わる5つのコツ

英語の発音がネイティブに変わるコツを見ていきましょう。

コツ1 子音の発声を1音1音じっくりと練習する

日本語の場合、基本的にはカタカナ1文字1文字が子音+母音(あ・い・う・え・お)の組み合わせで発音されるので、私たち日本人は子音単独の音を発音するのが苦手だったりします。

例えば「cat」「cut」どちらも最後は「t」の音ですが、カタカナで書くと「ト」=「to」の発音になるため、多くの日本人は「キャット」「カット」のように発音しがちですが、実際には「o」をつけずに「t」だけ発音する必要があります。

<Tの発音の仕方の例>
舌先を上の歯茎にあて、息をせき止めてから声帯を震わせないように鋭く息で舌先を弾いて発音する

日本語にない英語の発音は非常に多いですが、子音の発音は一度しっかり身につけておけば自然と話せるようになります。最初は普段使わない発音なので練習していて疲れるかもしれません。でも続けていけば慣れていきます。

口の奥、舌、くちびる、息など子音ひとつひとつの発音を注意しながらじっくりと練習するようにしましょう。

コツ2 大きな声ではっきりと話す練習をする

発音を覚えると実際に日常英会話で使うことになりますが、その時に大切なのは大きな声ではっきりと話すことです。

英語は日本語と比べて子音が多いので、はっきりと発音しないと聴き取りにくい言葉です。英語に自信がなくて話す時に小声になってしまう日本人の方も多いですが、それだとなおさら相手に通じません。

相手に伝わる英語を話せるよう、大きな声ではっきりと話す練習をするようにしましょう。

なお、スマホをお持ちであればGoogle翻訳のアプリで自分の発音チェックをするのがおすすめです。

大きな声ではっきりと話さないと認識されなかったり、発音の仕方が悪いと間違って認識されたりするので良い練習になります。特に日本人が苦手なRとL、BとVなどは念入りに練習しましょう。

コツ3 聴こえるままに発音する

英語は日本語と違い、単語と単語の音が繋がると音が変わったり、省略されたりします。

例えば「lots of」は「ロッツォ」、「have to」は「ハフタ」、「I’ve」は「アヴ」のように発音します。

そのため、「ロッツオブ」「ハフトゥ」「アイヴ」のように単語の発音をそのまま組み合わせても、ネイティブの自然な発音にはならなかったりします。

大切なのは、単語単位でなくフレーズ単位、文単位で発音を確認することです。ネイティブのように発音できるようになるために、聴こえるままに発音する練習をしていきましょう。

コツ4 アクセントに注意する

日本語は比較的アクセントがあまりはっきりしない言葉ですが、英語はアクセントが重要な言葉です。発音が正しくてもアクセントの位置が違うと通じないことも多くあります。

英語を話す際、アクセントの位置を今まで意識していなかったのであれば、これからはアクセントに注意して話すようにしてみてください。それだけでも意外と通じるようになったりします。

コツ5 イントネーションに注意する

アクセントと同じく、日本語は比較的イントネーションが一定の言葉なので、英語のようなイントネーションで話すのは多少恥ずかしく感じる方もいるかもしれません。

しかし、イントネーションが違うと文の意味が変わることもあるので、英語のイントネーションはとても重要です。ネイティブのイントネーションを繰り返し練習して早めに自分のものにしてしまいましょう。

まとめ

カタカナ英語でも知っている方がコミュニケーションの幅は広がるので、カタカナ英語が必ずしも悪いとは言いません。

しかし、「もっと自然に話せるようになりたい」「仕事で英語を話せるようになりたい」というように、高い目標がある方はネイティブのように発音できる練習をすることをおすすめします。