日常英会話で必須のGetの代表的な使い方4つ|練習問題付きで徹底解説

日常英会話で必須のGetの代表的な使い方4つ|練習問題付きで徹底解説

getは日常英会話でよく使われる単語ですが、使い方は様々あります。

この記事ではgetの代表的な使い方を4つご紹介したいと思います。

get(ゲットする)

最も一般的な使い方は「手に入れる」という意味を表す使い方です。

I got an email from her.
彼女からメールをもらった。

人もモノと同じように扱ったりもします。(人に対応することもgetを使って表します。)

“Kara is crying, honey.”
ねえ、カーラが泣いてるよ。
“Uh-oh, I’ll get her.”
あらら。見に行くわ。
(夫婦の会話で、Karaは赤ちゃんの名前。)

英語では病気もプレゼントと同じように get します。

“Do you have a cold?”
風邪ひいてるの?
“Yes, I got it from my daughter.”
ええ。娘にうつされたの。

get+形容詞

get+形容詞(または過去分詞)は日本語の「~になる」を表します。

Let’s hurry home! It’s getting dark.
家へ急ごう。暗くなってきた。

I’m getting hungry.
お腹すいてきたなぁ。

過去分詞は形容詞と同じ役割をします。よく使われる表現に次のようなものがあります。

Andy got married last year.
アンディは去年結婚した。

Get dressed quickly, or you’ll miss the bus!
さっさと着替えなさい。でないとバスに乗り遅れるわよ!
*ドレスじゃなくても”Get dressed”と言います。

I get tired easily these days. Maybe I’m getting old.
最近疲れやすいわ。年のせいかしら。

get to

get to は「到着する」を表します。

Oh, no! How can I get to work by 9:00?
まあ、やだ!どうやって9時までに出社できるかしら?

here/there, homeなど、目的地が副詞の場合 to は不要です。go home(家へ帰る)と同じです。

Does this train go to Shin-Osaka?
What time does it get there?
この電車は新大阪へ行きますか。
そこに到着するのは何時ですか。

get on/off・get in/out of

get on/off はバス、電車、飛行機、get in/out of は車の乗降を表します。

Please watch your step when you get on and off the train.
電車の乗り降りの際には足元にご注意下さい。

“Hey, Hanna! Where are you going? Get in.”
“Oh, thanks.”
「やあ、ハンナ!どこへ行くんだい?(車に)乗りなよ。」
「あら、ありがとう。」

getの代表的な使い方がわかる練習問題

getの代表的な使い方がわかる練習問題です。

Q1. 次の会話文の①と②を英訳して下さい。必要に応じて適切な形に変えたgetと( )内の単語を使って下さい。

1. エミ:明日はいよいよセンター試験。①なんだか緊張して来たわ~。(nervous)
サラ:大丈夫。②きっとあなたは合格点を取れるわ。(a passing score)

2. お母さん:もうそのくらいでやめたら?①気分が悪くなるわよ。(sick)
息子:だって美味しいんだもん。いつまで食べていても②飽きないよ。(tired of)

3. レナ:①最近寒くなってきたわね。(it)
メグ:そうね。②布団から出られないって毎朝思うわ~。(my bed)

Q2. ( )に on / off / in / out of / to の中から最も適切なものを選んで入れて下さい。同じものを何回使っても構いません。

1. “Will I have to change trains?”

“Yes. Get ( ) the subway at Bentencho Station and get ( ) one of the JR Lines. I think it’s Chuo Line, but I’m not sure.”

2. “Did she get angry? So, what did she do then?”

“She got ( ) my car and walked home.”

3. “I’d like to get ( ) the Central Terminal at 10:00. Where’s the bus?”

“Get ( ) the Q-33 bus over there. Run! It’s leaving in a minute!”

Q3. ①~③が会話の流れに沿った自然な文章になるように[ ] 内の語句を並べ替えて下さい。

Alex  : Hello, it’s me, Alex. Wayne, can you do me a big favor?

Wayne : What is it?

Alex : ①I’ve [ meet / to / my / at / got / boss ] Moonbucks tomorrow, but I’ve never been there. And you know, I haven’t got a car. ②I’m [ worried that / might / lost / getting / get / I ].

Wayne : OK, listen. You can take a bus to the WWV University,right? ③Call me [ on / you / before / get / the bus ],  and tell me what time you’ll get there. I’ll pick you up and drive you to Moonbucks.

Alex : Thanks a lot, Wayne.

Wayne : No problem.

getの代表的な使い方がわかる練習問題の解説

getの代表的な使い方がわかる練習問題の解説です。

Q1. 次の会話文の①と②を英訳して下さい。必要に応じて適切な形に変えたgetと( )内の単語を使って下さい。

1. エミ:明日はいよいよセンター試験。①なんだか緊張して来たわ~。(nervous)
I’m getting nervous.

サラ:大丈夫。②あなたは合格点を取れるわ。(a passing score)
You can get a passing score.
*「きっと」という気持ちを表したい時は“I’m sure”を文頭に付けると良いです。

2. お母さん:もうそのくらいでやめたら?①気分が悪くなるわよ。(sick)
You’ll get sick.

息子:だって美味しいんだもん。いつまで食べていても②飽きないよ。(tired of)
I won’t get tired of it. または I’ll never get tired of it.

気分が悪くなるのも飽きないのも先のことなので will を使います。「食べ飽きる」なら“get tired of eating it” です。

3. レナ:①最近寒くなってきたわね。(it)
It’s getting cold.

メグ:そうね。②布団から出られないって毎朝思うわ~。(my bed)
I can’t get out of my bed.
get out of” は “~の外へ出る”という意味で、「車から降りる」もこれを使います。

Q2. ( )に on / off / in / out of / to の中から最も適切なものを選んで入れて下さい。同じものを何回使っても構いません。

1. “Will I have to change trains?”
「電車に乗り換えなきゃならないのかなぁ。」

“Yes. Get ( off ) the subway at Bentencho Station and get ( on ) one of the JR Lines. I think it’s Chuo Line, but I’m not sure.”
「うん。弁天町で地下鉄を降りてJRの電車(の一つ)に乗りなさい。中央線だと思うけど自信ない。」

2. “Did she get angry? So, what did she do then?”
「彼女怒っちゃったの?で、それから彼女はどうしたの?」

“She got ( out of ) my car and walked home.”
「僕の車から降りて歩いて家へ帰ったよ。」

3. “I’d like to get ( to ) the Central Terminal at 10:00. Where’s the bus?”
「セントラルターミナルへ10時に着きたいんですが、バスはどこですか。」

“Get ( on ) the Q-33 bus over there. Run! It’s leaving in a minute!”
「そこのQ33番バスに乗りなさい。急いで!もう間もなく出発するよ!」

「Q33番のバスに乗って行きなさい」と案内する場合は”take”を使います。“get on”は乗るという動作、“take”は利用する(選ぶ)ことを表します。

まとめ

日常英会話で使われるgetの表現を覚えてコミュニケーションに生かしていきましょう。

超怪しいけど詐欺?1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「見るからに怪しい…」「詐欺なんじゃないの?」「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。