英語が早く上達する5つのポイント|1年もかからず英会話をマスターした人の秘訣とは

英語が早く上達する5つのポイント|1年もかからず英会話をマスターした人の秘訣とは

世の中には1年もかからず英語を短期間でマスターした方はたくさんいます。

一体どのように勉強をしたのか。英語を短期間で上達させた方の共通点をご紹介します。

いち早くネイティブのように英語を使いこなせるようになるためにも、ぜひチェックしてみてください。

英語が早く上達した5つのポイント

英語を早く上達させるポイントは5つあります。

ポイント1 英語を英語で学習した

短期間で英会話ができるようになった人の多くは、英語だけで英語を勉強しています。英語を短期間で上達させたいのであれば、英語を英語だけで勉強することが重要です。簡単に言えば、英語を覚えるためには日本語は不要ということです。

私たち日本人のほとんどは学校で英語を日本語で習ってきています。先生は日本人で英語を日本語で習う形です。たまにネイティブの講師が短期間だけ来たりしますが、ネイティブの講師が英語を話した後に、日本人の先生が日本語に訳すような授業です。

びっくりしている女性

学校の試験も英文を日本語に訳す問題や、日本文を英語に訳す問題がほとんどなので、英語を覚えるためには日本語で英語を勉強することが当たり前だと思ってしまいますが、これではただの英語習得の遠回りになってしまいます。

ネイティブと同じように英語を使いこなせるようになるためにも、ぜひあなたもスタートしてみてください。

ポイント2 自分の英語レベルに合った勉強をした

英語を早く上達させるためには、自分の英語レベルに合った勉強をすることが大切です。

難しい教材や書籍、問題集などを使って勉強をした方が英語が早く上達すると思いがちですが、これは逆効果で英語の上達を遅くしてしまうだけです。

例えば、全くの英語初心者がいきなり英字新聞を使って勉強をしても、わからない単語が多く、全く理解することができません。単語を調べたとしても意味がわからないものだらけでつまらないですし、やる気もなくなって長続きしません。

勉強している小学生

これは学校の勉強でも同じことです。小学1年生が高校1年生の勉強をしても、わからないことだらけで理解できません。学校の勉強も自分のレベルに合った勉強をして段階を踏んできています。

英語の勉強も一緒です。英語を早く上達させるためにも、自分のレベルをきちんと把握し、そのレベルに合った勉強をしていきましょう。

ポイント3 英英辞典を使った

英語を早く上達させるために辞典は英英辞典を使うようにしましょう。英語を英語だけで勉強していくことにもつながります。和英・英和辞典から英英辞典に変える。たった1つのことを変えるだけですが、英語の上達は非常に早くなります。

喜んでいる女性

英英辞典は英語だけの辞典なので使うことをためらう方も多いですが、少し考えてみてください。

あなたは日本語を調べる時には国語辞典を使うはずです。和英辞典や英和辞典は使いませんよね。なぜ和英辞典や英和辞典を使わないのかというと、日本語を調べることに英語は必要ないからです。

それと同じように、英語を調べるために日本語が全く含まれていない英英辞典を使います。中学英語がわかれば英英辞典を使うことはできるので、難しく考えずぜひチャレンジしてみてください。

ポイント4 TOEICと英会話は別物だと理解した

高いTOEICスコアを持っているのに英語を話せない人はたくさんいます。仮にTOEIC990点取れたとしても英会話が通じなければどうでしょうか。

英会話をマスターしたいなら会話の勉強をする。TOEICでハイスコアを取りたいならTOEICに特化した勉強をすることが重要です。

海外の女性

特に日本人は仕事でTOEICスコアを求められますので、TOEICに重点を置いた勉強をする方も多いですが、英会話もできるようになりたいのであれば、TOEICの勉強では話せるようにならないことを理解し、会話の勉強も取り入れてみてください。

ポイント5 英語環境を作った

英語を早く覚えた人は自分の周りに英語環境を作っています。日本にいながら英語環境を作ることを難しく考えている人も多いですが、実は簡単に作ることができます。

たしかに、次のような英語環境を日本で作りたいと考えているのであれば難しいです。

  • 英語しか話さない
  • 英語しか書かない
  • 英語しか聞かない
  • 英語しか読まない

どこに行っても周りにいる人はほとんど日本人、そして日本語なので厳しいと言えます。

  • 海外ドラマを見る
  • 英語で毎日1行の日記を書く
  • YouTubeやPodcastを活用する
  • 洋楽を聴く

など、簡単にできることで良いので英語に触れることができる時間を増やしましょう。それが英語を早く上達させる1つのポイントです。

パーティーの風景

ちなみに、海外留学やワーキングホリデーなどで海外に住めば「自分の周りはすべて英語環境になる」と思っている方も多いですがそれは違います。英語環境は自分で作るものなので、海外に行ったとしても自分できちんと決めない限り、毎日英語環境ができるとは限りません。

例えば語学学校に行ったとしても、学校以外にいる時は日本人と過ごし、日本語だけを使っていたとしたら、その時間は英語環境とは言えません。日本でも海外でも自分で行動して英語環境を作ることが大切です。

まとめ

英語が早く上達したポイントのまとめです。

  • ポイント1 英語を英語で学習した
  • ポイント2 自分の英語レベルに合った勉強をした
  • ポイント3 英英辞典を使った
  • ポイント4 TOEICと英会話は別物だと理解した
  • ポイント5 英語環境を作った

ぜひあなたも実践してネイティブのように英語を使いこなせるようになりましょう。