日本で通訳として働きたい!仕事の探し方とチャンスのつかみ方

日本で通訳として働きたい!仕事の探し方とチャンスのつかみ方

通訳の仕事はコミュニケーションをつなぐ人と人の間に立つ仕事なので、英語力だけでなく、社交性、コミュニケーション能力、ビジネスマナーなど語学以外のことも要求される職業です。

経験を積めば国際会議の同時通訳の仕事を受けることができたり、有名人の通訳として同行できたりと、華やかなイメージもあって人気も高いです。

しかしそうは言っても、通訳者として仕事をしたい場合、どのようにして探せば良いのかわからず悩んでいる方も多いです。そこで、通訳として働きたい場合の仕事の探し方についてご紹介させていただきたいと思います。

インターネットで通訳の仕事を検索する2つの方法

一番身近な通訳の求人検索の方法はインターネットを有効活用することです。通訳の仕事案件を探すことがおすすめのサイトはこの2つです。

Indeed あらゆる仕事 まとめて検索: 転職・求人情報検索

http://jp.indeed.com/

Indeedは、あらゆる求人情報を探せる検索エンジンです。「英語 通訳」「英語 通訳 仕事」などのキーワードで、簡単に通訳の求人を検索することができます。

通訳ディレクトリ

http://www.translator.jp/interpreting/

通訳者を技能や専門分野別に検索することができたり、通訳者求人情報を閲覧することができます。求人の内容は日本国内だけでなく、海外での募集も閲覧することができるので、日本以外で通訳者として働きたいと考えている方にもおすすめです。

通訳学校の支援を利用する2つの方法

通訳者として働く前に、通訳者の養成学校に通われた方もいらっしゃると思いますが、通訳学校ではコースを修了した方が通訳者として働けるようサポートを行っている学校も多数あります。支援制度がある学校を2つご紹介します。

アイ・エス・エスインスティテュート

http://www.issnet.co.jp/

1966年日本で初めて同時通訳者の養成学校として設立。通訳者だけでなく翻訳者の養成も行っています。

通訳コースは7つのレベルに分かられていて、準備科からプロ養成科、同時通訳科があります。コース受講中にOTJを通じて、現場で自分の実力を試すことができます。

OTJとは「On the Job Training」の意味で、企業内教育や訓練手法の1つです。学びながら実務経験を身につけることができ、コース終了後は派遣のお仕事も多数紹介してくれます。

サイマル・アカデミー

http://www.simulacademy.com/

1965年に日本初の国際会議通訳団体として株式会社サイマル・インターナショナルを立ち上げ、そこから通訳者を育成する学校が作られた歴史ある通訳者の育成学校です。

通訳者養成コースは5段階のレベル分けがされており、実践的な実力を身につけることができます。

在籍中に提携する人材派遣会社に登録できるので、通訳者としてのスキルを磨きながら通訳者として仕事を請け、キャリアアップをすることも可能です。また社内通訳も募集している時もあるので、こまめにチェックしてみてください。

余談ですが通訳専門の学校は翻訳の学校よりも数が少ないです。また学校の入門のレベルも高く、実務経験がある方がさらにスキルを磨きに行くケースが多いので、通訳学校に入ってそこの支援制度を利用する場合は、まずは学校の資料請求や体験をしてから入学することをおすすめします。

人材紹介派遣会社に通訳として登録する

通訳業界にコネクションや知り合いがいない限り、自分一人で仕事を持ってくるのは難しいですが、人材紹介派遣の会社に通訳者として登録しておけば、自分に適した案件があった際に仕事を請けることができます。例えば次のような会社で登録が可能です。

  • 株式会社サイマル・ビジネスコミュニケーション
  • プロスパー・エキスパートカレッジ/株式会社プロスパーコーポレーション
  • 株式会社ティックス
  • 株式会社アイ・エス・エス
  • 株式会社アローフィールド
  • 株式会社アークコミュニケーションズ

上記以外にも通訳・翻訳サービスを提供している会社もありますので、スタッフ登録をしておくと、実務経験を積むきっかけになるかもしれません。

ただ、人材紹介派遣会社に通訳者として登録する場合は、スキルチェックを受けて合格しなければなりませんので、登録する前に準備をしておきましょう。

ビジネスマッチングサイトに登録する

最近では個人でも参加できるビジネスマッチングサイトも増えてきました。英語が使えるのに通訳として発揮できる機会が無い、なかなか仕事が回ってこない場合は、ビジネスマッチングサイトを利用して、仕事を請ける可能性を広げるのも良いです。

通訳の仕事を探すことができるマッチングサイトを1つご紹介させていただきます。

通訳翻訳.jp
http://tsuyaku-honyaku.jp/

通訳翻訳.jpは、通訳・翻訳専門のマッチングサイトです。通訳案件を依頼したい、もしくは仕事をしたい双方のニーズに適したサイトとなっています。なお、通訳者として登録するには、自分の英語力を証明できるもの(英検やTOEICなどの書類)の添付が必要になります。

まとめ

未経験からいきなり仕事を得るのはチャンスやコネクションが無い限りなかなか無いでしょうが、そういった場合はボランティアで通訳をして実績を積むのも良い方法です。

通訳の世界は実力ありきの世界ですから、自分から積極的に動いて、どんどん仕事のチャンスをつかんでいきましょう。

1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。