海外で日本語を使わずに働きたい | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

海外で日本語を使わずに働きたい

海外で働く際、多くの場合は英語が必須になります。働く職によって求められる英語スキルは異なりますが、現地で生活・仕事をするにあたって、必要最低限の会話は英語でできた方が良いです。でも、せっかく海外で働くのだから、自分の語学力を発揮したいし、英語のみを使って働きたい、という方もいますよね。

そこでここでは、海外で日本語を使わずに働きたいと思っている方の仕事の探し方をご紹介したいと思います。

英語で求人を探す

海外にいたとしても、パソコンがあれば日本語で海外の求人を探すことができますが、日本語で掲載してある求人は日本人スタッフがいる場合が多かったり、日系企業だったり、日本語を使う環境が多いものも数多くあるので、求人を探す場合は、日本語ではなく英語で探してみることをおすすめします。

海外の求人サイトを2つご紹介させていただきますね。

①craigslist
http://abilene.craigslist.org/

craigslistじゃアメリカのCraigslist Inc.が運営するコミュニティサイトで、アメリカを中心として始め、今では世界50か国570都市向けのサイトを提供しています。不動産情報から求人情報まで、国・都市ごとに様々な情報を検索することが可能で、情報はその国ごとに現地語か英語で表示されます。

②learn 4 good
http://www.learn4good.com/jobs/language/english/list/all_countries/

learn 4 goodでは、求人情報はもちろんのこと、語学学校情報や大学情報なども閲覧することができます。「Job Location」で国を指定して求人検索をすることも可能。また分野別でも調べることができるので、自分の専門性を活かせる職も見つけられます。

現地人向けの求人情報誌やフリーペーパーを利用する

在日邦人向けの情報誌やフリーペーパー(ジャパンタイムズやニュースダイジェストなど)にも求人情報は載っていますが、やはり日本人向けに編集されているので、仕事で日本語を使いたくない、という人は現地人向けの求人誌等の利用をおすすめします。

現地の求人情報誌を利用することによって、自分が滞在している地域の会社の募集が掲載されていたり、インターネットには掲載されていない、マイナーな求人もある場合があるので、閲覧する価値は十分にあります。求人情報誌だけでなく、新聞などでも求人掲載をしていることがあるので、見逃さないようにしましょう。

海外サイトで現地の人向けのローカル誌や、新聞などを検索できるサイトを3つご紹介しますので、良かったら参考にしてみてください。

①Local Free Press
http://www.localfreepress.com/

アメリカの各州で発行しているフリーペーパーの詳細のリンク集です。

②World Newspapers and Magazines
http://www.world-newspapers.com/

世界各国の新聞や雑誌に関しての詳細が紹介してあります。

③OnlineNewspapers.com
http://www.onlinenewspapers.com/

こちらは世界各国のオンラインの新聞を紹介しています。媒体によっては求人情報があるものもあります。

海外の日系企業の求人以外を探す

海外で働く場合、確かに日系企業で働くのも一つの方法です。しかし日系企業に勤務してしまうと、企業内のルールも日本規定だったり、実際は社内でほとんど英語を使わなかったりするので、海外にいても逆に英語を使う機会が減ってしまいます。

それとは逆に、非日系企業、現地企業に応募すれば、日本語を業務上で使う機会はほとんどありませんので、そういった企業に応募するのも良いでしょう。

以下の3つは代表的な大手非日系企業です。

①Google Inc

米国Google社です。検索エンジンとしてのGoogleで有名ですね。世界40カ国に70の事業所を設けています。

②Adobe Systems Incorporated

コンピュータ・ソフトウェアの会社です。PhotoshopやIllustratorなどの製品が有名ですね。アジア圏、ヨーロッパ圏、インド、日本にも事業所があります。

③Apple Inc.

Appleはインターネット・デジタル家電製品、ソフトウェアの制作会社です。iPhoneやiPod、iPadなど様々な人気製品を生み出し、りんごのロゴマークが有名です。アメリカを基点としてヨーロッパやアジア、中東など様々な場所に事業所を展開しています。

上記以外にも外資系の会社は沢山あるので、各企業ホームページにアクセスして、採用情報を探ってみましょう。

専門性の高い仕事に就く

海外研究機関で研究職など、専門性の高い分野で働くのも良いです。特に日本の研究者の海外進出はまだまだ盛んではないので、マイナーであればあるほど、日本人スタッフがいない可能性が高いようです。専門的な技術や、知識、学位を持っている方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

日本人の少ない国に行く

これは結構思い切った方法ですが、日本人が少ない国に行けば、強制的に日本語は使用できないので、英語のみ、もしくは現地語のみを使って仕事をすることになります。

現在世界で日本人がいない(永住していない国)は7か国(ほとんどがアフリカ諸国)あります。ただ日本人がいない、行かない国はやはり治安が悪かったり、不便な場所だったり、それなりの理由があるので、行く場合は相当覚悟してから渡航することをおすすめします。

以下は日本人が少ない国です。

・アイルランド
公用語は英語とアイルランド語です。イギリスの隣にあります。

・マルタ共和国
公用語は英語とマルタ語です。イタリアのシチリア島の南、地中海にある3つの島からなる国です。

・サンマリノ共和国
イタリア半島の中東部に位置する小さな国です。

・南アフリカ共和国
約11言語が公用語となっていますが、英語も通じます。ケープタウンは観光地として有名ですが、国としては治安が不安定なので、行くならばご用心を。

上記のような方法で、日本語を使わず、英語だけを使う仕事を意識的に探すことができます。

せっかく海外で働くことを決めたのでしたら、どうせなら日本語から離れた仕事に就くのはいかがでしょうか?きっと現地の環境にドップリ浸かることができ、もっと楽しむことができますよ。

ちなみに、日系企業でない非日系企業で働く、ということは、現地人向けの仕事を外国人が行う、ということになります。英語が母語の外国人と対等に仕事をこなさなければなりませんから、自己主張を強く持って、堂々と働きましょうね。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

海外で英語を生かして働く
海外で日本語と英語を生かして働く
英語を使った仕事の探し方
持ってきてよかった忘れがちな海外旅行のお供12コ
速読法「速習」の効果と特徴

VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。