英語の学習効果を劇的に上げるおすすめのアロマブレンド19選|アロマを活用して短期間で英会話を習得しよう

英語の学習効果を劇的に上げるおすすめのアロマブレンド19選|アロマを活用して短期間で英会話を習得しよう

英語学習に取り組んでいるアナタ、勉強に疲れてしまったり、集中力が続かなかったりという経験はありませんか?

「英会話の勉強したいんだけど何だか気分が乗らない」「頭が疲れてしまっていて勉強がはかどらない」など、学習期間が長くなればなるほどスランプに悩まされることが多くなると思います。

そんな状況をアロマセラピーの力で改善してみませんか?人の心を前向きに整えてくれる効果のあるアロマセラピー、最近ではこのアロマセラピーを英語学習に役立てようという方が増えています。

英語学習効果を上げるアロマセラピー

「アロマセラピー」というと、皆さんはどんなイメージを抱くでしょうか?「若い女性が楽しむもの」「美容の一部」というイメージばかりが先行していませんか?

男性の皆さんの中には「興味があるけど、何だか恥ずかしくって挑戦できない」という方もたくさんいらっしゃると思います。しかし、アロマテラピーにはリラックス効果や集中力アップ効果など、英語学習に励む方にとって実に魅力的な効果があります。アロマセラピーは単なる女性向けの癒しツールではないのです。

英語学習の効率をアップさせるためにぜひアロマセラピーを活用してください。アロマセラピーは英語学習に行き詰まりを感じていたアナタにとって、状況を打破するきっかけになること間違いなしです。

アロマセラピーの楽しみ方

では実際にどんな風にアロマセラピーを楽しむことができるのでしょうか?芳香浴の方法として一般的なのが、アロマポットやアロマディフューザーで部屋いっぱいに香りを広げる方法です。デフューザーは大きなものから小さなものまでオシャレなものがいろいろ売り出されているので、自分の部屋に合ったものを選ぶと良いと思います。

キャンドルを灯すアロマポットタイプのものや、コンセントに直接挿す電気を使うものなどあります。キャンドルタイプのものはすごく雰囲気が良いですが、あくまで学習に専念したいという方には電気タイプの方が安全でしょう。

デフューザーを使わない、もっと手軽な方法で芳香浴を楽しむこともできます。例えばハンカチに1滴だけ精油を染み込ませる、水の入った霧吹きのなかに数滴精油をたらしてリフレッシュしたいときにひと吹きするなどの方法があります。

利用する精油は各精油の香りの効果に注目して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。しかし、どんなに香りに効果があるといっても、ご自身の好みの香りでなければその効果は期待できません。嫌な香りの中に無理をして身を置いていても、気分が悪くなるだけです。精油は薬ではないので、「この香りが絶対に効く」というものではありません。

ご自身の好みの香りこそが、アナタをリラックスさせたり、集中力を高めたりすることができるのです。これからご紹介する精油の効能をもとに、ご自身のお気に入りの香りを見つけていただきたいと思います。

アロマセラピーに必要なもの

アロマセラピーを楽しむためにいくつか準備するものがありますが最近ではどれも簡単に手に入ります。香りの効果を得るために必要なのは次の2つだけです。アロマセラピーは意外とお手軽に、しかも簡単に普段の生活に取り入れることができます。

精油

まずは精油です。精油とは植物から抽出したエキスで、有効成分を高濃度に含んだものをいいます。精油にも種類があるので、ご自身がどんな効果を期待するかによって準備する精油は変わります。各精油の効能については後ほど詳しくご紹介していくので、ぜひ参考になさってください。

デフューザー

芳香浴を楽しむために、一般的にデフューザーという精油の香りを広げる芳香器を用います。キャンドルの火を使うアロマポットや電気の力を使うものなど様々なタイプがあるので、ご自身の好みに応じて準備すると良いでしょう。

状況別|おすすめのアロマブレンド19選

おすすめのアロマブレンドをご紹介して行きます。ご紹介するアロマをアロマポットやアロマライトで熱し、英語学習しながら芳香浴を楽しみます。ハンカチやティッシュに染み込ませて机上に置いておくのも良いでしょう。

精油のブレンドを楽しむ場合にはくれぐれもそれそれの精油の量を守ってください。ご紹介するレシピでは刺激の強い香りが少なめになっているので、比較的バランスのとれた配合となっています。

記憶力アップ

たくさん覚えるべきことがある資格試験にのぞむ方は、極力短期間でしっかりと正しい知識を身につけることができる記憶力が必須です。しかし、ほとんどの場合は「一つ覚えたら一つ忘れる」の繰り返しで、反復学習によって何度も何度も復習することでやっと知識が定着することでしょう。

「学問に王道なし」というように、どんな学習にも地道な努力が不可欠です。ですが、より効率よく学習を進めるために、反復学習と共にぜひ記憶力をアップさせるアロマを試していただきたいと思います。

記憶力をアップさせる効果のあるアロマとして、脳の働きを活発化させるローズマリー、バジル、レモングラスなどのスパイシーな香草系の香りがオススメです。メンソール系のペパーミントには頭をすっきりさせてくれる働きがあり、この爽快な香りも記憶力をアップさせてくれます。オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系の香りには気分を前向きにしたりエネルギーを高めたりという効果があるので、これらをブレンドしたアロマオイルも大変有効です。

上にご紹介した香りは単独で活用しても良いですが、ブレンドして豊かな香りを味わうのも効果的だと思います。香りのレシピをご紹介します。

  • ローズマリー2滴 + ペパーミント1滴
  • レモングラス1滴 + オレンジスィート2滴
  • ペパーミント1滴 + グレープフルーツ1滴 + バジル1滴

集中力アップ

長時間学習を続けていると、次第に集中力が低下し、勉強に身が入らなくなってくると思います。そんな時は脳が疲れている証拠。一度しっかり休憩して脳を休ませてあげることが大切です。

無理をして英語の勉強を続けても勉強を苦しいものにしてしまうだけで逆効果と言えます。少し休憩してもすぐにまた集中力が途切れてしまう場合には、集中力アップに効果のあるアロマの試してみると良いでしょう。アロマの力で心がすっきりとし、英語学習がはかどるようになります。

集中力を高める効果のあるアロマとして、ローズマリー、バジル、レモングラスなどの刺激のある香りをオススメします。これらの香草系植物由来の精油には、脳の働きを活発化させる効果があるといわれています。エネルギーを高める効果のあるレモンやオレンジなどの柑橘系の精油をブレンドして、より一層効果を高めることができます。

また、サイプレスやパインなどの森林系の香りには心を落ち着かせ、集中力を高める効果があります。その他メントール系のペパーミントで頭をすっきりさせるのも有効です。香りのレシピをご紹介します。

  • ローズマリー2滴 + ペパーミント1滴
  • レモングラス1滴 + オレンジスィート2滴
  • ペパーミント1滴 + グレープフルーツ1滴 + バジル1滴
  • サイプレス2滴 + ペパーミント1滴

やる気を出させる

「最近、勉強をしなくちゃいけないと思っていても何となくやる気がおきない」「やるべきことはたくさんあるのに何だか頭がボ〜っとしてしまう」というアナタ、それは心がだいぶ疲れているサインです。たまには勉強とは違うことに目を向けて、リフレッシュしてみませんか?

しかし中には「何をしていても勉強が気になってしまって…」という方もいるはず。そんな時はアロマの力を借りて、やる気をアップさせてみましょう。

まずオススメなのが爽やかな柑橘系の香りです。具体的にはレモンやグレープフルーツ、オレンジ、パインなどです。柑橘系の香りには気持ちを明るく前向きにしてくれる効果があります。甘酸っぱい爽やかな香りが頭をすっきりさせてくれたり、チャレンジ精神を呼び起こしてくれたり。さっぱりとした香りで、勉強に対して前向きな気持ちを作ることができるでしょう。

また、ペパーミントに代表されるようなすっきりとした香りも非常に効果があります。やる気がおきないさえない頭をすっきりと整理し、意欲を取り戻させてくれるでしょう。香りのレシピをご紹介します。

  • ベルガモット3滴 + レモン2滴 + ペパーミント1滴
  • グレープフルーツ2滴 + ローズマリー1滴 + オレンジ2滴
  • サイプレス2滴 + マジョラム1滴 + パイン3滴

気分をリフレッシュさせる

英語の勉強をしていても何となく気分が乗らない、集中力に欠けるというときは心が疲れている証拠です。そんな時は一度気分をリフレッシュさせる必要があります。気分をリフレッシュさせるためには思い切って勉強から離れてみるのがオススメです。少し勉強と距離を置くことで再びやる気が戻ってきます。

また、適度な運動によって気分転換を図るのも良いでしょう。心がすっきりとして前向きな気分になれます。アロマセラピーで気分をリフレッシュさせることもできます。

気分をリフレッシュさせるのに効果的なアロマは柑橘系の爽やかな香りです。具体的にはグレープフルーツやレモンなど、甘さが比較的少ない爽快感のあるものがオススメです。ペパーミントなどのメンソール系の香りも心と身体をすっきりとさせてくれます。

その他シダーウッドやフランキンセンス、ヒノキなどの樹木・樹脂系の香りも、まるで森林浴をしているかのような爽やかな気持ちにさせてくれるでしょう。香りのレシピをご紹介します。

  • グレープフルーツ2滴 + ジュニパー1滴
  • ペパーミント1滴 + オレンジスィート2滴
  • シダーウッド2滴 + フランキンセンス2滴 + ヒノキ1滴

ストレスに効く

英語の勉強を続けていると、個人差はあるもののストレスがたまるものです。ひどくなると寝込んだり薬によって症状を改善させたり、ということもありますが、少しくらいのストレスであれば自然の力で解消させたいものです。

英語学習によるストレスは、水泳やジョギングなどの適度な有酸素運動によって解消できます。長時間続けても苦しくならない心地よい運動は、精神を前向きにさせてくれることでしょう。また、アロマセラピーによってストレスでイライラした気持ちをすっとさせることもできます。

ストレスを感じている時に効くのはサンダルウッドやフランキンセンス、ヒノキなどの樹木・樹脂系の自然な香りです。まるで森林浴をしているかのような心地よい森の香りに包まれれば、ストレスがす〜っと引いていく感覚を味わえることでしょう。

疲れた神経をなだめるハーブの香りもオススメです。マジョラムやゼラニウム等が挙げられます。さらにローズやラベンダーなどのフフローラル系の香りには、ピリピリとした心を落ち着かせる効果があります。優雅な甘い香りで心からリラックスできます。香りのレシピをご紹介します。

  • フランキンセンス2滴 + マジョラム2滴 + レモン1滴
  • サンダルウッド2滴 + ゼラニウム1滴 + パチュリー2滴
  • クラリセージ2滴 + ラベンダー2滴 + ベルガモット1滴

気分をリラックスさせる

効率の良い英語学習には、勉強をしている時と休憩している時のオン・オフの切り替えをしっかりすることが重要です。「勉強する時には頭をフル回転させて集中し、休憩している時には十分に脳を休ませてあげる」、この区別をつけることで学習効率をより高めることができます。

意識的にオン・オフを切り替えることは大切ですが、オン・オフで楽しむ香りを変えて身体にもその区別を染み込ませると良いでしょう。勉強している時は、すでにご紹介した集中力や記憶力を高める香りを楽しんでください。気分をリラックスさせるのに役立つアロマをご紹介します。

気分をリラックスさせる効果のある香りは、ローズやローマンカモミール、ラベンダーなどのフローラル系の優雅な香りです。花々の甘い香りに包まれれば、ゆったりとした幸福な気分になることでしょう。

オレンジスィートやグレープフルーツ、パインなどの柑橘系の香りにも、心を元気にさせてくれる効果があります。疲れている気分を明るい気持ちにさせてくれ、リラックスできます。その他、ペパーミントのさっぱりとした香りには疲れた心を癒す効果があり、こちらもリラックスに役立ちます。香りのレシピをご紹介します。

  • クラリセージ2滴 + オレンジスィート1滴 + ラベンダー2滴
  • パイン2滴 + ペパーミント1滴
  • グレープフルーツ2滴 + ベルガモット2滴 + サイプレス1滴

目の疲れに効く

長時間勉強を続けていると目が疲れて、視界がぼんやりしてしまうことがあります。最近ではインターネットやパソコンを利用する教材も増えているので、それらのユーザーは特に疲れ目に悩まされていることでしょう。目が疲れてしまうと活字を追いかけるのが困難になり、次第に思考力も低下してきます。

この状態で無理をして勉強していても勉強が辛くなるだけです。こんな時は無理をせずに、目元を冷やしたり目をつぶって芳香浴を楽しんだりして、症状を改善させましょう。疲れ目や目の乾燥に効果のある精油をご紹介します。

疲れ目や目の乾燥に効果があるのはペパーミントやティートゥリーなどのすっとした刺激のある香りです。メンソール系の爽やかな香りや疲れた目をすっきりとさせてくれます。樹木系のナチュラルな香りで鎮痛作用もあるマジョラムやローズマリーもオススメです。

特に目の疲れがひどい時や、目の疲れから肩こりや頭痛を感じる時にも効果があります。さらにラベンダーなどのフローラル系の優しい香りも良いでしょう。高いリラックス効果がストレス性の疲れ目によく効きます。香りのレシピをご紹介します。

  • ベルガモット2滴 + ラベンダー1滴
  • ティートゥリー2滴 + ペパーミント1滴
  • マジョラム2滴 + ローズマリー2滴
  • ラベンダー2滴 + ペパーミント1滴

緊張感が続く時に効く

勉強している時でも「試験のことを考えると緊張してしまう」「ドキドキして勉強が手につかない」という方もいらっしゃることでしょう。試験本番でしっかりと実力を発揮するために、日頃からしっかり落ち着いて勉強を進める必要があります。

そのためにはまず今の勉強に集中しようと心がけることが大切です。先の試験のことばかり考えずに、今覚えることだけを考えるようにするのです。「心がけているけどいまいち上手くいかない」というときには、ぜひ緊張を緩和させるアロマを試してみてください。

緊張した気分を落ち着かせるのはフローラル系の優しい花の香りです。具体的にはローズやラベンダー、ローマンカモミールなどの優雅な甘い香りで、これらにはリラックス効果もあります。

樹木・樹脂系のシダーウッド、ヒノキ、フランキンセンスなどのナチュラルな香りには高ぶった気持ちを落ち着かせる効果があります。その他、マンダリンの優しい温かみのある香りも、緊張をほぐすのに有効です。香りのレシピをご紹介します。

  • ジュニパー1滴 + フランキンセンス3滴 + マンダリン1滴
  • ラベンダー2滴 + ゼラニウム2滴 + クラリセージ1滴
  • ヒノキ2滴 + シダーウッド2滴

食欲アップ

効率よく英語学習を進めるためには、しっかり栄養を摂ることが重要です。きちんとした食事は頭の働きを活発化させ、記憶力アップや集中力を高める効果があります。しかし「あまりに学習に夢中になってしまって気分が悪い」また「運動不足から空腹感が無い」等、食欲がわかないということもあるかもしれません。特に夏場は勉強のために冷房で冷え切った部屋にこもることも多いかと思いますが、身体の冷えも食欲ダウンに大きく関係しています。

英語学習の効果を高めるためには、まずはしっかり栄養素を摂れる健康的な身体作りが肝心です。勉強の合間に適度に体を動かし、気分転換を図り、身体的・精神的に健康な状態を保つことを心がけましょう。「どうしても食欲がわかない」という方は、食欲増進作用のあるアロマを試してみてはいかがでしょうか?

食欲をアップさせる効果のあるアロマは、柑橘系のアロマです。柑橘系の精油にはリモネンと呼ばれる成分が確認されており、リモネンに食欲増進効果があるといわれています。具体的にはレモンやグレープフルーツ、スィートオレンジ、マンダリンなどを挙げることができます。

タイムやレモングラス、ジンジャーなどのスパイシーな香りにも食欲を刺激する効果があります。刺激的な香りが特徴のハーブは香辛料にも用いられています。香草の刺激によって体を温める効果もあります。ペパーミント等のさっぱり系の香りも食欲アップに役立つといわれています。香りのレシピをご紹介します。

  • グレープフルーツ2滴 + レモングラス1滴
  • マンダリン2滴 + タイム1滴
  • レモン2滴 + ペパーミント2滴

落ち込み気味の気分に効く

英語学習をしていると思うようにはかどらなかったり、本当に資格が取れるのか不安になったり、模擬試験で失敗してしまったりと、気分を落ちこませる状況がたくさんあると思います。少々の気分のアップダウンは仕方ないですが、落ち込みがあまりにひどい場合や立ち直るまでに時間がかかでしょう。そんな時は、ぜひアロマの力を借りてみてください。元気で明るき気持ちになれる香りが、アナタの気分を明るく前向きにしてくれます。

落ち込み気味の気持ちに効く香りは、何と言っても柑橘系の爽やかな香りです。具体的にはオレンジスィートやレモン、グレープフルーツ、マンダリンなどです。柑橘系の香りには、エネルギーを高めて気持ちを前向きにしてくれる効果があると言われています。ユーカリやローズマリー、サイプレスなどの香りは神経系を程よく刺激してくれるので、落ち込んで勉強が手につかないときにオススメです。

ラベンダーやローマンカモミールなどのゆったりとした甘い花の香りには、充実感や幸福感をもたらす作用があります。心をリラックスさせて明日からの学習への意欲を取り戻させてくれます。香りのレシピをご紹介します。

  • オレンジスィート2滴 + レモングラス2滴 + メリッサ1滴
  • ユーカリ2滴 + サイプレス1滴 + ローズマリー2滴
  • マンダリン1滴 + オレンジスィート2滴 + ラベンダー1滴

眠れない時に効く

効率の良い英語学習には、質の良い眠りが不可欠といわれています。睡眠には記憶した知識を脳に定着させる働きがあります。翌日の学習効率アップのために頭をすっきりさせる効果もあります。1日が終わり、夜眠る時にはしっかりと脳を休めてあげることが大切です。

ぐっすりと眠るコツは、「寝る直前1時間は脳を働かせない」ことです。眠る直前まで勉強をしていると、脳が興奮した状態を落ち着かせるのに時間がかかり、いざ眠ろうとしてもすんなり眠りにつくことができません。

また、適度な運動をして身体にちょうど良い疲れを与えることも効果があります。どうしても眠れない時には、「眠らなくちゃいけない」と無理に眠ろうとせずに、まずはリラックスするよう心がけましょう。

リラックス効果の高いアロマとして、フローラル系の優雅な甘い香りをオススメします。具体的にはラベンダーやローマンカモミールなどです。スローラル系の優しい香りには、不安や緊張を取り除いてくれる効果があります。

フローラル系の香りが苦手な方には、イランイランやサンダルウッドなどのナチュラルなゆったりとした香りが良いでしょう。神秘的な香りが深い眠りを誘ってくれます。その他、緊張を和らげる効果の高いクラリセージもオススメです。香りのレシピをご紹介します。

  • イランイラン2滴 + サンダルウッド2滴 + パチュリー1滴
  • ラベンダー2滴 + クラリセージ1滴 + ベルガモット2滴
  • ローマンカモミール2滴 + ラベンダー2滴 + プチグレン1滴

パニックになりがちなアナタに効く

「いざ試験本番」というときに、パニックになってしまって自分の実力を十分発揮できないという方も多いかと思います。俗に言う「本番に弱いタイプ」の方は、まず十分な準備期間を設けることで納得いくまでしっかりと準備することが大切です。

また、模擬試験を複数回受験することで、本番の状況に備えることもオススメです。とにかく自分に自信をつけて試験に臨むよう心がけましょう。パニックになりがちなアナタを優しく支えてくれるのがアロマセラピーです。アロマの香りそのものにリラックス効果があるのはもちろんのこと、普段から親しんでいる香りを試験会場に持っていくことにも緊張をほぐす効果があります。

パニックになりがちなアナタにオススメの香りは、ラベンダーやローマンカモミールなどのフローラル系の優雅な香りです。花々の甘い香りにはリラックス効果があり、パニックになりがちな心を落ち着かせてくれます。

シダーウッドやヒノキ、フランキンセンスなどの樹木・樹脂系の香りにも気持ち落ち着かせる効果があります。森の中にいるようなナチュラルな香りは、思わず深呼吸したくなるような安らげる香りです。その他、心の興奮を鎮める効果のあるイランイランにもパニックをおさえる効果があります。香りのレシピをご紹介します。(緊張感が続く時に効くアロマと同じです)

  • ジュニパー1滴 + フランキンセンス3滴 + マンダリン1滴
  • ラベンダー2滴 + ゼラニウム2滴 + クラリセージ1滴
  • ヒノキ2滴 + シダーウッド2滴

肩こり解消

長い時間勉強をしていると、どうしても同じ姿勢を続けたり、肩が緊張してしまったりしがちです。肩の筋肉が硬直しリンパの流れがスムーズでなくなると、肩こりの辛い症状が出てきます。肩こりにならないよう、日頃から勉強の合間に腕や肩を良く動かすなどの工夫が必要です。

すでに肩こりの症状に悩まされている場合には、優しく揉みほぐして筋肉の緊張をほぐす必要があります。マッサージの際にはぜひ精油の力を取り入れて、肩こり解消効果を倍増させましょう。

肩こり解消に効果的なのは爽やかなハーブの香りです。具体的にはマジョラムやローズマリーなど、疲労回復効果のある香りがオススメです。優しいフローラル系の香りでリラックスする必要もあります。ラベンダーやローマンカモミールなどの優雅な香りが効果大です。肩こり解消と共に心まで穏やかにさせてくれることでしょう。

樹木のさっぱりした香りも、筋肉の内側に働きかけて代謝を促してくれます。例としてはサイプレスやジュニパーが挙げられます。これらにはデトックス効果があり、蓄積された疲労物質を排出してくれる働きもあります。さらにペパーミントなどのメンソール系の香りにも、肩の痛みをすっきりとさせてくれる効果があります。香りのレシピをご紹介します。

  • マジョラム2滴 + ローズマリー2滴 + ペパーミント1滴
  • ゼラニウム2滴 + ラベンダー1滴 + ローマンカモミール1滴
  • サイプレス2滴 + ジュニパー1滴 + ローズマリー1滴

イライラを鎮める

日々の生活と英語の勉強の両立で忙しい毎日を送るアナタ、ちょっとしたことでイライラしてしまっていませんか?このイライラをどうにかしたいのに、些細なことで腹を立ててしまったり、苛立ちすぎて勉強が手につかなくなってしまったり。イライラを放っておくと勉強を続ける上でとっても悪影響です。そんな時はアロマの香りで少しだけゆったりとした気持ちを取り戻してみませんか?

イライラに効くのは優雅なフローラルの香りです。具体的にはラベンダーやローズウッドなどのゆったりとした甘い香りのする精油です。フローラル調の香りにはリラックス効果があり、神経系のピリピリを鎮めてくれます。心の興奮を鎮め、穏やかな気分にさせてくれる効果もあります。これらフローラル系のアロマはお部屋の芳香剤にもよく用いられている香りです。

しかし、中には甘い香りが苦手という方もいらっしゃることでしょう。そんな方はフランキンセンスやサンダルウッドなどの樹脂系のゆったりとした香りがオススメです。樹脂系の精油も比較的甘い香りですが、フローラル系ほどの強い香りではないため、香りがあまり得意でない方にも気軽に試していただけます。森林の中にいるような心地よい香りが緊張や不安を和らげ、心を落ち着かせてくれます。香りのレシピをご紹介します。

  • イランイラン2滴 + サンダルウッド2滴 + ゼラニウム2滴
  • クラリセージ1滴 + ラベンダー2滴 + ローズウッド2滴
  • ジュニパー1滴 + フランキンセンス2滴 + ローズマリー1滴
  • サイプレス1滴 + ヒノキ2滴 + ペパーミント1滴

頭痛解消

「長時間勉強していて頭が疲れてしまった、痛くなってしまった」という方は多いと思います。そんな時には一度勉強の手を止めてゆっくり休んだり仮眠をとったりするのが良いのですが、「試験まで残りわずか!寝ている場合ではない!」という状況もあるかと思います。

頭痛は症状が出てしまうと気分まで落ち込んでしまうもの。勉強を進めるアナタは、いち早くその症状を改善させる必要があります。頭痛治す方法として鎮痛剤に頼るのも一つの方法ですが、できることなら薬には限らず自然の力で治したいものですよね。そんな時はアロマの力で症状を緩和することができます。

頭痛に効く香りはすっきりとしたハーブの香りです。具体的にはマジョラムやユーカリ、ローズマリーなどが挙げられます。クリアなハーブの香りを吸い込むと自然に呼吸が深くなり、頭部に送り込む血液量を多くすることができます。脳の血液循環が良くなると、頭痛の症状が良くなってきます。

フローラル系の優しい香りもオススメです。花々の優しい香りが自律神経の乱れを整え、血流が良くなります。具体的にはラベンダーやローマンカモミール、ベルガモットなどです。これらフローラル系の香りには鎮痛作用もあるため、頭の痛みに優しく働きかけてくれることでしょう。香りのレシピをご紹介します。

  • マジョラム2滴 + ユーカリ1滴 + ローズマリー1滴
  • ラベンダー2滴 + ペパーミント2滴 + ローズマリー1滴
  • ベルガモット1滴 + ラベンダー2滴 + ローマンカモミール2滴

花粉症に効く

春先に皆さんを悩ませるのが花粉症です。花粉症の症状で涙と鼻水、さらには咳が止まらないという方もたくさんいらっしゃるでしょう。最近では花粉症に効く薬も市販されていますが、薬のせいで眠気に襲われるということもあるでしょう。

「花粉症の辛い症状や薬による眠気で、春先は勉強どころではない!」とお悩みのアナタ、アロマでその症状を緩和させてみませんか?花粉症は、鼻や目に花粉が入り込むことによって炎症が起こり、その花粉を除去しようという身体の機能によって涙や鼻水が出ます。このような身体の免疫系の働きを助け、花粉症の症状によるストレスを和らげる香りをご紹介しましょう。

まずは免疫系の調整機能に働きかけるティートゥリーとペパーミントです。すっとする爽やかな香りが、鼻の粘膜の不快感を取り去ってくれることでしょう。

ラベンダーやローマンカモミールには炎症を鎮静させる効果があります。フローラル系の優しい香りはゆったりとした気分にさせてくれ、リラックス効果も抜群です。ローズマリーの穏やかな炎症鎮静効果も敏感な粘膜部にオススメです。香りのレシピをご紹介します。

  • ティートゥリー2滴 + ペパーミント2滴
  • ラベンダー1滴 + ローズマリー2滴
  • ローマンカモミール1滴 + ゼラニウム2滴

咳・のどの痛みに効く

一生懸命勉強していると、夢中になりすぎてどうしても時間を忘れてしまうものです。冬の寒い夜につい薄着で頑張りすぎてしまうと、翌朝咳が止まらなかったりのどが痛くなってしまったりという、風邪の症状に悩まされることとなってしまいます。

「風邪かな」と思ったらなるべく暖かくして、栄養価の高いものを食べ、早めに休むのが一番。しかし、「資格試験まであと○日!」と迫っている場合には、ゆっくりしていられません。そんな時には、これからご紹介する香りを試してみてください。次第に症状が改善されていくことでしょう。

咳やのどの痛みなどの風邪の症状にオススメなのが抗ウィルス作用の高い精油。具体的にはティートゥリーやユーカリなどです。「ちょっと風邪気味かも」と感じたら、まず試していただきたい精油です。

気管支の炎症を抑える効果のあるマジョラムやパインは、のどの痛みや咳に良く効きます。さらに痰や鼻水といった症状をすっきりさせてくれるのがメンソール系のペパーミントです。不快な諸症状をさっぱりと取り去ってくれる効果があります。香りのレシピをご紹介します。

  • ティートゥリー2滴 + ユーカリ2滴
  • マジョラム2滴 + パイン1滴
  • ペパーミント2滴 + タイム1滴
  • ペパーミント1滴 + マートル2滴

憂鬱な気分に効く

目的の資格取得に何度か失敗し、勉強期間が長くなると、まるで真っ暗なトンネルのなかにいるよう。どんどん孤独で憂鬱な気分になってきます。「いつになったら目標を達成することができるんだろう」「自分には一生無理なんじゃないか」と暗い気持ちになってしまった時には、思い切って一度勉強から離れてみることをオススメします。

英語学習と少し距離を置くことで、また前向きな気持ちになれたり、意欲がわいてきたりすることがあります。しかしそれでもちょっと心が辛い時には、アロマの力で憂鬱を追い払いましょう。心が元気になれる香りの効果できっと明るい気分が戻ってきます。

憂鬱な気分に効く香りは柑橘系のさっぱりとした香りです。具体的にはオレンジスィートやグレープフルーツ、レモンなどのさっぱりとしたみずみずしい香りです。柑橘系の香りには気持ちを前向きにしたり、エネルギーを高めてくれる作用があります。

ローズやラベンダーなどのフローラル系の優雅な香りには高いリラックス効果があります。甘い香りが苦手な方には、クラリセージやジャスミンなどのほのかに甘く香る精油がオススメです。その他、ゆったりとしたイランイランの香りは、リラックス・鎮静効果が高いので、憂鬱な気分を改善してくれるでしょう。香りのレシピをご紹介します。

  • オレンジスィート2滴 + ローズ1滴
  • ジャスミン2滴 + イランイラン1滴
  • レモン2滴 + ネロリ1滴 + クラリセージ1滴

夏バテに効く

夏バテの症状としては、何となく身体がだるい、やる気が出ない、眠りが浅い、食欲が無いなどが挙げられます。夏は秋の資格試験に向けてラストスパートをかけなくてはいけない大切な時期、大学受験においても夏は「受験の天王山」といわれています。

夏バテに負けずにしっかりと学習を進めるためには、意識的に身体のコンディションを整えることが必要です。暑いからといって冷房に頼り過ぎない、多少食欲が無くても食べるようにするなど、できることはたくさんあります。また、アロマセラピーを取り入れることで夏バテ解消することもできます。

夏バテの諸症状に効く精油をまとめてみました。

○身体がだるい・やる気が出ない…ローズマリーやレモングラスなどのスパイシーな香りや、ペパーミントなどのメンソール系の爽やかな香り
○眠れない…ラベンダーやローズなどのフローラル系の優雅な香りや、イランイランのゆったりとした香り
○食欲が無い…グレープフルーツやレモンなどの柑橘系の香り。

夏バテの症状は人によって様々です。症状に合わせて、ぜひ利用するアロマを工夫してください。香りのレシピをご紹介します。

  • グレープフルーツ2滴 + ローズマリー1滴 + オレンジ2滴
  • イランイラン2滴 + サンダルウッド2滴 + パチュリー1滴
  • ローマンカモミール2滴 + ラベンダー2滴 + プチグレン1滴
  • マンダリン2滴 + タイム1滴
  • サイプレス2滴 + マジョラム1滴 + パイン3滴

オススメのアロマショップ

いざ「アロマセラピーを試してみよう!」と思っても、一体どこでアロマ関連のアイテムを揃えたら良いのでしょうか?最近ではアロマセラピーもずいぶん一般的になってきており、アロマオイルやディフューザーなどはデパートや雑貨店等ご近所のお店に必ず置いています。初めてアロマグッズを購入しようという方は、その品物の多さにどんなものを選んだらよいのか迷ってしまうかもしれません。

また、「純度100%の精油だと思って買ったものが実はブレンドオイルだった」というように、商品知識の不足から失敗してしまうケースもあると思います。アロマセラピー初心者の方は、まずはアロマセラピーの専門知識を持ったスタッフが在籍するアロマ専門店で、直接アドバイスを受けながらアイテムを揃えることをオススメします。

以下にオススメのアロマショップをご紹介します。どのショップも路面店はもちろん、比較的大きめのデパートに店舗が入っています。どのショップもオンラインショップを展開しています。専門店ならではの詳しい商品説明がされているので、初心者の方にも安心してご利用いただけるかと思います。「男性一人で実店舗に入るのはちょっと…」という方は、ぜひ利用してみてください。

生活の木
アロマグッズを販売する店舗の他、スクールやハーブティー専門店、ハーブ専門店、トリートメントサロン、ハーブガーデン等を展開しています。

NEAL’S YARD REMEDIES
アロマグッズを販売する店舗の他、スクールやトリートメントサロン、カフェなどを展開しています。

Aroma Bloom
アロマグッズ販売店舗のみを展開しています。アロマ専門店の中では比較的リーズナブルな商品価格が魅力です。

カリス成城
ハーブ専門店ですが、アロマ関連グッズも取り扱っています。スクールやトリートメントルームも展開しています。

アロマドゥース
「女性のためのセルフケア」をコンセプトにしたショップ。アロマグッズ販売店のみ展開しています。

まとめ

アロマセラピーの楽しみ方は人によって様々です。精油の香りを楽しむ、精油をマッサージに活用する、石鹸や入浴剤に用いるなど色々方法がありますが、お勧めに利用法はやはり芳香浴でしょう。英語の学習効果を高めたいという方にとっては一番簡単に試すことができる方法ですし、何より学習をしながら効果を得ることができます。ぜひあなたも試してみてください。

超怪しいけど詐欺?1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「見るからに怪しい…」「詐欺なんじゃないの?」「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。