ネイティブの英語が聞き取れるようになりたい!リスニング力がグングン上がる6つの習慣

ネイティブの英語が聞き取れるようになりたい!リスニング力がグングン上がる6つの習慣
  • リスニング
  • リーディング
  • ライティング
  • スピーキング

と、英語スキルには主に4つありますが、この内リスニング力をどう上げるか悩まれている方も多いと思います。

学校の英語教育でもあまりネイティブの話を聞く機会がないので、いざネイティブの会話を聞くと、早すぎて聞き取れないことも多いと思います。

「聞き流すだけでリスニング力が上がる」といったような英語教材を買ったり、たくさんの英語ニュースを聞いたりしても、なかなか上達を実感できていない方はぜひ参考にしてみてください。

英語のリスニング力がグングン上がる6つの習慣

英語のリスニング力がグングン上がる6つの習慣をご紹介します。

習慣1 聞き流さずじっくり聴く

リスニング力を上げるために大切なことは、英語を聞き流さずじっくり聴くことです。リスニング力を上げるには、「じっくり聴く」「大量に聞く」ことの両方が必要ですが、問題はそのバランスです。

英語が得意な人は大量に聞くことの方がリスニング力を伸ばすのに有効です。しかし、英語が苦手な人は、英語を聞き流さずじっくりと聴いた方がリスニング力を伸ばすのに有効です。

リスニングを上達させるために有効な勉強法は、その人の英語力によって違います。英語が苦手な人は、英語が得意な人の勉強法を真似してはいけないことも多いので注意しましょう。

英語が苦手な人はリスニングの教材をじっくり聴くようにして、聴き取れない時はもう一度聴き直してみてください。それでもわからなければ、教材のリスニング原稿を確認します。

読んでも意味がわからない時は意味を調べて覚えます。そしてもう一度聴き直してみてください。声に出して読んでみるのも良いです。

このようにじっくり聴くことを繰り返していると、次第に内容がわかってきます。そのうち聞き流してもある程度意味が入ってくるようになってくるでしょう。大量に聞くのはそうなってからで良いです。まずはじっくり聴くことから取り組んでみてください。

ある程度ナチュラルスピードの英語が聴き取れるようになって意味がわかるようになったら、その教材をじっくり聴くのは卒業です。じっくり聴いて意味がわかるようになった教材を、何かをしている最中に流して長い時間聞き流すようにしてみてください。

じっくり聴くのは10分や15分でも、聞き流しは1時間、2時間、3時間と繰り返し流すようにしてください。それにより耳が慣れ、ちょっと意識を向けるだけでも聞き取れるようになっていきます。

習慣2 簡単なリスニング教材を選ぶ

リスニングの教材は英文ならラクラクと読んで理解できる内容を選ぶようにしてみてください。

リスニング力は聴き取れて意味が理解できるかどうかです。おおまかにでも意味をつかむには、文章に使われている単語の9割以上の単語の意味がわかる必要があります。ラクラクと読めるレベルの簡単な教材がリスニング力を上げるには最適です。

難しい教材を選んでしまうと単語もわからないので、リスニング力が伸びたかどうかもわかりません。聴き取ることができれば意味が十分にわかる英語教材を選んで勉強するようにしましょう。

習慣3 ナチュラルスピードで聴く

リスニングの教材はラクラクと読めるレベルの簡単な教材が良いですが、大切なことが1つあります。初心者用にゆっくりと話した英語ではなく、ネイティブが普段話す速さのナチュラルスピードで聴くことです。

リスニング力を上げるためには、英語を英語のまま理解する必要があります。いちいち日本語に訳していたら、普段の会話やアナウンスにはついていけないからです。

そのため、単語は簡単でもスピードはナチュラルスピードで聴くようにして、ネイティブの英語に耳を慣らしていきましょう。

習慣4 時間を決めて毎日聴く

リスニングは継続が大切です。特に英語のリスニング力がある程度上がるまでは、1週間に1回3時間勉強するよりも、15分でも10分でも毎日聴く方が耳が慣れて上達します。たとえ短い時間でも毎日聴くように習慣化することをおすすめします。

習慣化するには毎日のスケジュールの決まった時間に組み込むのが一番です。例えば通勤・通学の時間や、朝起きた後の時間、お風呂に入っている時間など、すでに習慣化している時間に紐付けて時間を決めておくと忘れにくくなります。

習慣5 英語を話す機会をつくる

実際の英会話では聴いて意味がわかる必要があるだけでなく、聴いたことに対して英語で返事をしなければいけないため、より集中してリスニングをする必要があります。

英語で聴いて英語で返す瞬発力を鍛えるための勉強を普段の勉強に取り入れることをおすすめします。現在は1講座25分で200円前後の比較的安価なオンライン英会話もたくさんあるので、そういったサービスを利用するのも良いでしょう。

習慣6 リスニングを通じて単語力を上げる。

1つの教材が聴き取れるようになったら、その英語教材は聞き流し用の教材にして、次のじっくり聴くための教材に移りましょう。知らない単語が少し増える教材を使い、じっくり聴くリスニングを通じて知っている単語を増やしていきましょう。

まとめ

リスニング力をあげるための7つの習慣について紹介したわ。大切なのは、自分の英語力の段階によって、最適な勉強法が違うということよ。新しい勉強法を知った時は、今の自分に合っている勉強法かどうか、考えてから取り入れるようにしてね。

超怪しいけど詐欺?1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「見るからに怪しい…」「詐欺なんじゃないの?」「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。