ステップ2 シャドーイング | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

ステップ2 シャドーイング

リスニング力を短期間で上達させることができる2つ目のステップは、シャドーイングです。

シャドーイングがどのような学習方法か、すでに知っている方もいらっしゃると思いますが、まずはそもそも、シャイドーイングとは何か、についてお話しさせて頂くと、シャドーイングとは、「英語音声を再生し、聞いた文章を音声の後に続いて口に出して繰り返すという学習法」です。

簡単に言えば、例えば英語の音声が

I go to the gym everyday.

と言ったら、あなた自身も

I go to the gym everyday.

と口に出していうわけです。

音声が言ったことをただ単に自分でも繰り返すという学習法だから、考え方としては難しい方法ではないけど、ここで重要なポイントがあるわ。リスニングを早く上達させるためのポイントよ。

ただ単に、シャドーイングをするとは言っても、シャドーイングをする際、どんな音声を使ってもリスニングの上達が早い、というわけではないの。もちろん、全く上達しないというわけではないけど、早くリスニングを上達させるにはシャドーイングをする音声を選ぶ際に、注意すべきポイントがあるの。

そのポイントについてお話しすると、それは「英語の発音方法を覚えることができる音声を使う」ことよ。

ステップ1『英語の音を覚える』で発音方法を練習してきましたので、あなたの発音は以前より間違いなく上手くなっています。ネイティブの発音に近づいてきたことでしょう。

しかし、発音練習をしている時は当然、発音方法を意識して英語を声に出しているわけですので、普段より上手く発音できていて当たり前です。

では、そのことを意識しなくなったらどうなるでしょうか?
英語を声に出さなくなったとしたらどうなるでしょうか?

その答えは簡単。だんだんと正しい発音方法を忘れてしまい、だんだんと発音が悪くなってしまうのです。

やはり、1週間や2週間、発音を練習したくらいでは、発音方法を完璧には自分のものにできません。発音方法を常に意識し、継続して練習して行くことが大切なわけです。『発音が上手いに越したことはない』ですからね。

そのため、ステップ2のシャドーイングでは、ステップ1で覚えた発音を、「よりネイティブのように洗練し、より自分のものにして行く」このために、発音方法を覚える音声を使います。

重要なことなので何度も言いますが、発音方法を覚えることは、リスニングを早く上達させることにつながります。だからこそ、この2つのステップに沿って学習すれば、リスニング力を短期で上達させることができるわけです。

リスニングを早く上達させたいのであれば、英語の発音方法を覚えることができる音声を使ってシャドーイングをすることを、普段の学習にぜひ加えてみてね。

スコット先生の発音大学』を持っている方は、それを使ってシャドーイングしてみてね。普段、発音方法を覚えるためにその教材を使っていたと思うけど、今度はそれを使ってシャドーイングするわけだね。

そうすれば、発音方法を覚える練習になるのはもちろんのこと、シャドーイングの勉強にもなるよ。一石二鳥だね。

シャドーイングにおすすめの英語Podcast

スコット先生の教材を持っていない人は、このPodcastを使ってシャドーイングしてみてね。

American English Pronunciation Podcasts
http://www.pronuncian.com/Podcast/Default.aspx

American English Pronunciation Podcasts

このPodcastは、アメリカ英語の発音を英語で覚えていくことができる無料のPodcastよ。音声とたまに動画で、発音方法を教えてくれるだけど、Podcastの中では一番。しかも解説は全て英語だから、発音方法がどう違うのかが明確に分かって、リスニングを短期間で上達させるには最適。

これをぜひリスニングだけでなく、シャドーイングに使ってみてね。アメリカ英語のリスニングと発音がかなり上達するわよ。

「全部英語なのか、大丈夫かな・・・」と心配される人もいるかもしれませんが、ナレーターの英語はきれい、そしてゆっくりなので聞き取りやすいですし、サイトでスクリプトもチェックすることができるので、初心者の方でも十分に活用できます。

英語は英語で学習しよう』でお伝えしていますが、英語を短期間で習得するためには、英語を英語だけで覚えていくことが非常に大切です。日本語で英語を覚えてしまうと、頭の中で日本語で解釈してしまい、発音もなかなか上手くなりませんし、リスニングの上達も遅い。

それだけでなく、英語には日本語にはない表現方法がたくさんあるので、日本語で勉強していては、英語の正しいニュアンスを覚えることはできません。がんばっていきましょう。

シャドーイングのポイント1 小声でスタート

シャドーイングを初めてやると難しく感じる人が多いけど、それは当たり前のことだから、気にする必要は全然ないよ。やっぱり、初めてシャドーイングをして、いきなり上手くできる人はいないんだ。

これは英語に限った話ではなく、勉強にしろ、仕事にしろ、趣味にしろ一緒。初めてやることを、初めから上手くできる人なんているわけないよね。最初は少しずつで良いから、聞こえた単語やフレーズを口に出していってみてね。

この時のポイントをお話しすると、ポイントは「小声」で口に出していくことだよ。大声にしてしまうと、当然ながら小声で口に出すよりも自分の声が邪魔になってしまうから、リスニングをすることが難しくなってしまうんだ。

最初は聞こえた単語やフレーズを口にできるようにすることが大切だから、小声からスタートして、慣れてきたら大声に移行していこう。ポイントは小声。ぜひ参考にしてみてね。

シャドーイングのポイント2 スピードとリズムをつかむ

小声で口に出していくことに慣れてきたら、次は小声ではなく、口を大きく使って練習していくわけですが、ここからポイントが2つあります。

まず1つ目のポイントとして、音声の会話に遅れないようについていくことです。もし遅れてしまったら、その部分を声に出すことはせず、音声の会話の場所に移動し、そこからまた声に出していって下さい。「言えた、言えない」ということを気にするのではなく、「音声についていけた、いけない」に注意しましょう。

次に2つ目のポイント。英語のリズムをつかむことです。

日本語のリズムは一定ですが、英語は音の強弱やリズムがあります。それらをつかんでいくために、音声の音の強弱やリズムをマネしていきながら声に出していきましょう。

小声で口に出すことに慣れてきて、口を大きく使って練習する段階になったら、この2つのポイントに気をつけて練習していって下さい。ただし、大きな声で練習するのは、「小声」で口に出していくことに慣れてきてからにしましょう。

シャドーイングのポイント3 英語の音に集中

シャドーイングをしていると、聞き取ることに集中してしまって、意味を捉えることに集中できないと悩む人が多いわ。要は、「音を聞き取り口に出すこと」と「意味を捉えること」、どちらに集中すれば良いのかわからない、ということだけど、ここは迷う必要はないわよ。

最初に集中すべきところは「音」よ。

まずは音に集中し、その音を自分でも再現できるようにしていくの。別に最初から意味も一緒に捉えることができる必要はないわ。リスニング力を上達させるためには、英語の音を覚えることが大切なわけだから、意味は後回しで良いの。音を再現することができるようになったら、音に集中するのと同時に、意味を捉えることに力を入れていってね。

いきなり2つ同時にはできるものではありません。
私もそうでしたが、最初は英語の音を聞き取って、それを音声に続いて口に出すことが精一杯で、意味は全然わかりませんでした。でもそれを継続していくと、音声を聞いて英語を口に出すことがだんだんと簡単になってきます。

そうなってくると、英語を口に出しながらでも、「この単語、どんな意味かな?」と、単語の意味にも、意識を向けることができるようになっていきます。意味を捉えることにも集中するのは、その段階になってからで構いません。まずは、「音を聞き取り口に出すこと」に集中しましょう。

シャドーイングのポイント4 英語の意味を捉えていく

シャドーイングの練習をしていて、音を再現することができるようになったら、いよいよ最後に意味を捉えることに力を入れていくよ。やり方は簡単。音を再現しつつ、意味にも意識を集中するだけ。

言葉で言うのは簡単ですが、実際に試してみると結構難しいよ。最初のうちは、理解できる部分が少ないはず。でも、気にする必要はないよ。シャドーイングを継続していけば、理解できる部分が徐々に増えていくからね。

日本語でも同じだけど、「本を普段から音読している人」と「音読していない人」では、1回の音読で理解できる内容の量に大きな差があるよね。英語もそれと同じ。だんだんとできるようになっていくから、できないことを気にするのはやめようね。がんばっていこう。

シャドーイング学習手順まとめ

1、小声でスタート
意味に集中せず、音に集中。

2、口を大きく使って練習
意味に集中せず、音に集中。音声の会話に遅れないようについていき、英語のリズムを掴む。

3、意味を捉える
音を再現しつつ、意味にも意識を集中する。

4、テキストは見ない
テキストを使わずにシャドーイングをする。

シャドーイングはこの順番で進めていくと効果的よ。

英語は自分のレベルに合った勉強をする』ことが大切。いきなり難しいことをしても、ただの遠回り。順番を間違えず、学習していきましょうね。

ちなみに、さっき「シャドーイングは英語の発音方法を覚えることができるものを使うと効果大」とお話ししたけど、おすすめの教材は発音大学という教材よ。

発音大学は英語の正しい発音方法を覚えることができる、これ以上無い教材です。この教材でシャドーイングすると、英語の発音方法も覚えることができるから、より早くリスニングを上達させることができるわ。ぜひ『発音大学の特徴と効果』もチェックしてみてね。

VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。