リスニングが早く上達する「2つのステップ」 | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

リスニングが早く上達する「2つのステップ」

リスニング力を短期間で上達させるために、実践するステップは2つ。
1つ目のステップは、「英語の音を覚える」こと。そして2つ目のステップは、「シャドーイング」だよ。

まず、英語の音を覚える勉強というのは、英語の音を覚えるために、リスニングや発音の練習をするんだ。そしてシャドーイングは、特にひねったこともなく、世間で知られているシャドーイングだよ。

正しい方法で英語の音を覚える勉強をすれば、正しい方法でシャドーイングの勉強をすれば、そして、正しい順番で勉強をすれば、短期間でリスニングを上達させることが可能なんだ。

ちなみに、リスニング力をアップさせるために、英単語をたくさん覚えようとする人が多くいるけど、そんなことをしてもリスニングは上達しないわ。

例えば、単語帳を使って英単語の勉強をしたり、文法テキストで英単語の勉強をしたり、受験用の参考書を使って英単語の勉強をしたり。学校ではほとんど文法と単語しか習わないから、リスニングを上達させるためには単語の勉強をするべき、と自然に思ってしまうけど、それは違うの。

それはただ単に、英単語を勉強しているだけで、リスニングの勉強をしているわけではないのよ。単語の意味やスペルはわかるようになっても、リスニングができるようになるわけではないわ。

仮に、英単語の勉強で、その単語の発音を聞いたりしていたとしても、聞いていない時とさほど効果に大差はないわ。単語の勉強をしてきたけど、リスニングが全然上達しなかった経験がある人は、きっと良くわかるはず。

「では、単語がわからなくても、映画やドラマでネイティブの言っていることの意味がわかるようになるのか?」

もしあなたもこう思ったのだとしたら、今からするお話は、リスニングを早く上達させるために、すごく大切よ。是非一字一句、逃さず読んでね。

英語の音を覚えるとリスニングの上達が早い

結論から言ってしまうと、単語がわからなくても、映画やドラマでネイティブの言っていることの意味がわかるようにはなりません。言っていることはわかるようになるけど、言っていることの意味はわからないということです。

例えば、私があなたに日本語で、「きちなめおあめ。」と言ったとします。意味は分からないですけど、何て言ったのかはわかりますよね。たぶんあなたは私に、「きちなめおあめって何?」って質問すると思います。

もちろん、適当に文字を並べただけなので、この言葉に全く意味はありません。しかし、何て言ったのかは、はっきりとわかるはず。

では、英語の場合はどうでしょうか?
ドラマとかを見ていて、わからない単語が出てきた時、「今の○○○って単語ってどういう意味?」と、その単語の発音をはっきりと言えますか?

言えるのであれば、あなたは英語の発音をしっかりと覚えている証拠。非常に優秀です。すでに高いリスニング力を持っています。

もし、それとは逆に、何て言ったのかわからず質問もできない場合、正しい方法で発音の勉強をすると、「今の○○○って単語ってどういう意味?」と、質問することができるレベルまでリスニング力を上げていくことができます。

ここまで来ることができれば、かなり高いリスニング力です。ネイティブと同じくらいですね。英語の正しい発音の勉強方法は『発音大学の特徴と効果』を参考にしてね。

「でも単語の意味がわからないんじゃ、意味ないのでは?」と思った人もいるかも知れないけど、それは違うよ。

単語の意味がわかっていても、聞き取ることができなければ、結局何を言っているのかがわからないよね。でも聞き取ることができれば、「今のはどういう意味?」と質問ができるよね?「ratargaw」のような意味のない言葉を、まずは聞き取れるようにすることが大切だよ。

私たちは音から言葉を覚えてきています。例えば、あなたが赤ちゃんにいつも「おはよう」と言っているとします。何回も「おはよう」と言っていると、「お」の次には「は」という音がくるということを、赤ちゃんは覚えていくわけです。

そうやって次の音が予想できるようになっていき、「おはよう」という音を覚えます。そして音を覚えた後に、「おはよう」と言われたシチュエーションなどで、「おはよう」の意味を覚えていくわけですね。

このように英語を覚える時にも、まずは英語の音を覚えていくことが大切です。そうすることによって音を予想する力もついていき、聞き取ることができなかった音も聞き取ることができるようになっていきます。音を覚えていって聞き取ることができる単語を増やしていき、それから意味を覚えていけば良いのです。

私たち日本人は中学、高校と英語を習ってきているから、実は気がついていないだけでかなりの英語を知っているのよ。洋画や海外ドラマで、何て言ったのかわからなかった時に、それをチェックするために英語で字幕を出して見たら、

「こんな簡単な文章を今話してたのか。なんで聞き取れなかったんだろう。」

と、驚いた経験がきっとあるはず。

例えばGirlという単語があるわね。Girlの発音は「g-r-l」の、たった3つの音からしかなっていない、簡単な単語なのよ。でも、以前の私もそうだけど、多くの日本人はこの「Girl」をなかなか聞き取ることができないの。聞き取ることができないだけでなく、発音も苦手。

それは一体なぜか?
不思議に思った人もいるかも知れないけど、その理由はこの3つの音の内、どれかの発音を明確に知らないからよ。日本人の場合はおそらく、「r-l」の音だけどね。だからこそ、リスニングを早く上達させるには、まずは英語の音を覚えることが近道なの。

英語の発音を勉強する』ことで、今すぐに英語を聞き取ることができるようになる、とは言わないよ。

でも、さっきの例のGirlのように、今聞き取ることができない英語の音が1つでも増えれば、あなたのリスニング力は確実にアップするよ。聞き取れる音が1つ増えるだけでも、今聞き取ることができる音と組み合わされば、聞き取ることができる英単語は一気に増えるわけだから。

特に、今まで勉強してきた単語、知っている単語は簡単に聞き取ることができるようになる。それが増えていったら、あなたのリスニング力は一気に向上していくよ。

覚える英語を統一

英語の音を覚える、と一言で言っても、リスニングを早く上達させるためのポイントがあります。ただ単に、本屋さんで発音の本を買って、発音の練習をするだけではダメです。ネイティブの英語をスムースに聞き取れるようになりたいのであれば、しっかりとこのポイントをおさえて勉強してもらう必要があります。

そのポイントをお話しすると、リスニングを早く上達させたいのであれば、まずは覚える英語を統一させて下さい。

一言で英語と言っても、

・アメリカ英語
・カナダ英語
・イギリス英語
・オーストラリア英語
・ニュージーランド英語

などなど、様々な英語があります。

そして、あなたもご存じのように、それぞれ発音方法や英語表現などにも違いがあります。

例えば、アメリカ英語とイギリス英語がわかりやすいです。アメリカ英語とイギリス英語では、RやTの発音方法が違かったり、英語の表現、単語のスペルとかも違かったりしますよね。このように同じ英語でも国によって、もっと細かくいうと、地方によっても英語に違いがあるのです。

日本で言えば、方言のようなものです。千葉にも方言はあって、標準語とちょっと違う部分もあるし、沖縄とか、北海道とか、その地方によって同じ日本語でも違いがありますよね。それとおなじ。

そのため、リスニングを早く上達させたいのであれば、

・今日はアメリカ英語のドラマで勉強
・明日はイギリスのニュースで勉強
・明後日はオーストラリア英語のTVで勉強

のように、ごちゃまぜで勉強するよりも、「アメリカ英語を覚える!!」のように、覚える英語を統一して毎日勉強をした方が、上達するのが早いです。

このことは部活を思い出してみるとわかりやすいから、問題を出してみるね。

・サッカー部に所属しているA君
・サッカー部と野球部を掛け持ちしているB君

どっちの方が、サッカーが上達するのが早いかな?

普通に考えてA君だよね。サッカーだけに集中しているわけだから。

野球部を掛け持ちして、サッカーと野球の練習、半々しかできないB君よりも、やっぱりサッカー1つに集中しているA君の方が、早くサッカーが上達するんだ。

「1つに集中した方が良いのは分かったけど、覚える英語はどこまで統一すれば良いのか?
国?それとも地方まで?」

と思った人もいるかも知れないけど、地方まで統一する必要はないよ。最低限、国を統一してね。

あなたがアメリカ英語を覚えたいのであれば、アメリカのドラマを見てリスニングを勉強する。イギリス英語を覚えたいのであれば、イギリスのPodcastでリスニングの勉強する、といった感じだね。

例えば、あなたはアメリカ英語が好きなのであれば、

・アメリカ英語の音声でリスニング学習
・アメリカ英語のドラマでリスニング学習
・アメリカ英語の発音方法を練習する

このようにしてね。

たったこれだけのことだけど、リスニングの勉強に使っているCDとか音声や、ドラマや映画の英語(国)を統一するだけで、上達が早くなるよ。覚える英語は統一しようね。

ネイティブの英語でも簡単に聞き取ることができる

リスニング力を短期間で上達させるための2つのステップをおさらいすると、1つ目のステップは、「英語の音を覚える」こと。そして2つ目のステップは、「シャドーイング」よ。

この2つのステップをしっかりと実践すれば、ネイティブの英語でも簡単に聞き取ることができるようになるわ。

ネイティブの英語をいち早く聞き取れるようになりたいのであれば、これら2つのステップの学習法をぜひ実践してみてね。この方法で学習すると、リスニング力が短期で上達するのはもちろんだけど、一緒にスピーキング力、あと発音も上達するわ。実践さえすれば、ネイティブのように英語を操れるようになるのもすぐよ。

ちなみにアメリカ英語のリスニングを上達させたいなら、リスニングパワーという教材がおすすめよ。アメリカ英語の音を簡単に覚えることができて、ネイティブの英語が早く聞き取れるようになるの。詳しくは『リスニングパワーの効果と学習対象者』を参考にしてね。

VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。