英文法の名詞節の使い方はこれでバッチリ!練習問題付きで徹底解説

英文法の名詞節の使い方はこれでバッチリ!練習問題付きで徹底解説

英文法の名詞節について練習問題付きで詳しく解説していきます。

英文法が苦手な方はぜひ参考にしてみてください。

英文法の名詞節とは

まずは次のbe動詞を含む疑問文をご覧ください。

What are they doing?
彼らは何をしていますか。

Where is he from?
彼はどこの出身ですか。

How old is the building?
その建物は築何年ですか。

これらの主語とbe動詞を入れ替えると、

what they are doing
彼らは何をしているのか

where he is from
彼はどこの出身か

how old the building is
その建物は築何年か

のように名詞になります。(文法上、名詞節と呼びます)「疑問詞+主語+動詞」は1つのグループA(名詞)になるということです。

英文法の名詞節の作り方

「Aを知っていますか?」を英語で「Do you know A?」と言いますが、このAに先ほどの名詞節を入れてみると、次のような文章ができあがります。

Do you know what they are doing?
彼らは何をしているのか知っていますか。

Do you know where he is from?
彼はどこの出身か知っていますか。

Do you know how old the building is?
その建物は築何年か知っていますか。

「Aを教えてくれませんか。」は「Can you tell me A?」ですが、「彼らは何をしているのか教えてくれませんか。」なら、先ほど使った文章の「Do you know」を「Can you tell me」に置き換えるとできあがりです。

Can you tell me what they are doing?

一般動詞以外は全て主語と(助)動詞の順番を入れ替えるだけで名詞節(グループA)を作ることができます。

Where can I get those tickets?
どこでそれらのチケットが買えますか。
→ where I can get those tickets
どこでそれらのチケットが買えるか

How long have they been married?
彼らは結婚してどれくらいになりますか。
→ how long they have been married
彼らが結婚してどれくらいになるか

それでは次の文章のAに上の名詞節をあてはめてみましょう。

① Aを知っている・知らない
(I know/don’t know A.)
② Aを覚えている・覚えていない
(I remember/don’t remember A.)

I know where I can get those tickets.
それらのチケットがどこで買えるか知っています。

I don’t remember how long they have been married.
彼らが結婚してどれくらいになるのか覚えていません。

一般動詞は、疑問文の do/does/did が肯定文になると消えるので少し間違えやすくなります。疑問文を肯定文に変えるより、さきほどみたいに「疑問詞+主語+動詞」が名詞節Aを作ると考えた方がわかりやすいかもしれません。

では「彼女は何色が好きか知っていますか。」を英訳してみましょう。まず「彼女が何色を好きか」という名詞節Aをつくります。

「疑問詞+主語+動詞」= what color + she + likes

これを Do you know のあとに続けるとできあがりです。

Do you know what color she likes?

それでは「なぜ彼がそう思うのかわからない。」はどうでしょうか。

「疑問詞 why + 主語 he + 動詞 thinks」この後に目的語 so をプラスすれば名詞節の完成です。わからない = I don’t know に続けます。

I don’t know why he thinks so.

一般にYes/Noで答える疑問文は、疑問詞の代わりにif(またはwhether)を使って名詞節「if+主語+動詞」をつります。例えば上の文章の why が if になると次のようになります。

I don’t know if he thinks so.
彼がそう思うかどうかわからない。
*if/whether =「~かどうか」

be動詞の疑問文は、主語とbe動詞を入れ替えると名詞節になります。

Is this correct?
これは正解ですか。
→ if this is correct
これが正解かどうか

“Can you tell me if this is correct?”
「これが正解かどうか教えてくれませんか。」
→ “I don’t know if it’s correct.”
「正解かどうか分からない。」

助動詞を使った例文も挙げておきます。

I don’t remember if I have been here before.
以前ここに来たことがあるかどうか覚えていない。

英文法の名詞節がわかる練習問題

英文法の名詞節がわかる練習問題です。

Q1. 例にならって次の疑問文を “Do you know…” の後に続けてください。

例)Why is she crying?
→ Do you know why she’s crying?

1. Why is Laura absent today?
2. Where has she gone?
3. What are they talking about?
4. How much does it cost to study in Canada?
5. How many people are there in this building?
6. Who does he live with?

Q2. 例にならって次の疑問文をI don’t knowの後に続けてください。

例)Why is she crying?
→ I don’t know why she’s crying.

1. When will Henry come home?
2. What did Karla mean?
3. How far is it from the hotel to Disney World?
4. Where does the word come from?
5. Which answer should I choose?
6. Why do I look different in pictures?

Q3. [ ] 内の語句を並べ替えて意味の分かる会話文を完成させてください。

*IanとBrianは友達で、LorettaはBrianのお姉さんです。IanがBrianの自宅に電話しています。(今どき珍しく携帯電話を持たないIanです。)

Ian : Hello. This is Ian. Can I speak to Brian, please?

Loretta : Oh, hi Ian. I’m sorry, but Brian has gone on vacation.

Ian : Ah, that’s right. He mentioned it before, but ①[ what / exactly / he / I don’t said / remember ]. Can you ②[ tell / hotel / me / he’s / which ] staying at?

Loretta : Well… I don’t even ③[ what / he’s / know / countries ] visiting. He only told me that he would spend a week in Europe.

Ian : OK… ④[ know / he’s / you / travelling alone / do / if ] …or with someone ?

Loretta : I’m sure he’s alone.

Ian : Oh, no!

英文法の名詞節がわかる練習問題の解説

英文法の名詞節がわかる練習問題の解説です。

Q1. 例にならって次の疑問文を “Do you know…” の後に続けてください。

例)Why is she crying?
なぜ彼女は泣いているのですか。
→Do you know why she’s crying?
なぜ彼女が泣いているのか知っていますか。

1. Why is Laura absent today?
Do you know why Laura is absent today?
今日はなぜローラが欠席なのか知っていますか。

2. Where has she gone?
Do you know where she’s gone?
彼女がどこへ行ったか知っていますか。

3. What are they talking about?
Do you know what they’re talking about?
彼らが何の話をしているのか知っていますか。
*前置詞で終わる疑問文です

4. How much does it cost to study in Canada?
Do you know how much it costs to study in Canada?
カナダ留学にどれくらい費用がかかるか知っていますか。

cost は日本語でも「コストがかかる」と言うので簡単ですね。主語が it で肯定文(現在)の場合は3単現のsを忘れないよう注意しましょう。

5. How many people are there in this building?
Do you know how many people there are in this building?
この建物の中に何人の人がいるか知っていますか。

6. Who does he live with?
Do you know who he lives with?  
彼が誰と住んでいるか知っていますか。

ちなみに、「誰が彼と住んでいるか知っていますか」なら「Do you know who lives with him?」になります。

Q2. 例にならって次の疑問文をI don’t knowの後に続けてください。

例)Why is she crying?
→I don’t know why she’s crying.
なぜ彼女が泣いているのか分からない。

1. When will Henry come home?
I don’t know when Henry will come home.
私はヘンリーがいつ帰宅するのか知らない。

2. What did Karla mean?
I don’t know what Karla meant.
カーラが何を言いたかったのかわからない。

mean =「~を意味する」です。what +人 +mean(s) は人が意味する事、つまりその人が言いたい事になります。meant は mean の過去形です。

3. How far is it from the hotel to Disney World?
I don’t know how far it is from the hotel to Disney World.
そのホテルからディズニーワールドまでどれくらいの距離か知らない。

4. Where does the word come from?
I don’t know where the word comes from.
その言葉がどこの由来なのか知らない。

5. Which answer should I choose?
I don’t know which answer I should choose.
どっちの答えを選ぶべきか分からない。

6. Why do I look different in pictures?
I don’t know why I look different in pictures.
なぜ私は写真に写ると(実物と)違って見えるのか分からない。

Q3. [ ] 内の語句を並べ替えて意味の分かる会話文を完成させてください。

Ian : Hello. This is Ian. Can I speak to Brian, please?

Loretta : Oh, hi Ian. I’m sorry, but Brian has gone on vacation.

Ian : Ah, that’s right. He mentioned it before, but ①[ I don’t remember exactly what he said ]. ②Can you [ tell me which hotel he’s ] staying at?

Loretta : Well… I don’t even [ know what countries he’s ] visiting. He only told me that he would spend a week in Europe.

Ian : OK… ④[ Do you know if he’s travelling alone ] …or with someone ?

Loretta : I’m sure he’s alone.

Ian : Oh, no!

*mentionは「~について話す」という意味ですが、他動詞なので前置詞(aboutなど)は不要です。

< 全文訳 >
イアン:もしもし、イアンです。ブライアンお願いします。
ロレッタ:あらイアン、こんにちは。残念だけどブライアンは休暇で出かけちゃったわ。
イアン:あぁ、そうだ。前に言ってたけど、①彼が何て言ったかよく覚えていないな。②彼がどのホテルに滞在しているか教えてくれる?
ロレッタ:それが…③彼がどの国を訪れてるかすら知らないのよ。彼はただヨーロッパで1週間過ごすとしか言わなかったの。
イアン:オッケー…④彼は一人で旅行してるのか…それとも誰かと一緒なのか分かる?
ロレッタ:きっと1人よ。
イアン:あぁ残念!

まとめ

英文法の名詞節は覚えてしまえば簡単です。これを機会にマスターしてしまいましょう。