英語が苦手な人ほど海外旅行で英語を使った方が良い5つの理由

英語が苦手な人ほど海外旅行で英語を使った方が良い5つの理由

英語が得意な誰かと海外旅行に行った時や、日本語のわかる添乗員が同行する海外旅行に行った時、意外と英語を使わなくてすみます。

単独行動をしなければ、英語を使うのは入国審査の時の「Sightseeing.」と言うだけで済んでしまうかもしれません。

英語が苦手だと「できるだけ英語を使わないように」と思ってしまうかもしれませんが、せっかくの海外旅行です。英語を使ってみてはいかがでしょうか。

英語が苦手な人ほど海外旅行で英語を使った方が良い5つの理由をご紹介します。

少しでも英語が通じれば自信につながる

  • もし話して間違えたらどうしよう
  • もし単語が間違っていたらどうしよう
  • 話すのが恥ずかしい

英語が苦手な人はなかなか英語を話さないので、「ますます自信がなくなり話せなくなる」という悪循環にはまっていることが多々あります。

でも、心配する必要はありません。海外旅行先であなたを見てもネイティブには見えないため、英語がわからなかったり、間違えたりしても、相手にとって違和感はないからです。

ビジネスの現場と違い、海外旅行では日本人が英語を話せなくても当たり前です。何ら恥ずかしく感じる必要はありません。

日本の英語教育の現場では、まわりの日本人と自分を比べて話せないことを恥ずかしく感じるかもしれません。でもせっかくの海外旅行です。ダメもとで話してみてはいかがでしょうか。

最初は文法なんか気にする必要ありません。単語だけでも良いです。単語がわからなければジェスチャーでも構いません。片言でも英語を使ってコミュニケーションをとり、何かをすることができたら、その経験が自信につながります。

  • 値段なら聞ける
  • トイレの場所なら聞ける
  • 魚と肉ではどっちが食べたいか答えられる

など、できるようになったことを1つずつ積み重ねていってみてください。どんなことでも何度か経験すれば恥ずかしくなくなりますし、自信にもつながります。英語が苦手な人こそ早く英語を使ってぜひコミュニケーションをとってみてください。

目的を持って英語を学べるようになる

日本人が他の国の英語学習者と比べて大きく違うのは、英語学習の意欲だと言われています。

日本では英語が話せなくても、仕事の内容を選ばなければ国内に豊富な仕事があり、また知識を得るにも世界各国の本が日本語で翻訳されているため、直接的に困る機会は少なかったりします。

しかし、海外では英語を学ばないと仕事がない国も多く、子供たちもそれを知っているので英語を熱心に学びます。

海外旅行に行けば英語を使えた方ができることが増えるので、新たに英語を学ぶ目的を見つけることができるかもしれません。

例えば、ひとりで買い物ができるようになりたい、おすすめのメニューを聞けるようになりたいなど、小さな目標でも良いので英語を学ぶ目標を探してみてください。

自分の発音やアクセントが通じるかチェックできる

英語には日本人が苦手な音がたくさんあります。中でもRとLの違いは私たち日本人にとって難しい発音の1つです。

また、日本人が思っている以上に大切なのが、英語のアクセントやイントネーションです。たとえ発音が正しくても、アクセントやイントネーションが違っていると相手に通じないことが海外では良くあります。

日本人教師や日本に来ている外国人教師は、日本人が間違えがちな発音やはっきりしないアクセントやイントネーションに慣れているので、少し間違っても簡単に聞き取れてしまいます。

そんな日本人にとって、海外旅行は自分の発音やアクセントが通じるかチェックできる貴重なチャンスです。

もしかしたら聞き直されることや言い直されることもあるかと思いますが、アクセントや発音に注意してみたり、大きい声で言ってみたり、ジェスチャーも使ってみたり、いろんなことを試しながら自分の英語が通じるかチェックしてみると英語が上達していきますのでぜひ積極的に試してみてください。

日本語を介さず英語で話せるようになる

英語を聞いて英語で返すことを繰り返していると、次第に反射的に話せるようになってきます。

「Good morning!」と言われて「Good morning!」と返す時、「おはよう」と日本語訳を考えなくても返せるようになるのと同じように、いろんな場面で日本語を介さずに英語が出てくるようになります。

たとえ英語が苦手でも、繰り返し使うことで日本語を介さずに話せる表現が増えてくるので、海外旅行に行った時はぜひ英語を使うようにしてみてください。

使いたい英語の準備ができる

日本の英語教育では、「英語を日本語に訳す」「日本語を英語に訳す」という習慣が染み付いています。

しかし、実際に英語を使う時に役立つのは、状況ごとに使われる会話表現を学ぶことです。レストランではどんな英語が使えるか、飛行機の中ではどんな英語が使えるかという勉強の方が実際に役に立ちます。

例えば、ひとりで食事に行くと決めていたら、次のようなことを事前に準備しておくことができます。

  • 美味しいお店を聞くにはどうしたら良いのか
  • 値段を聞くにはどうしたら良いのか
  • チップはどうしたら良いのか
  • お手洗いがどこにあるか聞くのはどうしたら良いのか
  • 注文するにはどうしたら良いのか
  • お店の人にどんな言葉をかけられるのか
  • 美味しいと伝えるにはどう言えば良いのか

海外旅行中のすべての英語を準備するのは大変なので、特定の状況だけで構いません。全てをきれいな文章表現で覚える必要はないので、通じるための最低限の単語の準備だけでも良いです。

大切なのは英語を使うことです。実践的な英語をどんどん身につけていきましょう。

まとめ

海外旅行は実践的な日常英会話を身につける絶好の機会です。海外旅行を楽しみながら、英語を学ぶ楽しさをぜひ味わってみてください。

超怪しいけど詐欺?1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「見るからに怪しい…」「詐欺なんじゃないの?」「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。