英会話ができない日本人が多い理由|何を言いたいのか相手に伝わる英会話のポイントを解説

英会話ができない日本人が多い理由|何を言いたいのか相手に伝わる英会話のポイントを解説

私たち日本人の多くはなぜ英会話ができないのでしょうか。

英語を話せないのかを理解することは、英会話を早く上達させるために非常に重要です。

この記事では英会話ができない日本人が多い理由や何を言いたいのか相手に伝わるようになる英会話のポイントなどをまとめました。

英会話ができない日本人が多い4つの理由

英会話ができない日本人が多い理由は主に4つあります。

理由1 学校で習ったのは試験英語

私たち日本人は少なくとも

  • 中学校の3年間
  • 高校の3年間

と、合わせて6年間英語を勉強してきています。最近では小学校から英語を習うところも多くなっていますし、大学でも英語を習った方もいると思うので、これ以上の方ももちろんいると思いますが、最低でも6年間英語を勉強してきています。

中学と高校で6年間も英語を勉強してきて、あなたは英会話ができるようになったでしょうか。それとも英語を話せるようにはならなかったでしょうか。

学校で勉強している生徒たち

おそらくほとんど全員と言って良いほど、英語は話せるようになっていないと思います。もちろん私も学校で英語を習って話せるようにはなりませんでした。

その理由は簡単で、中学や高校で習うのは英文法の基礎を習うのが中心だからです。現在形や過去形などの文法を習ったり、英単語を覚えたり、高校受験や大学受験のための受験英語を教えてもらったり、英語の話し方を教わったわけではありません。

単純に高校受験や大学受験で合格するための「試験のための英語」を習っただけなので、英語を話せるようにならなかったのです。普通に考えて、受験のための英語を6年間も習っても英会話ができないのは当たり前でしょう。

理由2 英会話に文法は必要ない

また、英会話に文法が必要ないことも大きな理由の1つです。

日本語もそうです。あなたは日本語を話す時に文法を気にしているでしょうか。気にしてませんよね。あなたが仲の良い友達と話している風景を思い浮かべると一番わかりやすいと思います。

例えば私の場合はこんな感じです。

私「明日どこ行こっか??」

友達「富士山でも行っちゃう??」

私「行こう行こう♪」

友達「てか、車どうしよっか?」

文法のことなんて全然考えていません。「主語は私で述語は…」なんてことを気にしたことありませんし、考えたことすらありません。あなたもきっと同じだと思います。

でも日本人の私たちには何て言っているのか意味がわかります。英語もこれと一緒です。相手と会話をしてコミュニケーションを取るために、英会話に文法なんて必要ありません。意味が伝われば良いのです。「英語が話せない」と思わずに相手に伝えることが大事です。

公園にいる女性

「じゃあ、過去の話や未来の話をする時に文法はいらないの?」と思った方もいるかと思いますが、過去の話や未来の話をする時に文法はそこまで必要ではありません。

例えば「I go to Tokyo yesterday.」と言ったとします。文法は過去形ではないですがyesterdayと言っているので「昨日東京に行ったんだ」と伝わります。もしtomorrowだったら「明日東京に行くんだ」と伝わります。これで良いのです。

実際にこのように表現する外国人の方はたくさんいるので文法を気にしないで大丈夫です。

少し言い方が悪いですが、私たち日本人は学校の授業のせいで文法を気にするようになってしまっただけです。はじめはどんどん話す。話していけば文法力は後からついてきます。

文法ではなく、単語やフレーズでどんどん伝えていく。英会話をいち早く上達させるために重要なことは実際に英語を話すことです。

理由3 きちんとした英語を話そうとしている

きちんとした英語を話す人なんてそうそういんません。これは日本人でも同じことで、たまに若い子たちの話を聞いていると「はぁー、それちょーやばくない。」のように言っているのを耳にすることがありますが、日本語の文法的におかしいですよね。

「やばい」という単語の意味は最近では最高という意味でも使いますが、本来「危険な」という意味なので使い方も合っていません。

しかし、文法的におかしい文章でも、日本人の私たちには何て言っているのか意味がわかります。英語を話す時もこれで良いのです。意味が伝われば良いと言うことです。

コスプレしている女性

具体的に例を出してみましょう。例えばあなたは牛乳を買いたいとします。でも牛乳の単語がわからない。こんな時、どうすれば良いかと言うと、牛乳を連想させる単語と知っているフレーズを混ぜて言っていけば良いのです。

牛乳を連想させる単語と言うと、例えば、牛、牧場、牛から作られた、絞る、など連想させる言葉はたくさんあります。それで牛乳のことを知っている英会話フレーズと組み合わせて次のように表現すれば良いのです。

I wanna buy something that comes from cows. We drink it every morning especially when we’re young. I’ve forgotten the word. What is it?

このように言えば「この人はきっと牛乳を買いたいんだな」とわかってくれるでしょう。

例えその単語がわからないのだとしても、相手が連想することができるような言葉、そしてフレーズで表現すれば相手に伝わります。文法も単語もきちんと合っていようが、合っていなかろうが、相手に伝わればどっちでも良いのです。

理由4 間違うことを恐れている

外国人の方で片言の日本語を話している人がたくさんいますよね。本当に片言しか話していないけど、日本人の私たちには相手が何を言っているかが理解できます。要するに、相手が理解してくれれば英会話は成り立つのです。

間違うことを恐れて何も話さない日本人の方が非常に多いです。だから日本人は無口だと言われているのかも知れません。内気になってはいけません。間違うことはいけないことではありません。むしろ成長するために必要なことです。

「失敗は成功のもと」という有名な言葉がありますが、英会話もその通りです。失敗、つまり間違いをすることで自分自身の英会話力不足を感じて練習をするようになります。上手く伝わらない場合はどのようにすれば伝わるのかを考え、上手く伝わるように工夫をするようになります。

着物を着ている女性

間違いというのは「自分では気がついていない、間違っている部分を指摘してくれる最高の成長の機会」です。英会話ができるようになった人は例外なく、普通の人よりはるかに多くの英会話で間違いを経験しているはずです。逆に言えば、間違いをしないで英会話が早く成長することはないでしょう。

元々、完璧な英語を話す人口は少ないので気にして恐れる必要はありません。話さなければ何も伝わらないので、どんどん話さないと損です。

間違っていても良いのです。完璧じゃなくても良いのです。大切なのはコミュニケーションをとることです。

何を言いたいのか相手に伝わるようになる英会話のポイント

英会話で何を言いたいのかを相手に伝えたい場合、5W1Hを言うことが重要です。5W1Hとは

  • Who だれが
  • What 何を
  • When いつ
  • Where どこで
  • Why なぜ
  • How どのように

このことです。この5W1Hをできるだけ含めて話すようにすれば、あなたが何を言いたいのかが相手に伝わります。この部分の単語だけ伝えれば良いのです。

例えば「Yesterday I went Tokyo.」これだけでも十分「昨日東京に行った」と伝わります。最低限誰が、何をしたか、これらを言うことができれば話は伝わります。

細かい文法は気にする必要はありません。話さないと何も始まらないですし、完璧な英語を話す人なんてそうそういないので、まずは英語を口に出すことが大切です。

日本の女子高生

正直な話、英語を口に出さなくても英語を覚えることはできますし、話すことができるようにもなります。リスニングの勉強をしているだけでも話すことができるようになります。でもあくまで話すことができるようになるだけです。

わかりやすく言えば「片言」です。普段から英語を口に出していないので、絶対に流暢には話すことができません。口に出すということは筋肉の運動なので、今まであまり発音したことがない英語の発音ができるわけがないのです。

例えば3歳くらいの小さい子供を思い浮かべてみてください。初めて言った言葉だとしても、その言葉を聞き取ることができるようになるのは早いですよね。

でも話すことはどうでしょうか。初めて聞いた言葉をいざ口に出そうとしても、はじめは上手く言うことができない場合がほとんどだと思います。でもなぜ上手く言うことができない子供がだんだんと正確に言葉を口に出すことができるようになるのかというと、何度も何度も練習しているからです。

英語を覚えることもこれと同じです。どんどん声に出していきましょう。

日本人と外国人の英語の大きな差

いきなりですが問題です。例えば、あなたとスイス人の2人が英語を習っているとします。2人とも英会話力は同じレベルで、同じ単語、同じフレーズ、同じ文法しか知らないとします。あなたとスイス人、一体どちらの方が英語を話すことができるでしょうか?

「同じレベルだから同じじゃないの?」との声が聞こえてきそうですが答えはスイス人です。

答えは簡単で、多くの日本人は単語を知っているだけでは英語を話さないからです。

完璧を求めようとするあまり、単語はわかるけど文法がわからないから話さない。フレーズはわかるけど、文法がわからないから話さない。文法はわかるけど、単語がわからないから話さない。がんばって話そうとする日本人はなかなか少なかったりします。

ジャンプしている男性

実体験からすると、逆にスイス人の場合は知っている単語やフレーズだけでどんどん話します。例えば色、長さ、重さ、きれいか汚いか、機械か植物など、関連がある単語を知っているフレーズと組み合わせて話します。

文法などお構いなしに、片言の単語とフレーズをどんどん使って会話をする形です。知っているものだけを使い、表現できる言葉を巧みに使って話すのですもちろん、スイス人の全員が全員というわけではないですが、私が今まで出会ったスイス人は全員このような人でした。

これが日本人と外国人の大きな差でしょう。同じレベルでも差が生まれてしまう。日本人はただ言葉に出して話さないだけです。間違っていても良いから言葉に出すこと。これが重要です。

まとめ

英会話は自分が思っているよりもずっと簡単なことです。これを機会に英語をどんどん声に出し、英会話を上達させていきましょう。

超怪しいけど詐欺?1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「見るからに怪しい…」「詐欺なんじゃないの?」「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。