英語を学んで早く上達する人、長期間勉強しても全然上達しない人

英語を学んで早く上達する人、長期間勉強しても全然上達しない人

日本では中学校、高校、大学と多くの人が長い時間英語を学びます。

でも、同じように英語を学んでも英語力が伸びる人と伸びない人に分かれます。その違いは一体どこにあるのでしょうか。

英語を学んで上達する人、上達しない人の5つの違い

英語を学んで上達する人と上達しない人の主な違いをご紹介します。

失敗を恐れずどんどん話す

失敗を恐れない人は英語を学んで伸びる人です。単語が合っているか間違っているか自信がない。発音やアクセント、イントネーションが合っているかどうかわからない。そもそもどう言ったら良いかわからない。

そんな時、片言の英語だとしてもジェスチャー付きで失敗を恐れずに英語を使ってみることが大切です。

使ってみれば間違いを指摘してくれたり、言い直してくれたりします。通じることと通じないことがわかってくるので、まずは失敗を恐れずに使ってみることが大切です。

通じることがわかれば次から自信を持って使えますし、通じないことがわかったら勉強すれば良いだけです。

失敗を恐れて英語を使わないと、いつまでたっても英語が上達しません。「通じるかどうか自信がない」「通じないことに気づかない」と、英語を学ぼうとしても自分の中の間違いが広がってしまうだけです。

最初から「通じなくて良いや、通じればもうけもの」というくらいの気持ちで、英語での会話を楽しんでみてください。たとえ通じなくても自分を責める必要はありません。

今度は聞き取れるように英語表現を勉強しよう、今度は仲良くなれるよう挨拶を勉強しよう、正しい発音を指摘されたから覚えておこう、と次に繋げたら良いです。その繰り返しが英語力をどんどん伸ばしていきます。

実際に使うシーンを考えて英語を覚えている

英語のテキストや問題集、教材などで勉強する時、実際にその英語を使うことを考えながら勉強すると英語が伸びのが早いです。

例えばテキストで飛行機の中での会話の英文があった時、単なる勉強として読んでいれば「意味がわかったら終わり」となりかねません。

  • テキストでは「肉料理をください」だったけど魚だったらどう言えば良いのか
  • 飲み物のおかわりが欲しい時はどう言えば良いのか
  • トイレで席を立ちたい時、通路側の人が寝ていたらどう言ったら良いのか
  • 発音はこれで通じるのか

など、実際に自分が使うシチュエーションを思い浮かべながら学ぼうとすると、大きく英語力が伸びていきます。使う場面と一緒に覚えると記憶にも定着しやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

大きな声で英語を話している

日本人が英語を話す時に重要なのは大きな声で話すことです。大きな声で話せば、もし発音がおかしくても相手はハッキリ気づきますし、おかしい時はおかしいと教えてくれます。

その際、「ごめんなさい」ではなく「ありがとう」と伝えれば、気まずくなることはありませんし、また間違えた時も教えてくれるようになり、結果として英語力を伸ばすことができます。

英会話に自信がない方は特に、英語を話す時に小さい声になりがちです。英語の発音は日本語の発音とは違うので、小声で話したら相手は非常に聞き取りづらかったりします。

相手に意味さえ伝われば会話は成立しますので、気にせず大きな声で話すようにしてみてください。

自分や周囲に海外と接点のある人が多い

海外との接点が多い人はやはり英語が早く上達します。

  • 海外旅行で英語が出てこなくて困った経験がある
  • 海外出張でもっと英語が話せればと思ったことがある
  • 英会話を勉強して役に立った経験がある

などを肌で感じている方は、自分が英語を使う時のことを考えて学ぶので英語力が伸びるのが早いです。

また、たとえ本人が海外との接点がなくても、自分の周りに海外と接点がある人が多ければ、周りの人の考え方が伝わったりします。

両親に海外との接点があれば「英語は必要」だとの実感が強くなったり、友人が海外旅行によく行く人であれば海外旅行の楽しさを教えてもらったり、同僚や先輩が海外出張をすれば出張先の話で盛り上がったりします。

そのような話をたびたび聞けば、海外に興味を持ち、英語を学ぶ必要性を感じると思います。

一方で、自分の周りに海外との接点がある人が少なく、「英語なんて必要ない」と考えている人ばかりであれば、英語を学びたい気持ちはあまり起こらないかもしれません。もしあなたが英語力を伸ばしたいのであれば、海外と接点がある人と出会う機会を増やすことをおすすめします。

人と話すのが好き

日本語でも人と話すのが好きな人は、英語を学んで英語力が伸びやすいです。相手の話に興味を持ち楽しく感じる人は、海外の人と接した時にも相手のことに感心を持つからです。

相手と仲良くなるために挨拶を覚えたり、表現によるニュアンスの違いにも関心を持ったり、海外の人と話すおもしろさを味わうと、もっと話せるようになりたいとますます英語を学びたくなるでしょう。

国や文化、育ってきた環境が違うので、今まで出会った人とは違う経験をしていたり、考え方の違いに何か気づかされたりすることも多いと思います。

一方で、人と話すのが苦手な人は、どんな話をしたら良いのか困惑してしまう方も多いと思います。

「自分が何を聞きたい」「話したい」よりも「話が続かなくて気まずい」「何か話さないといけない」と自分を追い込んでしまうと、ますます話すのが嫌になってしまいます。

そうなるとますます英語を使わなくなるので、学びたい気持ちも薄れてしまうかもしれません。

人と話すのが苦手な人は、無理をせず人と会って楽しい機会を増やすようにしてみてください。最初は日本語が話せる外国人とでも良いので、話して面白いという経験を作るようにすると良いでしょう。

まとめ

今、英語が伸び悩んでいる方は自分の習慣を変えるひとつのヒントにしてみてください。

1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。