スキャンするように英文を読む | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

スキャンするように英文を読む

本の読み方は人によって様々。

・内容が分かるまでじっくりと読む
・内容はある程度つかむことができればいいから早く読む
・声を出して読む(音読)

まだまだ読み方はたくさんあるけど、英語を上達させるために一番おすすめの読み方を言ってしまうと、それはスキャニングという読み方よ。これはつまり、本をスキャンするように読む、ということね。

スキャニングがどのような感じの読み方なのかは、スキャンという言葉を想像すると分かりやすいわ。

・スピードが速い印象
・止まらないで最後までいく印象

きっと多くの人はこのようなことを想像したかと思うけど、それで正解です。このスキャンを、本を読む時に活用するわけね。

英単語を調べなくても内容をつかめるリーディング力

スキャニングについてもっと詳しくお話しさせて頂こうと思いますが、ここで想像して欲しいことがあります。

まずは英語の本を読んでいる姿を、想像してみて下さい。そして本を読んでいたら、意味がわからない単語が出てきました。さて、あなたはこのような時どうしますか?

1、意味を調べてから先に進む
2、意味を調べないで先に進む

基本的に、このような場合には上記2つの選択肢しかありませんが、選んだ方によって、『英語の上達のスピード』に差が生まれます。

どちらの方が英語の上達が早いのか。結論から言ってしまうと、上達が早いのは

【2、意味を調べないで先に進む】

こちらの方です。

意味を調べていないのに、なんで英語の上達が早いのかと思った方もいると思いますが、その理由は後で詳しくお伝えするとして、先に「1、意味を調べてから先に進む」についてからお話しします。

実は、1番のように本を読んでいて意味がわからない単語があった場合に、単語の意味を1つ1つ調べながら本を読んでいく日本人の人は非常に多いんだ。でも、はっきり言ってこのような読み方をしていると、英語の上達は遅くなってしまうよ。

これは一体なぜかと言うと、この読み方をすると読む時間よりも単語を調べることの方に時間を使いすぎてしまって、英語で本を読む力がつかないからなんだ。

自分にとって、分からない単語があればあるだけ、本を読むことに一点集中することができないから、上達が遅くなってしまう。

英語で本を読む力というのは、単語を調べて、本の内容を全てつかむことができる力ではないよ。「単語を調べなくても、内容をつかむことができる力」これが重要なんだ。

ここで少し、日本語の本を読んでいる時を思い浮かべてみて下さい。
日本語の本でも意味の分からない単語は、1つや2つは出てきますよね。正確な意味を知っているか、知っていないかで言ってしまえば、分からない単語はもっともっとたくさん出てくるはずです。

あなたはそんな時に、いちいち国語辞典を使って単語の意味を調べますか?調べませんよね。よっぽど難しい専門書などを読んでいない限り、単語を調べることはないはずです。

なぜ日本語の本では、辞典を使って単語の意味を調べることがほぼ無いのか。不思議に思った方もいるかもしれませんが、その答えは簡単です。

日本語の場合、分からない単語があったとしても、その単語が含まれている文章中の他の単語や、周りにある文章から、その分からない単語の意味を推測しているからです。分からない単語を調べて、内容をつかんでいるわけではないのです。

ついつい、2番の方が英語の上達が早い理由を言ってしまいましたが、このように、英語も同じようにまわりの単語や文章から、分からない単語の意味を推測することが大切です。

別に内容を全てつかめなくても構いません。6割~8割程度つかむことができれば十分です。

内容をつかむことができる力、つまり、「英語の意味を想像する力」を鍛える本の読み方をして、リーディング力、そして英語を早く上達させていきましょう。

英文の内容を完璧に理解する必要はない

ここで少し、私の友だちや、知り合いの外国の友達についてお話したいと思います。

私がオーストラリアにいた時、一緒に英語を勉強していたヨーロッパ人は、あまり辞典を使っていませんでした。「なんで使わないのかな?」と思って理由を聞いてみたところ、理由は大きく2つ、とのこと。

まず1つ目は、わからない単語のまわりの文を見れば、その単語の意味がなんとなくわかるから。これは先ほどお話しした通り。2つ目は、いちいち読んでいる途中で止まっていたら、せっかくのおもしろい本もつまらなくなってしまうから。このような理由で、私の友達は辞典を使いませんでした。

たったこれだけのことですけど、英語の上達が早い理由はここにあると私は思います。その理由はもちろん、このような読み方をしていけば、「単語を調べなくても、内容をつかむことができる力」がついていくからです。

私たち日本人は、ついついなんでもかんでも、完璧を求めようとしてしまいます。 「自分は完璧主義ではない」と思っている人もいると思うけど、残念ながら、知らない間に完璧を求めるような英語の勉強法をすりこまれている人がほとんど。

学校の英語の授業が良い例ね。
学校の授業の場合、意味のわからない単語があったとしたら、その場ですぐに調べていたよね。

だからこそ、「わからない単語を見かけたら、すぐに調べないといけないもの。」と、知らない間に単語をすぐに調べてしまうクセがついていて、わからない単語があると、そこで読むことを止めてしまうの。

日本人が英語の上達が遅いのは、わからない単語を調べて読んでいくことにも原因があるわ。内容をすべて理解しようとするとダメなの。内容をすべて完璧に理解する必要は決してないのだから。

本を読む時には、

・わからない単語は飛ばしていく
・まわりの意味がわかる単語や文章から、わからない単語の意味を予想して読んでいく
・止まらずにスラスラと読んでいく

これら3つのことを実践するようにしてね。

流れるように本を読んでいくことが大切。全てを100%理解する必要は全くないんだ。100%を求めるのは、日本人の悪いクセだよ。わからない単語があっても、本の内容は理解できるからね。

そもそも本というのは、単語を理解するのではなく、内容を理解するものだから、わからない単語があっても内容が理解できれば問題ない。わからない単語が気になる場合は、読んでいる途中で調べるのではなく、蛍光マーカーで線を引いておくか、付箋を貼っておくかして後で調べれば良いよ。

本を読んでいる時は、とにかく流れるように読むことに集中してね。

これは日本語でも同じことだよ。
あなたは全ての単語を、完全に理解して読んでる?違うよね。わかる単語から意味を予想して、文章を理解しているよね。難しく考えすぎないでね。

ちなみにですが、『自分の英語レベルに合った』本を選ぶ理由も、ここにあります。
自分のレベルに合った本を選んだとしても、当然、わからない単語も多少は出てきますが、せいぜいあったとしても1ページに3~5個程度。そのため、大したストレスにはなりませんし、まわりの文章からその単語の意味も推測しやすいので、良い練習になります。

難しい本を読んだとしたら、1ページに10個とか、下手したらそれ以上にわからない単語が出てきますので、かなりストレスになりますし、わからない単語が多過ぎて、まわりの文章から意味を推測するのも非常に難しいです。

だからこそ、リーディング力をつけるために、そして早く英語を上達するために、自分のレベルに合った本を選ぶんですね。あと速読ができるようになると、もっとリーディング力が上がります。興味がある方は『速読法』もぜひチェックしてくださいね。

VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。