リスニングパワーの効果と学習対象者 | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

リスニングパワーの効果と学習対象者

現在、数多くある英語教材の中で、最も早く英語の音を覚えることができ、短期間でリスニングを上達させることができる教材は、リスニングパワーだよ。

英語の音を無料で勉強できるものもあるけど、このリスニングパワーの方がクオリティと効果が高すぎるから、「本気でリスニングを早く上達させたい」と思っている方にとっては、無料のものを使って勉強する時間がもったいないですし、おすすめできません。

そこに時間を使うのであれば、ご紹介する教材を使って、英語の音を勉強した方が絶対に良いよ。その方が時間も無駄にならないし、早くリスニングを上達させることができるからね。

なぜこの教材がおすすめなのか、どんな方におすすめなのかなど、これから詳しくお話ししていくから、ぜひ参考にしてみてね。

芸能人も指導している世界的な英語発音スペシャリスト

この教材は、22年に渡って2,000人以上の日本人をバイリンガルに変身させた、世界トップレベルの先生のリスニング教材です。

このスコット先生は今までに

・JAL
・ANA
・SONY
・FUJITSU
・NEC
・Apple
・PEPSI

などなど、誰もが知っている大手企業や教育機関で指導してきている、発音矯正のスペシャリスト。

もちろん、ただ指導した経験がある、というだけではありません。指導した経験があったとしても、教わった人たちを成長させることができなかったのであれば、実力はない、ということになります。

ではこの先生に教わった人たちは、一体どのようになったのかと言いますと、ほとんどの方が、短期間でネイティブたちと流暢に会話ができるレベルになっています。中には、極めて正確な発音を求められる、外資系企業の会議に出席された方も数多くいます。

また、この先生が教えて来たのは、大手企業や教育機関だけ、というわけではなく、数多くの日本の芸能人にも指導してきているの。例えば、人気海外ドラマ「HEROES」の中村佐恵美さんや、日本の有名芸能人の方にも、この先生は指導してきているのよ。

非常に忙しい芸能人の方たちが、短期間でネイティブと同じ発音ができるように、そして英会話力を身につけるために、この先生に指導を求めている、ということを考えると、この先生独自の学習法のスゴさが、十分にわかるわね。

スコット先生のプロフィールはこちら

ちなみに、本場アメリカで活躍している方々も、この先生の発音矯正の指導に殺到しているんだよ。

ちょっと考えてみるとわかるけど、やっぱり俳優としてアメリカのスクリーンの中に立つには、ネイティブと同じようなパーフェクトな発音を求められるんだ。カタカナ英語ではダメなんだね。もしカタカナ英語だとしたら、アメリカのネイティブの方には、何を言っているのかわからないからね。

だからこそ、英語の音をいち早く覚えるために、ネイティブと同じ発音を手に入れるために、アメリカで活躍されている方々も、この先生の発音矯正を受けにくるんだね。

リスニングパワーの特徴

リスニングパワーは、さまざまな「英語特有の発音」に焦点を当てています。
英語には存在し、日本語には存在しない10の母音と、速く話すときに生まれるさまざまな発音を重視。そのため、リスニングパワーをただ聞くだけでも、普段、日本語の音に慣れている日本人の耳を集中的に鍛え、英語耳にすることも可能なのです。

「なぜ聞くだけでも、英語が聞き取れるようになるのか?」と不思議に思った方もいるかと思いますが、その秘密は「周波数」にあります。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、英語と日本語では周波数が異なります。日本語の周波数は英語に比べて低く、世界の中でも一番低い周波数の部類に入ります。 では英語はというと、英語の周波数は、世界でもっとも高いのです。

日本語の最高周波数が1,500ヘルツであるのに対し、英語の周波数は最低でも2,000ヘルツ。周波数に関しては、日本語と英語では交わるところがないのです。

だからこそ、普段日本語の周波数に慣れている日本人は、周波数の異なる英語を聞いても、英語本来の音を聞き取ることができず、日本語に近い音に置き換えて理解してしまうのです。

このことを考えると、なぜ日本人がなかなか英語を聞き取ることができない理由、良くおわかり頂けたかと思います。

その周波数にフォーカスし、2,000人以上のバイリンガルを生み出しているのが、リスニングパワーよ。

リスニングパワーを聞くことにより、英語の周波数を耳から脳に送ることができ、今まで聞き取ることができなかった周波数の英語の音も聞き取ることができるようになってくるわ。そして、さらに継続して聞くことにより、子供時代には聞き分けられたであろう、音の回路をもう一度つなぎ合わせることができ、英語の音が聞き取れるようになってくるの。

リスニングパワーを使うと、アメリカ英語の無音の息使いやリエゾンも聞き取れるようになってくるし、英語の音を明確に覚えることができるから、自分自身の発音も上達させることができるわよ。

リエゾンの意味と法則

ここでリエゾンについてお話しすると、リエゾンとは、音と音がつながって別の音になったり、消えてしまうことをリエゾンと言うんだ。

例えば、「lots of」のフレーズを例にすると、このフレーズはアメリカ英語ではどのように発音すると思う?正解は「ロッツ オブ」ではないよ。「ロッツォ」のように発音するんだ。「ロッツ オブ」のように1語1語を丁寧に発音しているわけではないんだね。

もう1つ例を挙げると、「Watch him.」はどう発音するかな?正解は、「ウォッチ ヒム」ではなく、Watch'im.「ウォッチム」のように発音するんだ。「h」を発音する必要はないんだね。

あなたもリスニングをしていて、この「lots of 」や「Watch him.」のような感じで、「なんか音がくっついたり、消えたりしてるなぁ。」と思ったことがあると思います。ご紹介したフレーズのように、音と音がつながって別の音になったり、消えてしまうことをリエゾンと言います。英語では、文章で書いてある通り、全てを発音するわけではないのです。

「リエゾンって難しいな。」と思った方もいるかも知れませんが、要はこれが英語の音を覚える、という意味ですし、英語の音を覚えたら、リスニングが早く上達するというのも、このことから良くお分かり頂けると思います。

ちなみに、リエゾンについては全然心配しないで大丈夫です。実は、リエゾンにはその特有の音があるのはもちろんのこと、法則もあるのです。

どんな時にはこのリエゾンになるとか、どんな時にそれは発音しないとか、先ほどの例で挙げたような法則があるので、そのリエゾンの音と簡単な法則さえ覚えてしまえば、リエゾンは簡単に聞き取ることができますので、全然問題ありません。このリエゾンも、リスニングパワーを使うことで克服することができるのです。

リスニングパワーの聞き流しの効果

聞き流しをしていても全く効果がない、というわけではないけど、早く上達させたいのであれば、当然だけど集中して聞いた方が良いわ。これは、ディクテーションと『シャドーイング』の学習方法を考えてみると分かりやすいわね。

ディクテーションとは、英語音声を聞き取り、聞き取ったものを書き取るという学習法。シャドーイングは英語音声を再生し、聞いた文章を音声の後に続いて、口に出して繰り返すという学習法。ディクテーションにしろ、シャドーイングにしろ、両方とも音声を集中して聞く学習法、ということがわかりわね。

ディクテーションは聞き取ったものを書き取る必要があるから、音声を集中して聞く必要があります。シャドーイングも聞いた文章を、音声の後に続いて口に出して繰り返さないといけないから、音声を集中して聞く必要があります。聞き流しの方が、確かに学習する際には楽だけど、集中して聞いた方がやはり成長は早いわ。

ちなみにだけど、聞き流しと集中して聞く学習を使い分けると、効果的だよ。
例えば、しっかりと学習する際には集中して聞く。勉強をするつもりはないけど、英語に触れる時間を増やすために、料理や掃除している最中には英語の音声を流しておく。

このように勉強する時間以外にも、英語の音声を流しておく等、『英語に触れる時間を増やしていく』と、英語の上達に効果的だから、是非試してみてね。

集中して聞いた方が良いと言っているのに、なぜリスニングパワーをおすすめしているのかと言いますと、この教材では音声と一緒に、「キーンッッ!!」や「キュイーンッッ!!」などの高周波の音が流れてきますので、自分では集中するつもりはなくても、意識が自然と音声の方へ行く感じがします。

高周波の音を聞く効果は、英語を聞き取れるようにするためだけにあるわけではありません。集中力を高める効果もあるのです。

例えば、モーツァルトと一緒です。
モーツァルトの音楽は高周波を豊富に含んでいて、右脳を刺激し、集中力を高める効果がある、というのは有名な話です。

実際に、ある大学がこのモーツァルトを企業に取りいれてその効果を調査した結果、ストレス、仕事の疲れの軽減、そして作業効率や発想力がアップし、業績にも好影響を与えたという結果が出ています。企業だけでなく、幼稚園や保育園でも、子どもの能力を伸ばすためにモーツァルトを取り入れているところがたくさんありますね。

そのため、リスニングパワーの場合、ただ聞き流しているように思っていても、実は集中力が高まっている状態の感じで聞いているわけです。

残業ばかりで電車の中でしか勉強できない方や、学校が忙しくて勉強時間をあまり取ることができない方のように、勉強時間は少ないけど、リスニングや発音を短期間でマスターしたいと思っている方は、ぜひあなたのスキルアップに、リスニングパワーを役立ててみて。

補足になるけど、聞き流し系の教材でも、集中して聞いた方が英語を早く上達することができるわよ。リスニングパワーでシャドーイングすると、さらに英語の上達に効率的。ぜひ試してみてね。

リスニングパワーのデメリット

リスニングパワーのデメリットもお話しすると、デメリットは大きく5つあるよ。

1、文法力やリーディング力を高めることはできない

この教材は英会話教材になるので文法力を高めたい方や、リーディング力を高めたい方には向かないわ。教材内には英文法の学習はないですし、リーディングスキルを高めるためのものがあるわけでもありません。純粋に英会話力を高めたい方向けの教材になるから、そこは注意してね。

もし文法力を高めたいのであれば『English grammar in use』がおすすめです。TOEICやTOEFLの試験のために文法対策にもなりますし、英語で英文法を学ぶことができるので早く上達しますよ。

2、具体的なTOEIC対策はない

リスニングパワーには、TOEIC対策はあるのか、と思った方もいると思いますが、多少のTOEIC語彙対策はあるけど、細かいTOEIC対策はありません。

リスニングパワーは、英語の音を覚え、リスニングを上達させるためのリスニング専用の教材。そのため、TOEICテクニックをお伝えするTOEIC専用の教材、というわけではありません。

でも、リスニングパワーを使って、TOEICスコアを全くアップさせることができない、というわけでもありません。TOEICのリスニングセクションも、リスニングの試験なので、リスニングが上達すれば当然、TOEICリスニングスコアも上がっていきます。

自分のリスニング力を上げてスコアを上げたい人には、このリスニングパワーはおすすめです。現に、このリスニングパワーを使って、リスニングスコアをアップさせた方もたくさんいますからね。

ちなみに、TOEICを目指している方限定になりますが、リスニングを含めて総合的にTOEIC対策をしたいのであれば、『TOEIC(R) Test-最速スコアアップ講座』が良いです。リスニング、リーディング、英文法、語彙、TOEICテクニックの全てを学ぶことができますので、TOEIC対策には最適です。

3、アメリカ英語以外を覚えたい場合には向かない

リスニングパワーはアメリカ英語の教材になるから、イギリス英語やオーストラリア英語、ニュージーランド英語など、他の国の英語を覚えたい方にはリスニングパワーは向かないよ。

アメリカ英語のリスニングと発音を上達させたい場合にだけ、リスニングパワーを購入してね。

4、テキストは簡素なもので詳しい学習方法は載っていない

リスニングパワーは音声教材になるので、音声を聞くことがメインです。そのせいかはわかりませんが、教材のテキストには特に詳しい学習法は載っていません。30ページ程度の簡素なテキストとなっています。

また、音声の英語の文字起こしがない部分もあります。購入後のメールで学習法のフォローもしてくれますし、音声を順番に聞いて行けば良いだけなので学習方法としては難しいものではありませんが、テキストとしては不十分と感じる方もいるでしょう。

5、メールサポートを受けるためには英語で書く必要がある

リスニングパワーにはスコット先生のメールサポートが付いているけど、そのサポートを受けるための質問メールは全て英語で書く必要があるの。テキスト内に質問方法について詳しく書かれているんだけど、日本語では対応してなくて必ず英語で質問しなくてはいけないわ。

英語を勉強しているのだから、スコット先生の質問も英語でした方が上達が早いけど、英語初心者の方や英語での質問がわからない方には、これは大きなデメリットになるわね。

以上の5つがリスニングパワーのデメリットになります。

リスニングパワーで英語力が上がる対象者の目安

このリスニングパワーはリスニング力が低い方には特におすすめですし、TOEICリスニングスコアが現時点で400点取れているのであってもおすすめです。それは一体なぜかというと、この教材を使うことによって、アメリカ英語の音(発音)を明確に覚えることができるからです。この教材はTOEIC試験以外にも当然、役立ちます。

実際に、リスニングスコアを400点以上持っていた方で、リスニングパワーを使ってより上達させることができた方はたくさんいます。

自分に必要かどうかを判断するのに良い方法としては、試しに今、アメリカのドラマを見てみて下さい。

例えば、

SEX and the CITY
HEROES
Friends

などですね。

それを見て、8割聞き取ることができたのであれば、特に必要はありません。
英語の音をかなり覚えている証拠です。

聞き取れなかったのであれば、リスニングパワーはおすすめです。

なお、単語を知っていれば聞き取ることができた、というのは判断材料から抜かして下さいね。それは聞き取ることができるわけですので。

以上がリスニングパワーをおすすめしている理由になります。

リスニングパワーは、英語のリスニング教材の中では文句なしの1番だから、ネイティブの英語が簡単に聞き取れるようになりたいと本気で思っているのであれば、ぜひチェックしてみてね。

「リスニングパワー」のご購入はこちら

3週間くらいで海外に住んでた頃のリスニング力を超えました
VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。