英語の助動詞shouldの使い方はこれでバッチリ!練習問題付きで徹底解説

英語の助動詞shouldの使い方はこれでバッチリ!練習問題付きで徹底解説

英語の助動詞shouldの使い方を練習問題付きで詳しく解説していきます。

英文法が苦手な方はぜひ参考にしてみてください。

shouldの使い方

「~する(~である)べき」という意味のshouldは義務を表す助動詞ですが、mustより少し弱い言い方です。使い方は簡単で「主語+should+動詞の原形」と続きます。

This is an excellent website. You should visit it.
これはとても良いウェブサイトです。見ておくべきですよ。

This is the greatest websites I’ve ever seen. You must visit it.
これは私が今まで見た中で最高のウェブサイトです。ぜひ見てください。

否定は「should not」ですが、短縮形「shouldn’t」がよく使われます。

We shouldn’t complain too much.
あまり文句ばかり言うべきではない。
(文句を言い過ぎるのは良くない)

Politicians should not make such comments.
They should be more careful with their words.
政治家はそんなコメントをするべきではない。
もっと言葉遣いに気をつけるべきだ。

*失言する事を日本語では口が滑る、英語では舌が滑ると表現します。

また、shouldは「I think(私は~と思う)」の後に続けてよく使われます。

I think we should reduce the amount of garbage.
私たちはゴミの量を減らすべきだと思う。

I don’t think we should give up so easily.
私たちはそう簡単に諦めるべきではないと思う。

shouldの疑問文はアドバイスや指示などを求める時に使われます。

Do you think I should study English grammar?
私は英文法を勉強するべきだと思いますか。

What should we do to reduce garbage?
私たちはゴミを減らすために何をするべきだろう。

shouldと同じ意味のought to

shouldは「ought to」に置き換えることができます。意味はほとんど変わりませんが、 shouldの方が圧倒的によく使われます。

“I’ve had a headache for a week.”
“You ought to see a doctor.”
「頭痛が一週間続いてるの。」
「お医者さんへ行くべきよ。」

ought to の否定(=shouldn’t)は「ought not to」です。イギリス英語では「oughtn’t to」も使われます。

You ought not to say that.
そんなことを言うべきではない。

shouldもought toもmustよりは弱いとはいえ義務を表すことに変わりはないので、あまり使いすぎると聞き手に威圧感を与えかねません。

友達同士なら気になりませんが、論文やプレゼンなどで意見を述べる時はshouldを連発しないように注意しましょう。

shouldの使い方がわかる練習問題

shouldの使い方がわかる練習問題です。

Q1. ( )にあてはまる最も適切な文章を下の①~⑤の中から選び、自然な会話文を完成させてください。ただしそれぞれ1回ずつしか使えません。(should編)

*2人はオーストラリアにいます。
1. A : Look at that sign. It says, “Kangaroo crossing.”
B : Wow, ( ).

2. A : I left my passport in the hotel.
B : Are you sure? ( )

3. A : What are you reading?
B : It’s a grammar book. ( ). It’s really worth it.
*worth=~の価値がある

4. A : I’m not feeling very well.
B : Oh, no… Maybe ( ). You’ve been working too hard lately.

5. A : Do you think ( )?
B : I don’t know. It’s really a tough question…

① You should have some rest
② You should buy a copy
③ I should slow down and watch out
④ I should take this job
⑤ You should call them right away

Q2. ( )にあてはまる最も適切な文章を下の①~⑤の中から選び、自然な会話文を完成させてください。ただしそれぞれ1回ずつしか使えません。(shouldn’t編)

1. A : It’s boiling hot.
What kind of weather is this anyway?
B : I know how you feel, but ( ).

2. A : I must lose weight.
B : Yes, I think so. Do you know that ( )?

3. A : What can we do to save the environment?
B : I think we should try to reuse and recycle as much as possible.And maybe ( ).

4. A : Aren’t you concerned about it?
*concerned=関心がある、心配している
B : More or less, but I guess ( ).
*More or less=多少はね。
It’s none of my business.

5. A : We have lots of problems such as unemployment and poor education.
*unemployment=失業
B : *Look, ( ). We must do something!

① we shouldn’t just sit back and watch
② I shouldn’t care
③ we shouldn’t complain about it
④ we shouldn’t buy too much stuff
⑤ you shouldn’t eat anything after 8:00 p.m.

Q3. 次の文章を I think/don’t think … should を使って言い換えてください。

例)Sam ought to be more careful.
→ I think Sam should be more careful.
Sam ought not to buy another car.
→ I don’t think Sam should buy another car.

1. Jenny ought to be quiet.

2. All children ought to have the right to go to school.

3. Kevin ought not to wait.

shouldの使い方がわかる練習問題の解説

shouldの使い方がわかる練習問題の解説です。

Q1. ( )にあてはまる最も適切な文章を下の①~⑤の中から選び、自然な会話文を完成させてください。ただしそれぞれ1回ずつしか使えません。(should編)

1. A : Look at that sign. It says, “Kangaroo crossing.”
B : Wow,③ I should slow down and watch out.
A : あの標識を見て。「(横断する)カンガルーに注意」って書いているわ。
B : うわっ、スピードを落として注意するべきだね。

2. A : I left my passport in the hotel.
B : Are you sure?⑤ You should call them right away.
A : ホテルにパスポート忘れて来ちゃった。
B : 確かなの? すぐホテルに電話するべきよ。

ホテルや会社などは一般に they(them) で表します。自分の勤めている会社なら we を使います。

3. A : What are you reading?
B : It’s a grammar book.② You should buy a copy. It’s really worth it.
A : 何を読んでいるの?
B : 文法の本よ。あなたも一冊買うべきよ。きっとその(買う)価値はあるわ。

a copy は(本を)一冊という意味で使われます。コピー機でコピーしたものと区別したい時は「photocopy」を使います。

「It’s worth it.」は「それだけの価値がある」という意味でよく使われるフレーズです。

4. A : I’m not feeling very well.
B : Oh, no… Maybe ① You should have some rest. You’ve been working too hard lately.
A : あまり気分が優れないなぁ。
B : そりゃいけない。少し休憩するべきなんじゃないかな。最近働きすぎだよ。

5. A : Do you think ④ I should take this job?
B : I don’t know. It’s really a tough question…
A :(私は)この仕事に就くべきだと思う?
B : わからない。それは本当に難しい質問ね…。

Q2. ( )にあてはまる最も適切な文章を下の①~⑤の中から選び、自然な会話文を完成させてください。ただしそれぞれ1回ずつしか使えません。(shouldn’t編)

1. A : It’s boiling hot. What kind of weather is this anyway?
B : I know how you feel, but ③ we shouldn’t complain about it.
A : めちゃくちゃ暑いわ。いったい何て天気なの?
B : 気持ちはわかるけど、天気に不満を言うべきではないわ。

2. A : I must lose weight.
B : Yes, I think so. Do you know that ⑤ you shouldn’t eat anything after 8:00 p.m.?
A : 体重を落とさなきゃ。
B : うん、そう思うわ。夜8時以降は何も食べるべきじゃないってわかってる?

3. A : What can we do to save the environment?
B : I think we should try to reuse and recycle as much as possible. And maybe ④ we shouldn’t buy too much stuff.
A : 環境を守るために私たちに何ができるだろう?
B : できるだけ再利用やリサイクルをするべきだと思います。それにあまりたくさんモノを買うべきではないのかも知れません。

「should/shouldn’t」は断定的な言い方なので 「maybe 」を添えると少し穏やかに聞こえます。「stuff」は things(物、事柄)を表しますが単数扱いです。ついでに言えば staff(社員などのスタッフ)も単数扱いです。

4. A : Aren’t you concerned about it?
B : More or less, but I guess ② I shouldn’t care. It’s none of my business.
A : そのこと、気にならないの?
B : 多少はね。でも気にするべきじゃないと思う。私には関係のないことだし。

「It’s none of your business!」は「君には関係ないだろ!」という意味です。

5. A : We have lots of problems such as unemployment and poor education.
B : Look, ① we shouldn’t just sit back and watch. We must do something!
A : 失業やら不十分な教育やら、私たちは多くの問題を抱えている。
B : なあ、オレたち何もせずに見ているべきじゃないよ。何かしなければ!

Q3. 次の文章を I think/don’t think … shouldを使って言い換えてください。

1. Jenny ought to be quiet.
I think Jenny should be quiet.
ジェニーはおとなしくするべきだと思う。

2. All children ought to have the right to go to school.
I think all children should have the right to go to school.
全ての子どもは学校へ行く権利を持つべきだと思います。

3. Kevin ought not to wait.
I don’t think Kevin should wait.
ケヴィンは待つべきではないと思う。(やるなら今でしょ!)

まとめ

shouldの使い方は簡単なので、これを機会にマスターしてしまいましょう。