速聴のスゴい効果と能力開発の魅力 | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

速聴のスゴい効果と能力開発の魅力

ここでは速聴の効果、メリットについてお伝えしたいと思います。速聴を行うことで得られる素晴らしい効果はこちら。

①勉強時間の短縮ができる
②効率的にさまざまなことを学べる
③「音」を使うトレーニングなのでいつでもどこでも実践できる
④右脳に働きかけるため頭の回転が良くなる
⑤潜在能力を引き出すことができる可能性がある
⑥短時間で繰り返し学習ができるので記憶力が上がる
⑦集中力を高めることができる

しかし、これは正しいやり方で毎日トレーニングを重ねた場合に限ります。一般的に言われている速聴のトレーニングは、1日少なくとも15分以上、毎日2週間?1か月続けて速聴用の教材を聴きつづけるというものです。この必要な最低のトレーニングの時間と期間を「あまりにも長い…」と思われるか「このくらいで上記のような効果が出るならやってみるに足る!」と思われるかはあなた次第です。

1日15分だけの速聴トレーニングであなたは今の数倍の仕事をこなしたり、不可能だと思われた試験を突破したり、今まで思いつかなかったような新発想が頭に浮かんで来たりするかもしれない…!という可能性を現実にすることができるのです。もし万が一、思ったような成果が出なかったとしましょう。しかし、それであなたが失うものは何もありません。

毎日新聞を読むくらいの少しの時間と、教材費くらいです。教材も高いモノばかりではありません。図書館を利用する方法だってあります。速聴は、始めたばかりのころは何を言っているか分かりません。それで大丈夫です。耳を澄まし、「聴く」ことに集中し続けてください。ある時点から、なぜか「聴き取れる」ようになっていることや発想力、集中力等が格段に上昇したことを、驚きとともにあなたは体感するでしょう。

追唱スピードが「脳力」をアップさせるカギ

あなたが友人など人の話を聞いているとき、あなたの脳は相手の言った言葉を再度頭の中で言語化され、あなたは友人の話の内容を理解しています。耳から入ってくる音声情報は、脳の側頭葉という部分にある「聴覚野」というエリアに、そして目からの視覚情報は後頭部にある「視覚野」というエリアに送られ、それぞれの情報から言葉に関する情報だけが、左脳にあるウェルニッケ中枢に送られます。

あなたが友人など人の話を聞いているとき、あなたの脳は相手の言った言葉を再度頭の中で言語化され、あなたは友人の話の内容を理解しています。耳から入ってくる音声情報は、脳の側頭葉という部分にある「聴覚野」というエリアに、そして目からの視覚情報は後頭部にある「視覚野」というエリアに送られ、それぞれの情報から言葉に関する情報だけが、左脳にあるウェルニッケ中枢に送られます。

ここで再度言語化が行われ、同時に「唱えなおす」という作業が行われることとなるのです。ややこしいですが、この一連の流れを私たちは無意識に、他人の話を聞くときに行っています。この脳内で聞いたことを再度唱えなおすことを「追唱」と呼びます。

最新の脳科学では、「頭の回転の速さは追唱の速度に比例する」ということが判明しています。つまり、この追唱のスピードを上げることができれば、頭の回転を速くすることができるのです。速聴により聞き取れないくらいのスピードの音声を耳から流し込むことで、ウェルニッケ中枢の脳神経細胞はなんとかその音声の内容を理解しようと樹状突起を伸ばしていきます。

するとその突起同士がどんどん結びつき、脳の神経細胞が密接に結合していきます。この結果、脳の情報処理能力が飛躍的に伸びることとなり、さまざまなあなたの潜在能力を引き出す足がかりになってくれるのです。

語学・受験・資格試験に最適

意外かもしれませんが、速聴と語学学習は深く関連付けることができます。言葉を学ぶとき私たちはまず耳で聞き目で学ぶもの。赤ちゃんは母語を周りの大人たちの会話から学習します。

外国語を習得するためにはたくさんのリーディングも大切だけど、リスニングが言葉を学ぶ上で非常に重要な訓練であるということは言うまでもありません。速聴は、このリスニングの効果をぐんと上げてくれる可能性を秘めているのです。特に、リスニングに苦手意識のある方にも速聴を取り入れた語学学習はおすすめです。あなたの語学学習に速聴を取り入れることで、ぐっと勉強がはかどりますよ。

また高校や大学などの試験や、国家試験をはじめとするさまざまな資格試験を目指されている方。学校や塾、そして仕事で忙しい方たちが、勉強のために割ける時間はかなり限られたものですよね。勉強時間の短縮ができる速聴は、そういった方たちにもすごくおすすめよ。

成功するための速聴

速聴の教材には「マーフィーの法則」で知られる、ジョセフ・マーフィーの成功哲学、潜在意識活用の方法が書かれた書籍や、同じく成功哲学、自己啓発でおなじみのナポレオン・ヒルの言葉を活用したものなど、普段活用されていない脳の97%の力を呼び覚まし、成功や精神的充足、自己実現に導いてくれる至言の文章を用いたものがたくさんあるんだ。潜在意識・右脳に働きかけるという面に着目した教材であると言えるね。

速聴により、偉大な成果を残した人々の言葉を無意識の領域や潜在意識の領域に流し込み、新しい発想を生み出すための力や実現させたい夢の現実化を成し遂げることが可能だと考えられているんだね。速聴という学習トレーニングの可能性が、これらの教材によってより広がりを見せていると言って良いだろうね。

速読スキルも上がる

速聴と速読も関連のある事柄です。実は、速聴は速読にも効果がある、と言われています。少々意外に思われるかもしれませんが、これは速聴トレーニングのやり方の1つに視覚情報を組み合わせたものがあり、一般にはその方法で速聴を行うことで得られる能力開花です。

具体的には、3?4倍速の音声を聴きながら、その音声をテキストに起こしたものを目で追うという速聴のやり方です。「逆聴」とも呼ばれることがあります。この速聴方法では、耳からの超高速の音声情報と目からの超高速の視覚情報が一気にあなたの脳に流れ込んできます。

五感のうちの二つを使って脳に刺激を与えるこの上ない方法であり、速聴が速読にも効果があるといわれる理由です。速い音声を聴きとるだけでなく、視覚情報の処理も高速に済ませることのできる能力が、あなたの中に芽生え、速聴に熟練するにしたがってどんどん成長していくのです。

 「全脳活性」の魅力

最初の方で速聴によって得られる素晴らしい効果を箇条書きでお伝えしました。速聴をすることで、私たちはこういった非常にたくさんの有益な効果が得ることができます。

このような効果が得られる理由は、「私たちの普段眠っている脳の97%の力を目覚めさせる」というこのことにつきるかもしれません。つまり、「脳のすべて=全脳」を速聴というひとつの刺激で活性化させ、最後にはすべての眠っている「脳力」、潜在意識の力を生かすということです。

相対性理論を発見したアインシュタインは言うまでもなく歴史的な偉人のひとりですが、彼の脳が他の人よりも生まれつき特別であったというわけはありません。年齢のこともあったでしょうが、彼の脳の重さは一般的な男性の脳の重さより少し軽いものでさえあったのです。松下幸之助のような素晴らしい経営者であっても、特別脳のつくりがよかった、大きな脳を持っていたということはありません。

では、彼らと私たちの違いは何でしょうか。それは自分の「脳の使い方をよく知っていた」ということなのだと思います。たぐいまれな好奇心、ひたむきな研究、仕事への哲学、学び…さまざまな要素が彼ら歴史的偉人の偉大な業績を形作っていったことでしょう。彼らのその思想や行動を支えていたのは、ひとえに「脳」なのです。

私たちは、「全脳活性」を目標に速聴を続けることで、自分でもこれまで知らなかった「自分の力」を発揮できるようになります。この自分の力を発揮できるということは、素晴らしい喜びです。これまではできなかったこと、あきらめていたこと、ものすごく時間をかけていたことが、できるようになる、達成できる、短時間で終わらせることができるようになるのです。それだけでなく、頭もすっきりして気分もとてもよいでしょう。毎日の仕事・人生がもっと楽しくなります。

速聴をしながら、こういった毎日を送ることで、あなたももしかしたらアインシュタインに勝るとも劣らないような歴史的偉人として名を残すかもしれません。冗談ではなく、速聴はそれだけの効果をあなたに与えてくれるひとつのメソッドなのです。

VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。