園善博の速習セミナー詳細と3つの読書法 | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

速習セミナーとは

速習は園善博先生によって開発された速読法です。写真を撮るようにページをめくって本を読んでいくフォトリーディングに似たところは多少なりともありますが、速習ではフォトリーディングでは速読が実現できなかった人でも速く読めるようになる方がたくさんいます。

速読ができなかった人は、なぜ速読を習得することができなかったのか、しっかりと原因を追究して理由を明確にしているため、同じような失敗を繰り返さないような仕組みができているからです。園善博先生が執筆した「本がどんどん読める本」は、全国各地で人気の本となり、20,000部を超えるベストセラーになっています。

園善博先生は以前フォトリーディングの講師を務めており、約6年間の間に8,000人もの受講者へ教えたカリスマ講師です。そのノウハウを活かしつつ、さらなる改良を重ねた方法が速習法です。速習法は、園善博さんによるセミナーやDVDを使用して学ぶことができます。ここではセミナーがどのような内容なのかとセミナーの効果を簡単にご紹介させていただきます。

速習セミナーは本を速く読むスキルに加え、内容をしっかり頭へ定着させる方法を身につけます。本を読んでもなかなか頭に残らない、簡単な本は読めるけど、難しい本は読めないと感じている方でも、ストレスなく悩みを克服することがきっとできますよ。

読む量と知識の量が比例する

速習法のトレーニングでは、速く読むと同時に内容が定着するような方法を採用しているんだ。むしろ内容をしっかりと理解することの方に重点を置いているかも知れないね。大人になってから小学生の本を読むと非常に簡単に感じるけど、それは本に書いてある内容を全て知っているからだと思うんだ。

ひらがなが多いのはもちろんだけど、漢字も全て読め、内容も理解できるものが記載されています。逆に専門的な本を読むとなかなか読み進めることができないよね。難しい内容だと知らない単語や言い回しがあるから、小学生の本ほどすらすら読むのはやっぱり難しいね。

ここで言えるのは、持ち合わせている知識が多ければ多いほど読みやすくなっていくということ。すらすらと読めなかった本でも、一度読んだ本は二度目にもっと速い速度で読むことができます。内容を理解する、知識を増やすことは、本をスムースに読むためには大切なことなんだね。

3つの読書法

速習法では概要把握・詳細把握・通読の3種類の方法を目的に応じてうまく組み合わせながらトレーニングを行っていくの。まだ知識を持ち合わせていない内容に関する本を読みたい場合、まずは概要を把握することが必要。

どのような内容かを把握できれば、次に読む時に詳細まで眼が行き届くようになります。3度目に読む時は、内容もしっかりと把握しているから、もっと速く読めるようになっているわよ。

同様に同じ種類の本を1冊ずつ読んでいくと、前の本に同じような内容が書かれていた気がつく経験が増えてきます。これは速習法によって知識が積み上げられていった証拠。速習法では概要把握をスキミング・リーディング、詳細把握をターゲット・リーディング、通読することをトレーシング・リーディングと呼んでいるわ。

速習法では本を読む前に本を読む目的を決め、本を下見することから始めます。目的を決めることをプリペアードマインド、下見することをプライミングと言います。

プリペアードマインドは、本を読む理由を明確にし、主体的に読書と向かい合います。目標を立てずに読む時に比べて集中力が湧きますし、より有意義にトレーニングすることができます。「本を速く読む」という目的しかないと読まなければならないという強迫観念にとらわれ、ストレスがかかりますから「本が速く読めるようになったら〇〇をしたい」という欲求をプラスし、意欲的に取り組むように心を仕向けるのです。

プライミングは初めて見るものよりも、見たことのあるものの方が見やすいという効果を利用した方法です。プライミングはこれから読む本をパラパラとめくりながら何となく目を本に落とすだけです。プリペアードマインドとプライミングを行ってから読むと、何もしない状態で突然読む時よりも読みやすいという結果が出ているそうな。

ではここでその3つの読書法について少し詳しくお話ししますね。

スキミング・リーディング

本を読む前にしっかりと準備をしたら、スキミング・リーディングで概要把握を行います。まずは目次を一通り読み、どのような内容が書かれているのかを把握します。その後、プリペアードマインドを決めてプライミングを行います。目次やプライミングを行っていけば、どの言葉が重要かくらいは分かるようになります。この状態で、重要そうな箇所を重点的に読んでいけば、何となく内容が分かってきます。

目次を見た時に読んだ小見出しの内容を思い出しながら読み進めていくとより効果があります。最後に、本の要点をメモ帳やノートへ書き出すと、記憶に定着させることができます。スキミング・リーディングをマスターするため、速習法では同じ分野の本を複数冊読んでいきます。複数冊読むことで、1冊目よりも2冊目、3冊目、4冊目…といった具体に徐々に知識が積み上がっていき、読むスピードも速くなっていきます。

ターゲット・リーディング

本を読み進めていく際にするべきもう1つの事は、著者を先生、自分を生徒と見立て、教えてもらうような形で読んでいくことです。先生は質問をしてくれると答えてくれますよね。本でも同じことを行い、本の内容に対し質問事項を作ります。読み進めながら、答えがどこに書いてあるのかを探すと、より読解力や理解力が上がります。

質問事項を考え、それに関連したキーワードをピックアップします。本を読む際はキーワードを拾うように読み進めていき、その周りに答えがないかを探していきます。ここでも質問・答えをメモ帳やノートに書きだしておく作業を忘れずに行います。

速習法ではこのように、質問と答えをセットにして読み進めていくトレーニングを行います。記憶は大きく分けて意味記憶とエピソード記憶に分けられます。意味記憶は一般的に知識と言われる記憶、エピソード記憶は過去の経験や感情と繋がってインプットされる記憶です。

大人になってくると、意味記憶よりもエピソード記憶の方が優位になり、なかなかただの知識として頭へ入れるのが難しくなってきます。そのため、何かと関連付けて覚える方が、より覚えやすくなっていくのです。ターゲット・リーディングで質問を抽出し、答えを探していくように読めば、本の内容を質問と関連づけて覚えられるようになります。

トレーシング・リーディング

速習法ではトレーシング・リーディングという方法で読む方法も学びます。文字を指やペンでなぞりながら読み、手が動く速さに載って読み進めていく方法です。ターゲット・リーディングで飛ばし読みをした本を、もう一度丁寧に読みたい場合などに最適です。

またストーリー性のある本を読む際にも適しています。目だけで読むとどうしてもゆっくり読んでしまいがちですが、手で速くなぞっていけば、その速さに目が順応していきます。この方法を繰り返していくと、次第に目がその速さに慣れていき、手でなぞらなくても速く読めるようになります。

速習セミナーとDVD

実際の速習セミナーでは上記に示した方法を分かりやすい例を用いて実践形式で学び、身に付けていくよ。園善博先生のカリスマ性のあるトーク力と高い技術力で、短時間のセミナーでしっかりと速習力が身につけることができるんだ。

速習法は読めば読むだけ段階的に知識人へと成長できるだけでなく、思考力も高めてくれる画期的な方法だよ。セミナーの詳細や日程は『園善博先生の公式サイト』で確認することができるから、ぜひチェックしてみてね。

VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。