TOEFL iBT | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

TOEFL iBT勉強法

TOEFL iBTとは

まず、TOEFL iBTの試験そのものについて簡単に紹介します。もうすでにご存知かもしれませんが、TOEFLは“外国語としての英語”を運用する能力を図るテストです。

リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つの技能すべてが1日でテストされます。TOEFL iBTというのは、この試験がすべてコンピュータを通じて行われるスタイルのもので、最近ではこの形態がもっとも一般的です。海外の大学や大学院に留学する際、一定のTOEFLスコアを満たしていることが条件となっていることが多いです。

点数、時間の内訳は次のようになっています;

- リーディング:60分もしくは80分、36~70問 スコアの範囲:0-30
- リスニング:60~90分、34~51問 スコアの範囲:0-30
- (休憩:10分)
- スピーキング:20分、6タスク スコアの範囲:0-30
- ライティング:50分、2タスク スコアの範囲:0-30
(合計:約4時間、満点:120点)

TOEFL iBTを受験したことがない人やTOEICや英検の試験に慣れている人は、このボリュームと時間の長さ、またコンピュータを使った試験そのものに驚くかもしれません。心身ともにへとへとになること必至ですから、しっかりと準備をして望みましょう。

ここではTOEFL iBTで100点以上を取ることを目指す人に向けたアドバイスなどを紹介しています。単純に考えれば1セクションにつき25点以上ということになりますが、人によって得意不得意は異なりますので、記事の内容を参考にしながら得意な部分をさらに延ばし、苦手をいかに克服していくかを考えてみてください。

TOEFL iBT リーディング勉強法

TOEFL iBTで100点を取るためのリーディング勉強法。スキミングやスキミングのテクニックやTOEFL iBTの問題を解く時間配分についても詳しくお伝えしているよ。

「TOEFL iBT リーディング勉強法」詳しくはこちら

TOEFL iBT リスニング勉強法

100点を取るためのリスニングのテクニック。講義を聞いて回答するタイプ、会話を聞いて回答するタイプ、そしてリスニングを攻略するメモの取り方について詳しくお伝えしています。

「TOEFL iBT リスニング勉強法」詳しくはこちら

TOEFL iBT スピーキング勉強法

TOEFL iBTで100点を取るためのスピーキングの3つのコツ。自分のことを話すタイプの問題や短文や音声で情報が与えられるタイプの問題の答え方、またpreparation timeの使い方についても詳しくお伝えしているわ。

「TOEFL iBT スピーキング勉強法」詳しくはこちら

TOEFL iBT ライティング勉強法

TOEFL iBTで100点を取るためのライティングのコツをそれぞれのタスクごとにご紹介。TOEFL iBTのライティング特有の注意点やパラグラフの作り方についても詳しくお伝えしているよ。

「TOEFL iBT ライティング勉強法」詳しくはこちら

VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。