TOEFL iBTで100点を取るためのライティングのコツ | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

TOEFL iBTで100点を取るためのライティングのコツ

最後の難関、ライティングセクション(概要)

リーディング』、『リスニング』、『スピーキング』のテストを終えたらいよいよラスト、ライティングセクションです。ほぼ丸一日を使う試験の最後のパートとなりますので、疲れていたり気が抜けてしまっていたりすることもあるかもしれませんが、もう少しです。がんばりましょう!

さて、ライティングセクションはおよそ50分間で2つのタスクをこなす内容となっています。1つ目のタスクではあるトピックに関するリーディング、リスニングを行ってから問題に答える形で回答し、2つ目のタスクでは短いステートメントについて賛成か反対かというような質問に答えます。制限時間と語数の目安などをまとめると次のようになります。

タスク1
時間:リーディング(3分)→リスニング(2分程度)→アイディアのまとめ、ライティング(30分)
語数の目安:150語から225語程度でまとめるのが好ましい
特徴:リーディング、リスニングの内容をきちんと理解できているかどうかを問う質問に答える。回答者自身の考えや意見は問われない。

タスク2
時間:アイディアのまとめ、ライティング(30分)
語数の目安:300語以上でまとめるのが好ましい
特徴:二者択一の問題

出題されるタスクに関する内容やポイントについては以下で詳しく説明しています。

タスク1のポイント

タスク1で取り上げられるのは自然科学、社会科学的なアカデミックな内容だよ。ある事柄に関する250-300語程度のテキストが与えられるから、その文章を3分間で読むんだ。

その後、同じ事柄に関する付加的な情報あるいは反対意見などについて300語前後の短いリスニングパッセージを2分程度聞くんだけど、この間メモを取ってもかまいません。リスニングの間はリーディングテキストを参照することはできないよ。リーディングとリスニングによる情報の理解度を計るのがこのタスクの目的なんだ。

ポイントとしては、(1)タスクの要求に不可測なく応える、(2)わかりやすい構成を心がける、(3)(可能なら)アカデミックな語、言い回しを盛り込む、という3点が重要になってくるよ。

まず(1)だけど、タスク1の要求というのは文章とレクチャーの内容を十分理解し、その全体または一部を自分の言葉で言い換えることが中心だよ。当然のことながら、「この文章についてあなたはどう考えますか」と聞かれない限り、テキストの内容について賛成でも反対でも自分の意見を書いてはいけないんだ。

頭の中ではわかっていても無意識のうちに個人的な見解が透けて見えるような回答になってしまうこともあるから、再三の注意が必要だよ。

また、(2)の構成についても高得点を狙うためには絶対に外せないポイントとなってくるわ。英語で文章を書くことが苦手だという日本人の方の多くは、日本語的な文章の組み立て方から離れることができていません。

起承転結の流れが好まれる日本語に対し、英語では結論を先に述べ、その他その意見を補強するための内容を後に付け足していくなど、文章構成の根幹、大枠となるところが両言語間で大きく異なっているため、この点を英語スタイルに切り替えられない限り、たとえ難しい単語や熟語が使えていても、どこかぎこちなく読みにくい文章になってしまうの。

この点の改善には英語で書かれた説明文スタイルの文章を数多く読んだり、過去問などで実際にタスクに取り組んでいく中で慣れていったりする方法が効果的だけど、(3)のアカデミックな言い回しを身につけることでも英文のスタイルは比較的それらしく改善されていきます。

というのも、論文などで用いられる学術的な英語表現で特に覚えておきたいのは「第一に、第二に…」など順序を表す表現、「したがって、すなわち、しかし、一方で…」など前述の内容との関係を表す表現であるからなの。こういった表現を使った文章を書いていこうとすると、遅かれ早かれ「結論を先に言った方が文章を進めやすい」と気づく瞬間に出会うはずよ。

「習うより慣れよ」と言うけど、「英語では結論を先に言う」というのは頭では理解しているつもりでも自分の英文に反映させるのはなかなか難しいことだから、先にアカデミックな英文でよく使われる表現をいくつか覚えておき、それを上手に文章中にちりばめて書く練習をするなど、嫌でも英語的な構成にせざるをえない状況にもっていきましょう。

タスク2のポイント

タスク2では、教育、仕事、生活、文化、人間関係など、比較的身近なことがらに関するトピックが出題されます。多くは「こういった意見がありますが、あなたは賛成ですか、反対ですか」といったスタイルの質問になっています。

はじめに自分の意見や立場を明確に示し、その根拠となる理由をいくつか挙げていくようなイメージで書き進めていくのがよいでしょう。

タスク2のポイントもタスク1のものとほとんど変わりません。首尾一貫したわかりやすい構成を心がけ、可能ならアカデミックなスタイルで文章を書けるということをアピールしましょう。タスク1と違うのは「タスクへの反応の仕方」です。

タスク1では与えられた情報の理解度を個人的な意見などは考慮せずに示しますが、タスク2では自分の意見がエッセイの軸となります。このタイプの英文は参考になる「話の流れ」のようなものがないため、前述した“日本語的”英語になってしまう可能性が高いので、準備の段階でしっかりとしたアウトラインを組むことが必要不可欠です。

「小学生が塾に通うことに賛成か反対か」というテーマでエッセイを書くと想定してみましょう。300語程度で仕上げるので、パラグラフは4つから5つ作るとバランスが良くなります。

パラグラフ1:立場の提示
パラグラフ2:根拠1
パラグラフ3:根拠2
(パラグラフ4:根拠3)
パラグラフ5:結論

ポイントは最初と最後のパラグラフで自分の主張を述べることだよ。こうすることによりエッセイ中で一貫して言いたいことを言っている印象が強まるし、全体のまとまりもよくなるんだ。中間のパラグラフでは、根拠となるポイントを最低でも2点は挙げようね。

余裕があれば自分とは反対の意見を1-2つ想定し、それを論破する形で自分の意見を強調するのも効果的だよ。以下に具体的な例を挙げるね。

1:(立場)小学生の塾通いには反対である。
2:(根拠1)放課後は友達と遊んだり、家族と食事を楽しむなどして豊かな人間性、社交性を育むべきである。
3:(根拠2)寝る時間が遅くなり、本来塾よりも重要であるはずの学校での生活に支障が出る恐れがある。
(4:(根拠3)(賛成派)学校の授業についていけない場合など、付加的な学習が必要になるときには塾に通わせるべきだ。←小学校の内容なら親や兄弟、友達でも 教えられるし、これは上記の社交性の面に関してもプラスに働く。)
5:(結論)小学生は塾に通うべきではない。

このようなアウトラインを準備し、アイディアがまとまってからエッセイの作成に移るんだ。

その際、パラグラフが変わる箇所などでは特に、接続詞などを使ってその部分が全体の中でどういった役割を果たすのかということを明確にすることを覚えておいてね。

制限時間が足りるかどうかが心配で問題を見るなり文章を書きはじめる人がいるけど、初めの数分間を使って大まかな流れをまとめておいた方が、文章を書いている最中に内容について悩むことがなくなるから結果的には時間短縮につながるよ。

TOEFL iBTのライティング特有の注意点

ライティングの得意不得意にかかわらず、TOEFL iBTのライティングには他の試験には見られないような独特な特徴があるから、それを踏まえたうえで対策をしておかないと思ったようなスコアが取れないということになりかねないわ。ここではTOEFL iBTのライティングセクションに特化したライティングのポイントをご紹介するわね。

まず、なんといっても“タイピングによる”回答というのはTOEFL iBTの最大の特徴のうちのひとつです。普段からコンピューターで英文を書くことに慣れている人も最近では少なくないかもしれないけど、タイピングによる作文というのは試験を受ける人たち全員にとって喜ばしいものかといえば、おそらくそうではありません。

たとえば、頭の中では書くべき単語、文章が浮かんでいたとしても、キーボードに慣れていなければそれらの語や文をスラスラと打ち込んでいくのは難しいわよね。

言い換えれば、回答方式が手書きでなくコンピューターへの入力であるというだけで時間が足りなくなり、結果的に書き上げることができずに減点されてしまうということが起こってもおかしくないということなの。

また、誤って隣のキーを押してしまったり、気づかないうちに普段ならしないようなスペルミスをしてしまったりするなど、手書きなら防げたはずのミスが起こる可能性も出てきます。

後で読み返せば気がつくようなミスもありますが、書いたその場で直感的に「なんだかおかしいぞ」と感じられないこともあるので要注意です。

こういった初歩的な要因による減点を防ぐためには練習あるのみとしか言えないのですが、たとえばワード文書などのスペルチェック機能があるソフトで作文の練習をすると、正しいと思い込んでいたスペルの間違いを見つけることができますし、キーボードを使うことそのものの練習にもなります。

また、作文に必要な記号(句読点、?、!、引用符など)もコンピューターに慣れていないと入力方法がわからなかったりしますので、本番で慌ててしまうことのないように事前に文字の打ち方を一通り練習しておくことはやはり有益であると考えられます。

タスク1のリーディング、リスニングの要素を含むライティングというのもTOEFL iBTならではの形式だと思います。ライティングに他技能の要素が含まれているということは、英語を“書く”力があっても、読んだり聴いたりする能力に不安があるとその力を十分に発揮することができないということです。

上でも説明しましたように、タスクで問われているのはあくまで「与えられた情報の総括」であって、個人の意見ではないのですが(出題の傾向には変更の可能性もありますので、臨機応変に対応してください)、文字数をクリアしようと自分の意見や一般的な議論などを無理やり文章に盛り込んでしまうと、文章自体の仕上がりがよくても、「与えられたタスクに反している」と見なされ、減点の対象となってしまいます。

たとえば、積み木でお城を作るように言われたとき、持っている積み木が足りないからと言って馬小屋を作るわけにはいかないよね。限られた形、個数の積み木でいかに見栄えの良いお城に仕上げるかが問われているんだ。

それと同じように、リーディング、リスニングの内容からライティングに必要な情報を100%取り出すことが難しい場合は、自分が理解できた範囲でできるだけ多くのポイントを盛り込み、手元にある確実な内容だけを膨らませて文章を組み立てるようにしようね。

TOEFL iBTで100点を取るためのライティングのコツまとめ

タイピング方式で回答するTOEFL iBTでは手書きよりもケアレスミスが起こる可能性が高くなります。少しでも高い点数を取るために、落とさないで済む点数は絶対に落とさないように細心の注意を払いましょう。

また、実はスピーキングとライティングでは、高得点獲得のために覚えておきたいポイントが重複する部分もあるの。一方は話し、もう一方は書くというようにアウトプットの方法こそ違いますが、用いるべき語や構文は基本的には同じよ。

たとえば、自分の意見を述べるときに使う表現(I agree/disagree, It seems … for me など)や理由を表す表現(It is because …, The reasons for this are… など)、順序を表す表現(Firstly, secondly, then など)はアカデミックなスピーキング、ライティングにはよく登場する表現ですので積極的に使っていきたいものです。

こういったフレーズはTOEFL iBT用の参考書でも紹介されているかと思いますが、余裕があれば一般的な英作文やパラグラフ・ライティングの本を見てみると使ってみたい表現や覚えておくと便利そうなものなどがたくさんみつかります。両方のセクションで使えるワザは何でも使って、効率よく対策しましょう。

さらに完成度を高めていくためには、「似た表現を何度も使うことは避ける」ということもカギとなります。人に「おおっ!」と言われるような意見でも、すべてが“I think”で始まる文章であったとしたらどうでしょう。

なんだか単調でつまらない感じがし、さらには「他の表現を知らないのかな」と思われてしまうことだってありえます。無理に難しい言い回しを覚える必要はありませんが、同じことを言うのに複数のパターンを用意していると文章により深みが出てきて、印象もよくなります。

VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。