TOEICで470~730点の方がスコアを伸ばす7つのポイントと勉強法|おすすめの参考書と問題集も解説

TOEICで470~730点の方がスコアを伸ばす7つのポイントと勉強法|おすすめの参考書と問題集も解説

TOEIC試験で470点から730点を取るのは、受験者のおよそ上位20%〜70%という非常に幅広い層で、受験者の半分ほどがこのCレベルに含まれます。

企業が新入社員に期待する英語レベルもこのあたりなので、就活や昇進の上で不利にならないようにするためには最低限Cレベルをクリアしておく必要があるでしょう。

TOEICで470~730の方がスコアを伸ばす7つのポイント

TOEICで470~730点の方がスコアを伸ばすポイントをご紹介します。

ポイント1 日々コンスタントに英語の発音にふれる

リスニング対策でおすすめなのが、NHKラジオ基礎英語を利用する勉強法です。英語に耳を慣らすためには一回に何時間も集中して勉強するより、日々コンスタントに15分ずつ英語の発音にふれることが大切です。

NHKラジオはこうした勉強のペースを作るのに有益ですし、仮に聞きもらしたとしてもオンラインで聞いたり、CDを購入することもできるからです。基礎英語1~3までありますので、自分の英語レベルにあったものを選ぶことが大切です。

あくびする女性

リスニングが特に苦手だという場合には、毎月発売されるテキストをちゃんと購入して勉強すると良いです。英文が簡単だと思っても、いざリスニングするとなると内容が100%理解できないというのはよくあります。

バカバカしいと思うかもしれないけど、多少低いレベルから始めて基礎を固めておいた方が長い目で見ると成果が出ます。

リスニングには自信がある場合にはテキストを使わず、耳だけで内容を全て把握できるか日々チェックするという使い方もできます。

海外のニュースサイトの中には、英語学習者向けの特別サイトを公開しているところもあります。スクリプトや単語の解説付きで動画を公開しているので、無料でNHKラジオと同じ様な使い方ができます。

ポイント2 聞き流すのではなくしっかり英文を聞き取る

リスニングで点が取れない方は、とにかく英語を耳にする機会を増やすと良いです。洋画、ドラマ、内容は何でも良いですが、聞き流すのではなくディクテーション(聞き書き)をするつもりでしっかり英文を聞き取ってください。

どうしても新しいものをどんどん聞いていきたくなってしまいますが、TOEICリスニングで点をとるためには短い時間の会話から正確に情報を聞き取ることが必要になってきます。

勉強する女性

英語に耳を慣らすためには、まずはスクリプト、もしくは字幕が見られる状態で英語を聞くようにしてください。

映画やドラマであれば1つの台詞、もしくは1つの場面を通して、英文がどのような区切りで発音されるかを意識します。これを何度か繰り返して英語の発音を聞いて字幕が無くても英文を連想できるようにしてください。

こうした勉強をする上で便利な参考書にDUO3.0があります。これは単語帳ですが、560本の例文が収録されたCDが販売されています。

いずれも重要な英単語や熟語が含まれた例文ばかりですので、CDを聞きながら書籍を読むだけで英語の発音を耳にたたき込みながら語彙を増やしていくことができます。移動中の勉強におすすめです。

また、こうして耳にした英文を自分で発音してみるのも実はリスニング力の強化に有効です(音読)。発音の仕方がわからない文章を聞き取れるわけがありません。

学校で学んだ発音やカタカナ発音はひとまず忘れ、CDやDVDで聞いたままの発音を繰り返してください。英文を聞き、見る、話す、書くと一通りやると、それだけ記憶にも残っていきます。

ポイント3 TOEIC問題集を繰り返し解く

総合的にリーディング・リスニング力を高めるのと並行して、もちろんTOEIC試験に特化した対策をしなければいけません。その際、一番の教材となるのはTOEICを製作しているETSが製作した公式の問題集「TOEICテスト新公式問題集」です。

TOEICは一問一問の解答に掛けられる時間が非常に短く、時間配分の成功・失敗が得点に大きく影響します。週末など時間がある時に、きちんと時間を計って試験問題を解いてみてください。

その際、繰り返し問題を解くために、問題集に解答を記入せず、別に紙を用意すると良いです。

綺麗な女性

英語力があるはずなのにTOEICの点数が上がらない方は、TOEICという試験形態になれていないだけなので、問題集を解くだけで点数が大幅アップすることもあります。

なお、間違えてしまった問題には印を付け、なぜそういった解答になるか絶対に解説をよく読んで理解するようにしてください。問題を解いて採点をして終わりではいけません。

公式問題集には2回分の試験問題が含まれているので、TOEIC受験日まで一週間か二週間おきに交互に一回分の試験を通してやるようにしてみてください。

公式問題集は試験形式に慣れるだけでなく、繰り返し解いて点数を上げていくバロメーターにもなります。

ポイント4 TOEIC解法のテクニックを身につける

TOEIC試験で点数を上げるためには時間配分が大きなポイントになります。Cレベルの人で最後まで問題を解ききることができる人はあまり多くはありません。

歩いている男性

TOEICの問題は必ずしも前から順番に解いていかなければいけないと決まっているわけではないので、点を確実にとれる得意分野を先に解いてしまって、苦手分野を後回しにするといったこともできます。

真面目に英語を勉強しているのになかなかTOEICの点数に努力が反映されない場合には、解答のテクニックを身につけると目の前にある壁を突破することができるかもしれません。

ポイント5 苦手分野を洗い出し集中的に学習する

公式問題を解いていくと、パートごとの得意不得意がはっきりとわかってきます。苦手な分野がある場合、それだけ伸びしろがあるということなので、積極的にその分野を勉強すると良いです。

例えば文法問題が苦手なら文法問題を専門に扱う問題集があるのでそれを、長文問題が苦手なら長文問題を専門に扱う問題集を使ってください。

そもそもわからない単語が多くて何を聞かれているのかわからない場合には、もちろん単語集での学習が必要です。

ガッツしている男性

リスニングも同様にパート1からパート4のどこで特に間違いが多いのかがわかってくると、その対策となる勉強をすることができます。

こうした分析を自分でできるようになると、TOEICの点数を上げるために何をすれば良いのか自分でわかるようになってきますので、目的意識を持って勉強を進めていくこともできるでしょう。

TOEICの点数向上に直結するのは、自分の現状を分析し対策を立てて実行していくことにあると言っても過言ではありません。

巷にはたくさんのTOEIC対策本が出ていますが、それぞれタイプは違います。自分の成績を良く分析して、何が自分に足りないのか良く考えて購入してください。

Cレベルだと、問題集を購入する際に重要なのは収録されている問題数よりも解説がわかりやすいか、丁寧に解説されているかということです。

何となく解けてしまった問題、何度やっても間違えてしまう問題などは特にしっかり解説を読んでください。また、同じ様な問題集をたくさん買うよりは、一冊を何回も繰り返して問題の解法を頭にしっかり入れた方が良いです。

ポイント6 自分の英語レベルにあった洋書を読む

本が好きな人であれば、英語の本を多読するのも有効な英語学習の手段になります。あまりにもわからない単語が多すぎると読み進めるのが苦痛になってきますので、自分の単語レベルにあった本を選ぶのがポイントです。

立っている女性

ペンギン・リーダーズやオックスフォード・ブックワームスには有名な小説や映画の原作を使用する単語を限定して簡略化した本が多数あり、それぞれ単語数でレベル分けがされています。

TOEICのCレベルだと、だいたいレベル3から6が対応しています。店頭で手に取ってみて、8割から9割理解できるものを選ぶと読みやすいのではないかと思います。

ただし、英語本の多読は総合的な語学力の向上に繋がりますが、必ずしもTOEICの点数アップには直結しません。

TOEICの問題はビジネス向けなので、小説等の多読から学べる単語などとは少しズレてきます。あくまで本好きで楽しみながら総合力を鍛えたい人向けのオプションです。

ポイント7 英語に触れる量を増やす

総合力を高めるために必要なのは、少しずつ英語に触れる量を増やしていくことです。

気が向いた時に少し勉強するというスタイルだと勉強量が確保できませんし、英語を使う感覚が定着しません。日々英語に触れ、新しいことを学び古いことを復習することが、地道ですが長期的に見て英語力を底上げする一番の方法です。

リーディングに関して言えば、一日一段落でも良いので英文を読むことが重要です。ポイントは少しずつ分量を増やしていくことです。いきなりたくさんの分量を読もうとしても疲れてしまいますし、続きません。

考えている女性

自分で関心のあるテーマであれば英文は何でも良いですが、学習に便利なのは時事ニュースです。その気になれば日々新しい英文を読むことができますし、日本語で関連ニュースを読み背景知識を付けることもできます。

時事ニュースは無料で読むことができるのもポイントです。

Googleニュースにアクセスすると、トップページに「日本(Japan)版」と書かれたプルダウン・メニューがあります。

このメニューをクリックし、「U.S.」や「U.K.」を選んでみてください。そうするとそれぞれアメリカとイギリスのトップニュースが簡単にわかります。

Googleニュース

この中から興味を引かれたニュースを読むことになりますが、移動中に読んだり書き込みをすることを考えて印刷するのが良いです。

ニュースを読むと1つの段落の中でもわからない単語、あやふやな単語がいくつかあると思いますが、これらは必ず辞書で調べて書き込むようにしてください。

単語は調べてわかるのに英文の意味が理解できない時には、英文の構造を把握できていないことになるので、なにが主語でなにが動詞かを考えましょう。

TOEICで470~730点の方におすすめの参考書・問題集

TOEICで470~730点の方におすすめの書籍は「速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900」と「DUO 3.0」です。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

地道な勉強が続きますが、苦手分野を潰して総合力を上げることと同時に、得点を上げるためのテクニックを身につけていってください。このレベルだとコツコツ勉強した分がかなりダイレクトに得点に直結します。

TOEIC試験での得点向上をゲーム感覚で楽しみながら、息切れのしない英語学習を続けていきましょう。

超怪しいけど詐欺?1日30分、2ヶ月で英語ペラペラになる方法を試してみた結果…

CTA-IMAGE 「見るからに怪しい…」「詐欺なんじゃないの?」「本当に英会話ができるようになるの?」など、今話題になっている英語学習方法に申し込んで実際に試してみました。