TOEIC勉強法 Cレベル(470~730点) | 英語の単語 勉強法【VocaBoost(ボキャブースト)】

TOEIC勉強法 Cレベル(470~730点)

TOEICスコア Cレベルは息切れしない英語学習を、総合力を意識して

TOEIC試験で470点から730点を取るのは、受験者のおよそ上位20%-70%という非常に幅広い層で、受験者の半分ほどがこのCレベルに含まれるわ。企業が新入社員に期待する英語レベルもこのあたりだから、就活や昇進の上で不利にならないようにするためには最低限Cレベルをクリアしておく必要があるわね。

地道な勉強が続くけど、苦手分野を潰して総合力を上げることと同時に、得点を上げるためのテクニックを身につけていってね。このレベルだと、コツコツ勉強した分がかなりダイレクトに得点に直結するわ。TOEIC試験での得点向上をゲーム感覚で楽しみながら、息切れのしない英語学習を続けていってね。

TOEICテストのために英文を読んでみよう

まず総合力を高めるために必要なのは、少しずつ英語に触れる量を増やしていくことです。気が向いた時に少し勉強するというスタイルだと勉強量が確保できませんし、英語を使う感覚が定着しません。日々英語に触れ、新しいことを学び古いことを復習することが、地道ですが長期的に見て英語力を底上げする一番の方法です。

リーディングに関して言えば、一日一段落でも良いので英文を読むことが重要です。ポイントは少しずつ分量を増やしていくこと。いきなりたくさんの分量を読もうとしても疲れてしまいますし、続きません。

自分で関心のあるテーマであれば英文は何でも良いですが、学習に便利なのは時事ニュースです。その気になれば日々新しい英文を読むことができますし、日本語で関連ニュースを読み背景知識を付けることもできます。『1日5分の習慣でリーディングが上達する』でも詳しくお話ししていますので、こちらも良かったら参考にしてくださいね。

時事ニュースは無料で読むことができるのもポイントだね。Googleニュースにアクセスすると、トップページに「日本(Japan)版」と書かれたプルダウン・メニューがあるよ。このメニューをクリックし、「U.S.」や「U.K.」を選んでみて。そうするとそれぞれアメリカとイギリスのトップニュースが簡単に分かるよ。

この中から興味を引かれたニュースを読むことになるけど、移動中に読んだり書き込みをすることを考えて印刷するのが良いよ。ニュースを読むと、1つの段落の中でも分からない単語、あやふやな単語がいくつかあると思うけど(逆に分からない単語がない場合、英文が簡単すぎる可能性もあるよ)、これらは必ず辞書で調べて書き込んでね。

単語は調べて分かるのに英文の意味が理解できない時には、英文の構造を把握できていないと言うことになるから、なにが主語でなにが動詞かを考えてね。『英英辞典を使おう』でもお話ししているけど、ニュースを読む際には、一つ一つの文章を完璧に理解しようと思う必要はないよ。

市販されている学習参考書の中にもこうした学習に適したものがあるわ。それは後ほども紹介するけど、『速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900』で、移動中でも読みやすいサイズなの。厳選された単語・語句ばかりだから、一冊通して繰り返し読み記憶に定着させることをおすすめするわ。

Google News
https://news.google.com/?ned=us

Google News

レベルにあった洋書を読む

本が好きな人であれば、英語の本を多読するというのも有効な英語学習の手段になります。あまりにも分からない単語が多すぎると読み進めるのが苦痛になってきますので、自分の単語レベルにあった本を選ぶのがポイントです。『自分の英語レベルに合った勉強をする』ことが大切なんですね。

ペンギン・リーダーズやオックスフォード・ブックワームスには有名な小説や映画の原作を使用する単語を限定して簡略化した本が多数あり、それぞれ単語数でレベル分けがされています。

TOEICのCレベルだと、だいたいレベル3から6が対応しています。店頭で手に取ってみて、8割から9割理解できるものを選ぶと読みやすいのではないかと思います。

ただし、英語本の多読は総合的な語学力の向上に繋がりますが、必ずしもTOEICの点数アップには直結しません。TOEICの問題はビジネス向けなので、小説等の多読から学べる単語などとは少しズレてきます。あくまで、本好きで楽しみながら総合力を鍛えたい人向けのオプションです。

NHKラジオや海外テレビの英語学習者向けサイトを利用する

リスニング対策でおすすめなのが、NHKラジオ 基礎英語を利用する勉強法だよ。英語に耳を慣らすためには一回に何時間も集中して勉強するより、日々コンスタントに15分ずつ英語の発音にふれることが大切なんだ。

NHKラジオはこうした勉強のペースを作るのに有益だし、仮に聞きもらしたとしてもオンラインで聞いたり、CDを購入することもできるからね。基礎英語1~3まであるから、自分のレベルにあったものを選ぶことが大切だよ。

リスニングが特に苦手だという場合には、毎月発売されるテキストをちゃんと購入して勉強すると良いよ。英文が簡単だと思っても、いざリスニングするとなると内容が100%理解できないというのはよくあるんだ。

バカバカしいと思うかもしれないけど、多少低いレベルから始めて基礎を固めておいた方が長い目で見ると成果が出るよ。リスニングには自信がある場合にはテキストを使わず、耳だけで内容を全て把握できるか日々チェックするという使い方もできるね。

あと海外のニュースサイトの中には、英語学習者向けの特別サイトを公開しているところもあるよ。スクリプトや単語の解説付きで動画を公開しているから、無料でNHKラジオと同じ様な使い方ができるんだ。

リスニング教材を探しているのなら、『リスニングパワー』がおすすめだから、こっちもチェックしてみてね。

ABCニュースシャワー(NHK)
http://www.nhk.or.jp/worldwave/abc/

ABCニュースシャワー(NHK)

VOA Special English
http://learningenglish.voanews.com/

Google News

BBC Learning English
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/

BBC Learning English

洋画、ドラマ、ニュースなどを英語で聞き、マネしよう

リスニングで点が取れないという人は、とにかく英語を耳にする機会を増やすといいわ。洋画、ドラマ、内容は何でも良いですが、聞き流すのではなくディクテーション(聞き書き)をするつもりでしっかり英文を聞き取ってね。

どうしても新しいものをどんどん聞いていきたくなってしまうけど、『TOEICリスニング』で点をとるためには短い時間の会話から正確に情報を聞き取ることが必要になってくるわ。英語に耳を慣らすためには、まずはスクリプトないし字幕が見られる状態で英語を聞くようにしてね。

映画やドラマであれば1つの台詞、ないし1つの場面を通して、英文がどのような区切りで発音されるかを意識します。これを何度か繰り返して英語の発音を聞いて字幕が無くても英文を連想できるようにしてください。

こうした勉強をする上で便利な参考書に、DUO3.0があります。これは単語帳ですが、560本の例文が収録されたCDが販売されています。いずれも重要な英単語や熟語が含まれた例文ばかりですので、CDを聞きながら書籍を読むだけで英語の発音を耳にたたき込みながら語彙を増やしていくことができます。移動中の勉強にお薦めです。

また、こうして耳にした英文を自分で発音してみるのも実はリスニング力の強化に有効です(音読)。『英語の音を覚える』でもお話ししていますが、発音の仕方が分からない文章を、聞き取れるわけがありません。学校で学んだ発音やカタカナ発音はひとまず忘れ、CDやDVDで聞いたままの発音を繰り返してください。英文を聞き、見る、話す、書くと一通りやると、それだけ記憶にも残っていきます。

TOEIC問題集を繰り返し解く

総合的にリーディング・リスニング力を高めるのと並行して、もちろんTOEIC試験に特化した対策をしなければいけないよ。その際、一番の教材となるのはTOEICテスト新公式問題集だよ。

TOEICは一問一問の解答に掛けられる時間が非常に短く、時間配分の成功・失敗が得点に大きく影響するんだ。週末など時間がある時に、きちんと時間を計って試験問題を解いてね。その際、問題集に解答を記入せず、別に紙を用意すると良いよ。これは繰り返し問題を解くためだね。

英語力があるはずなのに、英語はしゃべれるのにTOEICの点数が上がらないという人は、TOEICという試験形態になれていないだけだから、問題集を解くだけで点数が大幅アップすることもあるよ。

おすすめの問題集は、TOEICを製作しているETSが製作した公式の問題集「TOEICテスト新公式問題集」よ。

TOEICテスト新公式問題集を使った詳しい学習方法は、『TOEICテスト新公式問題集の内容と学習方法』で詳しくお話ししているから、ぜひチェックしてみて。

間違えてしまった問題には印を付け、なぜそういった解答になるか絶対に解説をよく読んで理解してね。問題を解いて、採点をして終わりではダメよ。

公式問題集には二回分の試験問題が含まれているから、TOEIC受験日まで一週間か二週間おきに交互に一回分の試験を通してやるようにしてね。こうすることで、公式問題集は試験形式に慣れるだけでなく、繰り返し解いて点数を上げていくバロメーターにもなるわ。

苦手分野を洗い出し、集中的に学習

こうして公式問題を解いていくと、パートごとの得意不得意がはっきりと分かってきます。苦手な分野がある場合、それだけ伸びしろがあるということですから、積極的にその分野を勉強すると良いですよ。

例えば文法問題が苦手なら文法問題を専門に扱う問題集がありますのでそれを、長文問題が苦手なら長文問題を専門に扱う問題集を使ってください。そもそも分からない単語が多くて何を聞かれているのか分からないという場合には、もちろん単語集での学習が必要です。

リスニングも同様に、パート1からパート4のどこで特に間違いが多いのかが分かってくると、その対策となる勉強をすることができます。こうした分析を自分でできるようになると、TOEICの点数を上げるために何をすれば良いのか自分で分かるようになってきますので、目的意識を持って勉強を進めていくこともできるでしょう。TOEICの点数向上に直結するのは、自分の現状を分析し対策を立てて実行していくことにあると言っても過言ではありません。

巷にはたくさんのTOEIC対策本が出ているけど、それぞれタイプは違うよ。自分の成績を良く分析して、何が自分に足りないのか良く考えて購入してね。

Cレベルだと、問題集を購入する際に重要なのは収録されている問題数よりも解説がわかりやすいか、丁寧に解説されているかということだよ。何となく解けてしまった問題、何度やっても間違えてしまう問題などは、特にしっかり解説を読んでね。

また、同じ様な問題集をたくさん買うよりは、一冊を何回も繰り返して問題の解法を頭にしっかり入れた方が良いよ。電車で勉強する人には、任天堂DSで出ているTOEIC問題集などは意外と便利だね。

TOEIC解法の技術(テクニック)も重要

繰り返しになるけど、TOEIC試験で点数を上げるためには時間配分が大きなポイントになるの。Cレベルの人で最後まで問題を解ききることができる人は、あまり多くはないわね。

TOEICの問題は必ずしも前から順番に解いていかなければいけないと決まっているわけではないから、点を確実にとれる得意分野を先に解いてしまって、苦手分野を後回しにするといったこともできるわ。

真面目に英語を勉強しているのになかなかTOEICの点数に努力が反映されないという場合には、こうした解答のテクニックもあるから、これを一読すると目の前にある壁を突破することができるかもしれないわ。

ちなみに、TOEICテストの問題を早く解くテクニックは『TOEICスコアUP対策』で詳しくお話ししているわよ。解き方を各パート別にご紹介しているから、ぜひチェックしてみて。

オススメ参考書・問題集

■速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900

■DUO 3.0

VocaBoost無料メールマガジン
りす君のピッチピチ英会話
りす君ブログ りす君のTOEICスコアアップ日和~人間界で悪戦苦闘中~
りす君とハマる英文法の基礎
登場キャラ紹介
りす君
りす君
突如知能が発達したリスの男の子。
好きな食べ物は松ぼっくり。
花ちゃんに拾われて居候中。
花ちゃん
花ちゃん
行き倒れのりす君を介抱してくれた優しい女の子。
ミーハー。ものすごく髪色をブリーチしているのは、ブロンド美女に憧れているから。
六花(りか)ちゃん
六花(りか)ちゃん
花ちゃんの妹。
自由奔放な姉に憧れているが、なかなか素直に生きられない不器用な女の子。素直になれなくて髪色を青くしている。本当はモテ色ピンク系ブラウンにしたい。