近い未来の予定を表す現在進行形とbe going toの使い分けはこれでバッチリ!練習問題付きで徹底解説練習問題付きで徹底解説

近い未来の予定を表す現在進行形とbe going toの使い分けはこれでバッチリ!練習問題付きで徹底解説練習問題付きで徹底解説

近い未来の予定を表す現在進行形とbe going toを練習問題付きで詳しく解説していきます。

英文法が苦手な方はぜひ参考にしてみてください。

近い未来の予定を表す現在進行形の使い方

現在進行形には「I’m eating lunch (now).」のように現在していることを表す使い方の他に、

What are you doing tomorrow?
明日何してる?

のように近い未来の予定を表す使い方もあります。

もしこのように聞かれた場合、明日仕事が入っているなら次のように答えます。

I’m working.
仕事をする予定です。

「仕事中だよ」とどのように区別するのかと言うと、その前の会話や分脈から判断をします。仮に次のような場合は近い未来の予定ではなく、今仕事をしているのだとわかります。

Hey, look at this article. Isn’t it amazing?
ねえ、見てよこの記事。すごくない?

Maybe later. I’m working on my report.
また後で。(今)レポートに取り組んでるの。

*maybeは「もしかして」という意味ですが、断ったり要求したりする時にこのひと言を添えると穏やかになります。覚えておきましょう。

近い未来の予定を表す現在進行形の例文

他の例文も見てみましょう。getting を使った英文です。

You look happy.
「幸せそうね。」
Guess what? I’m getting married next month.
「ねえ、聞いて。来月結婚するの。」

*仮に I’m getting married. だけしか言わなかったとしても「結婚している最中」は不自然なので、予定と判断できます。

It’s almost noon.
「もうすぐお昼だね。(ほとんど正午だね)」
Yes, I’m getting hungry.
「うん、お腹すいてきたなぁ。」

こちらは近い未来というよりも今お腹がすいている感じです。

他の例文も見てみましょう。

Clair is turning 17 soon.
クレアはもうすぐ17歳です。
*turn = become と考えてください。

My husband is going on a business trip to China next month.
夫は来月出張で中国へ行く予定です。

We’re having a picnic tomorrow.
私たちは明日ピクニックをするつもりです。
*公園や山へ出かけなくても外で食事をすることをpicnic と言います。アメリカ人は裏庭でよくピクニックをします。

Has Peter come yet?
「ピーターはもう来た?」
He isn’t coming because he has a cold.
「彼は風邪を引いてるから来ないよ。」

「クレアはもうすぐ17歳です。」のように日本語では未来のことでも「~です。」と言うことが多いので、英訳する時につい現在形を使ってしまいがちです。

例えば「(明日)彼に会うの?」と尋ねるつもりなのに“Do you meet him?” と言ってしまうと、毎日会うのかどうかを尋ねているようにも聞こえます。

予定を尋ねる時は「Are you meeting him (tomorrow)?」の方が適切です。

ただし、電車の出発時刻など、広く一般に知れ渡っている予定は例外です。

What time does the last train leave?
終電は何時に出るの?

個人的に出発時刻を尋ねるなら現在進行形を使います。

What time are you leaving?
何時に出発するの?

ちなみに「be going to do」も予定を表します。

近い未来の予定を表す現在進行形の使い方がわかる練習問題

近い未来の予定を表す現在進行形の使い方がわかる練習問題です。

Q1. 以下はAndyさんのスケジュールです。彼の友人Nickさんとの会話がこの内容に合うように( )をうめてください。

曜日予定
月曜日10:00~ミーティングに出席
火曜日14:00 Mr. Fisherを訪問
水曜日17:40 歯科検診の予約
木曜日19:00 ~Ms. Laneと夕食
金曜日18:30~21:00映画

1. Nick : Hi, Andy! You aren’t looking very happy. What’s the matter with you?
Andy : I’m ( ) a meeting on Monday morning, but I’m not ready.

2. Nick : ( ) you working in office all day Tuesday?
Andy : No, I’m ( ) Mr. Fisher at 2:00 in the afternoon.

3. Nick : What ( ) you ( ) after work on Wednesday?
Andy : I’m going to the dentist. I have an appointment at 17:40.

4. Nick : I’m going for a drink with Jeff on Thursday night.
Andy : I’m sorry, I can’t. I’m ( ) ( ) with Ms. Lane. She’s my boss.

5. Andy : I’m ( ) to a movie on Friday evening. Do you want to come with me?
Nick : Sure! What time ( ) it start?
Andy : 6:30.

Q2. [ ]内の語句を使って現在形または現在進行形の文章を完成し、自然な会話文になるようにしてください。

1. “Guess what? Aaron and Stacy [ get married ] next month!”
“Really? That’s great!”

2. “[ you / go ] to bed soon?”
“Yes. I usually stay up late, though. I [ leave ] home very early tomorrow morning.”

3. “When [ Helen / come ] to see you?”
“Today! Her flight [ arrive ] in New York at 4:45.”

4. “What [ you / do ] tomorrow night? Look. I’ve got two concert tickets. Are you interested?”
“Well, it depends. What time [ it / start ]?”
*it depends=時と場合による。ケースバイケース。

5. “Your birthday is just around the corner. How old [ you / turn ]?”
“Come on. Don’t ask me!”
*just around the corner=すぐそこ

近い未来の予定を表す現在進行形の使い方がわかる練習問題の解説

近い未来の予定を表す現在進行形の使い方がわかる練習問題の解説です。

Q1. 以下はAndyさんのスケジュールです。彼の友人Nickさんとの会話がこの内容に合うように( )をうめてください。

曜日予定
月曜日10:00~ミーティングに出席
attend a meeting
火曜日14:00 Mr. Fisherを訪問
visit Mr. Fisher
水曜日17:40 歯科検診の予約
go to the dentist
木曜日19:00 ~Ms. Laneと夕食
have dinner with Ms. Lane
金曜日18:30~21:00映画
go to a movie

1. Nick : Hi, Andy! You aren’t looking very happy. What’s the matter with you?
Andy : I’m ( attending ) a meeting on Monday morning, but I’m not ready.

ニック:ハーイ、アンディ!あんまり嬉しくなさそうだね。どうしたんだい?
アンディ:月曜日の朝、会議に出席する予定なんだけど、準備できていないんだ。

2. Nick : ( Are ) you working in office all day Tuesday?
Andy : No, I’m ( visiting ) Mr. Fisher at 2:00 in the afternoon.

ニック:火曜日は一日中オフィスで仕事する予定?
アンディ:いや。午後2時にフィッシャーさんを訪問することになってる。

3. Nick : What ( are ) you ( doing ) after work on Wednesday?
Andy : I’m going to the dentist. I have an appointment at 17:40.

ニック:水曜日は仕事が終わったら何をするんだい?
アンディ:歯医者へ行くつもり。5時40分に予約しているんだ。

「I’m going to the dentist.」という答えからニックは予定を尋ねていると考えられるので「What are you doing」が正解です。ちなみに同じ予約でもホテルや飛行機の予約は appointment ではなくreservation です。

4. Nick : I’m going for a drink with Jeff on Thursday night. Why don’t you join us?
Andy : I’m sorry, I can’t. I’m ( having ) ( dinner ) with Ms. Lane. She’s my boss.

ニック:木曜日の晩、ジェフと飲みに行くんだけど、君もどう?
アンディ: 悪いけど行けないよ。レインさんと食事する予定なんだ。彼女は僕の上司なんだ。

go for a~を使った表現は「go for a ride/swim/walk etc.(ドライブ/泳ぎ/散歩に行く) 」など他にもたくさんあります。

I can’t の後には join you が省略されています。eat dinner はストレートな表現なので have の方が好まれる場合があります。

5. Andy : I’m ( going ) to a movie on Friday evening. Do you want to come with me?
Nick : Sure! What time ( does ) it start?
Andy : 6:30.

アンディ:金曜日の晩、映画に行くんだ。一緒に来る?
ニック:もちろん。(映画は)何時に始まるの?
アンディ:6時半。

映画が始まる(終わる)時刻は電車などの出発時刻と同様、未来でも現在形が使われます。

Q2. [ ]内の語句を使って現在形または現在進行形の文章を完成し、自然な会話文になるようにしてください。

1. “Guess what? Aaron and Stacy [ are getting married ] next month!”
“Really? That’s great!”
「ねえ聞いて。アーロンとステイシーが来月結婚するんですって!」
「本当?それはスゴイ!」

2. “[ Are you going ] to bed soon?”
“Yes. I usually stay up late, though. I [ am leaving ] home very early tomorrow morning.”
「もうすぐ寝るの?」
「うん。いつもは遅くまで起きてるんだけどね。明日は早朝に家を出るから。」

文末の ,though. は「…だけどね」といったニュアンスを表します。

3. “When [ is Helen coming ] to see you?”
“Today! Her flight [ arrives ] in New York at 4:45.”
「ヘレンはいつあなたに会いに来るの?」
「今日よ!彼女の飛行機が4時45分にニューヨークに着く予定よ。」

飛行機の発着時刻を表す時も現在形が使われます。

4. “What [ are you doing ] tomorrow night? Look. I’ve got two concert tickets. Are you interested?”
“Well, it depends. What time [ does it start ]?”
「明日の晩は何をする予定?見て。コンサートチケットが2枚あるの。興味ある?」
「う~ん、場合によってはね。それ何時に始まるの?」

I’ve got = I haveです。

コンサートのチケットを持っていて、相手に興味があるかと尋ねていることから、相手の明日の予定を先に確認していると推測できます。したがって「What are you doing…」が正解です。

depend は「~次第」を表す動詞ですが、何次第かを明らかにせずに “It depends.” だけでも使えます。きちんとした答えが出せない時に役に立つフレーズです。ちなみに「値段次第」なら「It depends on the price. 」になります。

5. “Your birthday is just around the corner. How old [ are you turning ]?”
“Come on. Don’t ask me!”
「もうすぐあなたの誕生日ね。何歳になるの?」
「ちょっと、(私にそんな事)聞かないでよ。」

「~歳になる」は become より turn の方が圧倒的によく使われます。

「(just) around the corner」は時間的にも場所的にも「すぐ近く」を表します。場所的に近くを表す場合、曲がり角(corner)がなくてもこの表現が使われます。

近い未来の予定を表すbe going toの使い方

「What are you doing tomorrow?」は be going to を使って次のように言い換えることができます。

What are you going to do tomorrow?
明日は何をするつもり(予定)ですか。

ただし、「What are you doing tomorrow?」と「What are you going to do tomorrow?」は、上の訳のようにほとんど同じ意味で使われる場合もあれば、使い分けられる場合もあります。

どちらかと言えば次のような感じが強くなります。

What are you going to do tomorrow?
→ 予定や意図

What are you doing tomorrow?
→ ほぼ確実な予定

例えば「Santa Claus is coming to town.(サンタが町にやって来る)」というクリスマスソングがありますが、この曲のタイトルがもし

Santa Claus is going to come.

だったら、ちょっと確実性が薄くなります。逆に現在進行形は「動作が進行している」感じで実現性が高くなります。

「I’m going to school.」が学校へ向かっていることを表すなら、be going to は「~すること」に気持ちが向かっている感じです。言い換えれば「~するつもり(予定)」です。

なお、ネイティブの会話ではよくgoing to の代わりに gonna が使われます。

近い未来の予定を表すbe going toの例文

近い未来の予定を表すbe going toの他の例文も見てみましょう。

I’m going to meet Bob this Saturday.
今週の土曜日ボブに会う予定です。

Kelly is going to buy a new car.
ケリーは新しい車を買うつもりです。

What are you going to tell her?
彼女に何て言うつもりなの?

反対に be not going to は「~すること」に気持ちが向かっていない、つまり「そのつもりがない」ことを表します。

I’m not going to see him again.
もう二度と彼に会うつもりはないわ。

Mr. Hall isn’t going to run for president?
ホール氏は大統領に立候補するつもりはない。

We’re never going to get divorced!
私たち絶対に離婚するつもりはありません!

*notの代わりにneverを使うと強い否定を表します。

状況などから判断して、もうすぐ起こる(否定文では「起こりそうにない」)と思われる出来事を表すのにも be going to が使われます。

It’s going to rain any minute.
今にも雨が降りそうだ。

Hurry up! We’re going to be late!
急げ!遅れるぞ!

Oh, no! I’m never going to make it!
あぁ、どうしよう! 絶対間に合わないわ!

近い未来の予定を表すbe going toの練習問題

近い未来の予定を表すbe going toの練習問題です。

Q1. 以下はKarenさんのスケジュールです。この内容に合うように[ ]内の語句を並べ替えて文章(記述文と会話文)を完成させてください。

曜日予定
土曜日15:00Lauraと待ち合わせた後
ショッピングモールで買い物
日曜日14:00髪をカットしに行く
月曜日18:30仕事を終えた後
旅行の準備を始める
火曜日7:15飛行機でフランスへ出発

1. Karen [ going / on / to / Laura / meet / is ] Saturday afternoon.
They [ in / to / go / going / shopping / are ] the mall together.

2. “Karen, are you free this Sunday?”
“Yes, but I have a hair appointment at 2:00 p.m. [ get / going / to / I’m / a haircut ]. That’s all.”

3. Karen [ packing / after / going / start / is / to ] work on Monday.

4. “Where [ spend / you / to / going / are ] your vacation, Karen?”
“In France. My flight leaves at 7:15 a.m., so Tuesday [ going / be / morning / tough / is / to ].”
*tough≒hard 日本語で言う「タフ」のことです。

Q2. ( )をうめて絵に合う会話文を完成させてください。

be going toの挿絵

1. “Brrr, how cold!”
“It sure is. I’m afraid ( ) going ( ) snow tonight.”

2. “When ( ) you going ( ) clean up your room?”
“Tomorrow.”

3. “He’s a cold fish. I’m ( ) going ( ) see him again.”
“Why?”
*cold fish: 冷たくて嫌な人

4. “Reichel is angry with me. What ( ) I going ( ) ( )?”
“Bring her flowers and apologize.”
*apologize: 謝る

5. “Come on, Hana! Hurry up! We ( ) going ( ) miss our train!”
“Just a moment. I’m coming!

Q3. 次の会話文を読んで太文字部分を日本語に訳してください。

Susan : Are you going to go to Valerie’s wedding?

Nancy : Yes, but ①what am I going to wear? I haven’t decided yet. Have you?

Susan : No. Actually, I’m thinking about buying a dress.

Nancy : ②When are you going to do the shopping?

Susan : Maybe tonight. ③I’m going to do it online.

近い未来の予定を表すbe going toの練習問題の解説

近い未来の予定を表すbe going toの練習問題の解説です。

Q1. 以下はKarenさんのスケジュールです。この内容に合うように[ ]内の語句を並べ替えて文章(記述文と会話文)を完成させてください。

曜日予定
土曜日15:00Lauraと待ち合わせた後
ショッピングモールで買い物
日曜日14:00髪をカットしに行く
月曜日18:30仕事を終えた後
旅行の準備を始める
火曜日7:15飛行機でフランスへ出発

1. Karen [ is going to meet Laura on ] Saturday afternoon.
They [ are going to go shopping in ] the mall together.
カレンは土曜日の午後ローラに会う予定です。
彼女たちは一緒にショッピングモールで買い物をするつもりです。

「~へ行く」は go to~、「~へ…しに行く」は go …ing in~ です。

2. “Karen, are you free this Sunday?”
“Yes, but I have a hair appointment at 2:00 p.m. [ I’m going to get a haircut ]. That’s all.”
「カレン、この日曜日は空いてる?」
「うん。でも2時に美容院に予約入れてる。カットするつもりよ。それだけ。」

美容院の予約をシンプルに a hair appointment と言います。get a haircut は「カットする(してもらう)」の最も一般的な言い方です。

3. Karen [ is going to start packing after ] work on Monday.
カレンは月曜日、仕事が終わった後旅行の準備を始める予定です。

packは「荷造りする」という意味の動詞です。start packing の代わりに start to pack も使えます。反対に荷物を取り出すことを unpack と言います。

4. “Where [ are you going to spend ] your vacation, Karen?”
“In France. My flight leaves at 7:15 a.m., so Tuesday [ morning is going to be tough ].”
「カレン、休暇中はどこで過ごすの?」
「フランスよ。飛行機は7時15分に出発するから 火曜日の朝は大変なことになりそう。」

Q2. ( )をうめて絵に合う会話文を完成させてください。

be going toの挿絵

1. “Brrr, how cold!”
“It sure is. I’m afraid ( it’s ) going ( to ) snow tonight.”
「あ~寒い!」
「確かに寒いね。今夜雪が降るんじゃないかなぁ。」

ネイティブは寒い時に Brrr と言います。日本語の「ブルブル」に似ています。Brrr の発音は、燃えるという意味の burn から n を取った感じです。

2. “When ( are ) you going ( to ) clean up your room?”
“Tomorrow.”
「いつ部屋を片付けるつもりなの?」
「明日。」

3. “He’s a cold fish. I’m ( notまたはnever ) going ( to ) see him again.”
“Why?”
「彼ってサイテー。もう二度と会わないわ。」
「どうして?」

4. “Reichel is angry with me. What ( am ) I going ( to ) ( do )?”
“Bring her flowers and apologize.”
「レイチェルは僕のこと怒ってるんだ。どうしよう?」
「花束を持って行って謝るといいわよ。」

「What am I going to do?」は「私は何をするつもりですか。」と直訳すると意味不明ですが、「I’m going to do… what? → 自分がしようとしていることは. . .何?」という風に考えると、”何をすれば良いかわからず「どうしよう?」と戸惑う”気持ちがわかります。

相手の答えが “bring her flowers” や “apologize” という「動作」であることから、最後の( )には do が入ると推測できます。

5. “Come on, Hana! Hurry up! We ( are ) going ( to ) miss our train!”
“Just a moment. I’m coming!”
「グズグズしないで花ちゃん、急ぐのよ!電車に乗り遅れちゃうわ!」
「ちょっと待って。今行くわ!」

「ちょっと(の間)」は a moment, second, minuteの3つがよく使われます。それぞれ、一瞬、一秒、一分ですが、長さによって使い分けるわけではないので覚えておきましょう。

Q3. 次の会話文を読んで太文字部分を日本語に訳してください。

Susan : Are you going to go to Valerie’s wedding?

Nancy : Yes, but ①what am I going to wear? I haven’t decided yet. Have you?

Susan : No. Actually, I’m thinking about buying a dress.

Nancy : ②When are you going to do the shopping?

Susan : Maybe tonight. ③I’m going to do it online.

< 全文訳 >
スーザン:バレリーの結婚式に行くの?
ナンシー:うん。でも①何を着て行こうかしら?まだ決めてないのよ。あなたは決めた?
スーザン:ううん。実のところドレスを一枚買おうかと思っているのよ。
ナンシー:②それ、いつ買いに行くの? 
スーザン:もしかしたら今夜。③ネットで買い物するつもりよ。

*ここに載せたのは一例です。

まとめ

近い未来の予定を表す現在進行形とbe going toは覚えてしまえば簡単なので、これを機会にマスターしてしまいましょう。